自分のメールアドレスからメールが来る

プロバイダに設定している「迷惑メールフォルダ」を見ていると、「送信者」が自分のメールアドレスになっているメールを発見しました。

中身を見てみると、「動画・アニメ見放題」という、ありきたりな宣伝メール。
「送信者」のところには、しっかりと自分のアドレスが入ってます。つまり、自分が送ったことになっている。

なぜ? 自分で自分にこんなメール送るわけないのに、何か不気味な。。

確か以前にも、こういうの来たような・・と思って、googleで

「自分のメールアドレスからメールが来る」

と入力して調べてみると、同じことを経験している人がかなりいるようです。来るのは必ず宣伝メール。

色々読んでみて分かったのは、

・「送信者」のメールアドレスは簡単に書き換えが出来る。つまりは送信者の偽装というのは簡単に出来る。

(方法は公開されてませんでしたが、メルアドというのは、受信するために大事なのであって、送信者に関しては、そこまで重視されていないとのこと)。

・自分のメルアドから来たということで興味を引いてメールを開けさせるのが目的。

・自分のメルアドを使われて宣伝メールを送られたりすることは、防ぐのはほぼ不可能。

・受信者からの苦情は自分宛てに来ることになる。

・本当にメールを送った相手を特定することは極めて困難。

ということが分かりました。

それより心配なのは、自分のメルアドで他の人のところへ送信されていないか、ということです。

最初はウイルスに感染して自分のパソコンが勝手にメールを送ったのかと思いましたが、その場合は
「送信フォルダに送信したメールが残っているはずですから、そこを見て下さい。送った覚えのないメールがたくさんあるようであればウイルスの可能性があります。」

と書かれてあったので、自分の送信フォルダを見てみましたが、そういうことはありませんでしたので、その点はほっとしました。ウイルススキャンも一応しました。

こういった、自分のメルアドを使われた宣伝メールが来た場合の対処法としては、「何もアクションを起こさない」ということだけらしいです。

送信者に苦情を送ってやろうと、メールに書かれてあるURLをクリックしたりすると、「そのメルアドが実在して活動しているメルアドである」と相手に教えるようなもので、ますます利用されます、ということらしいです。

では、このまま黙ってるしかないのかというと、そうみたいです。対処法なしのようで、収まるのを待つしかないようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ