腰痛を回復させるには、温めるべきか冷やすべきか

これは、ネット上でも意見が分かれており、お医者さんの間でも意見が分かれるところらしいです。どちらでも良いというお医者さんもいます。

自分の買った、整形外科の先生が書いた腰痛の本によれば、自分が楽になるのであればどちらでも良い、となっています。

冷やすということは、色んなものを抑えるということです。血の流れを遅くし、打撲などでは腫れが大きくなっていくのを抑え、また、神経の感覚も多少鈍くなりますから、痛みを緩和できます。

それに対して温めるということはその逆の効果になり、血の流れも速くなり、細胞の活動も活発になります。回復力を向上させます。

いくつかの意見によると、腰を痛めた当日か2日目くらいまで、あるいは相当の激痛がある場合は冷やした方が良く、何日か経って多少なりとも動けるようになったが、いつまでも痛みのレベルが変わらない、という場合はカイロなどを腰に当てて温めた方が良いということらしいです。

上記の自分の買った本によれば、温めても冷やしても治療の決定打となるものではなく、従って湿布やカイロを充てる必要はありません、と書かれていました。
このあたりも意見が分かれるところです。

こちらは、腰がつらくならない、抱っこする座椅子

美姿勢座椅子

です。

座り方が普通の座椅子とは逆で、背もたれを抱っこするように抱えて座ります。背筋が伸び、体の前面で体重を支えるような設計で、座っているのがとても楽な座椅子です。

背もたれのリクライニングは14段階、しかも背中クッションは90度に曲がります。あなたにピッタリの快適ポジションが作れます。

腰が辛くならない抱っこする座椅子

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ