「糖の分解を抑える」ことが「糖の吸収を抑えることになる」という意味は。

食べたものの吸収を抑える系統のサプリの説明で、よく

「この成分は胃や腸の中で、糖が分解されるのを防ぐ働きがあります」

という表現を見かけます。糖の分解が抑えられれば、体に吸収される糖が減るので減量が促進されますという意味です。

「糖が分解されるのを防ぐ」と言っても、それが何を意味するのか、ちょっと分かりにくいですね。

「糖(糖質)」というのは、一般的に炭水化物や甘いもののことを指します。具体的にはご飯や麺類、パン、いも、カステラ、砂糖など(まだまだたくさんありますが)のことを言います。

ご飯と砂糖が、同じ「糖」という分類に入るのもちょっと不思議な気がしますが、これらはみんな、体の中で分解されて最終的に、糖の最小単位であるブドウ糖にまで分解されるので、同じ「糖」の仲間なのです。

そして糖は、その結合の仕方によって、三つの種類に分類されています。

「多糖類」、「二糖類」、「単糖類」です。

多糖類は、多数の糖の分子が結合したもので、ほとんどの炭水化物はこれに属します。

二糖類は、糖の分子が二つくっついているもので、砂糖、乳糖、麦芽糖などのことです。

単糖類は、糖の最小単位で、一個一個がバラバラの糖の分子です。ブドウ糖や果糖がこれに当たります。

小腸で吸収されるものは、糖の最小単位である「単糖類(ブドウ糖)」だけです。

多糖類と二糖類は、「単糖類」にまで分解されなければ吸収されません。

ですから、多糖類と二糖類が分解されないようにしてしまえば、腸には吸収されない、ということです。
ただし、最初から「単糖類」であるブドウ糖には、分解を抑えるという効果は意味をなしません。

ですが、普段我々が食べているもののほとんどは多糖類ですから、その分解が抑えられるだけでも、かなりの吸収を防ぐことが出来ます。

糖質の吸収量が減るということは、吸収されるカロリーも減るということになります。それはすなわち、ダイエット効果もあるということになります。

こういった作用をもっている食物が「栗の渋皮」と「サラシア」です。栗の渋皮とは栗をむいた時に、栗の外側についている、あの茶色い皮のことです。

「サラシア」は、インドや東南アジア、ブラジルなどの熱帯地域に自生している植物です。
古来より、根や茎などが、糖尿病やぜんそく、リュウマチ、女性の月経不順、湿疹などの治療に使われてきました。

栗の渋皮は、多糖類を二糖類に分解する酵素の働きを抑えます。
サラシアは、二糖類を単糖類に分解する酵素の働きを抑えます。

これらは、カロリーカットあるいはカロリーダウンと呼ばれる、食べたものの吸収を抑える系統のサプリメントの原料としてよく使われている食材です。

楽天サラシア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ