札幌でホテルが取れない。予約していた民泊サイトからもキャンセルくらった件

▼2か月前の時点で札幌で泊まれるホテルが全くない

7月27日(金)から30日(月)まで札幌に行く用事があり、ホテルを探しました。泊まるのは27・28・29日の、金土日で、30日の月曜日にチェックアウトです。

楽天トラベルでホテルを探したのが5月の下旬。宿泊の2か月前です。ですがこの時点で札幌市内のホテルでヒットしたのは6軒か7軒しかありません。しかも一番安いところでも3泊で7万円台、その他は10万とか27万、30万などです。

航空券つきのセットではなく、宿泊だけでこの金額。。自分のような低額所得者では手が出ません。普通に一泊6000円とか8000円のホテルってないの?と、範囲をかなり広げて探しましたが、全く見当たりません。

他の旅行サイトでも探してみましたが、出てくるのはやはりこれと同程度の金額のものばかり。しかも件数もほとんどありません。2か月前に探して、ホテルがほとんどない状況だとはびっくりでした。

とにかく、どうしても行く必要があったため、泊まるところは絶対確保しなくてはなりません。

▼頼ったのは民泊

どうしようかと考えに考えて思いついたのは、民泊です。

早速民泊の最大手の airbnb(エアビーアンドビー = 以下エアビー)に登録しました。エアビーは、登録自体かなり厳しいです。

プロフィール写真を送ったり、入力の途中で携帯に顔認証システムのアプリをダウンロードしてその場で顔を撮影して送信し、さっき送ったプロフィール写真と、今送った顔写真を照合したり、自己紹介文を登録したりなど、かなりの手順が必要でした。
泊める方も頼む方も、お互い信用第一ですから、これは分かります。

それで登録した後、民泊を探してみると、こちらはまだ札幌市内にいくつか残っており、何とか3泊で7002円の部屋を予約することが出来ました。ホテルとはえらい金額の差です。

ホスト(家主)の人ともエアビーのサイトを通じてメッセージのやり取りも終わり、これで何とか泊まる所は確保できたと思いました。

ただし、この時は時期が悪いといえば悪い時期でした。6月15日から、日本では新たに「民泊新法」という法律が施行されます。自分が予約したのは民泊新法が施行される前の時期でした。

民泊新法が施行される6月15日以降は、民泊として登録申請して、許可が下りた施設にしか宿泊できなくなります。それまでは、わりと簡単に民泊を営業できていたものが、審査基準がかなり厳しくなって、すごい数の施設が営業不可能になるとか。

6月15日以降に、許可が下りていない施設は、例え何か月も前に予約をしていたとしても、宿泊予約10日前に自動的にキャンセルになります。

この自動キャンセルのことは、エアビーからもメールが来ていました。自分が予約した所は、予約した時点では許可が下りていない部屋でした。

それでかなりの不安もありましたが、何回かのホスト(家主)とのメッセージのやり取りで

「申請許可のメドが立ちました。後は消防法に関することだけですので、あなたが来られる頃には営業許可も下りているでしょうからご安心下さい。」

という返事をもらっていたので、こちらも安心していました。泊まる予定は2か月くらい先ですから、それまでにはこのホスト(家主)の人がきちんとしてくれているだろうと思っていました。

▼民泊サイトから一方的にキャンセルをくらう

北海道へ出発するまで、あと10日と迫った日、部屋でパソコンをいじってましたら、パソコンから、聞いたことのない着信音が鳴りました。

10日前の自動キャンセルのことは常に頭の中にありましたし、いまいち不安だったので、この着信音でピンと来ました。

まさかと思って、エアビーのサイトを開き、自分個人のページを見てみると、やはりエアビーからのメールでした。

「あなたの予約はキャンセルされました。料金は全額返金されました。」

と書いてあります。ご丁寧に、これとは別にパソコンのメールアドレスと携帯のメールアドレスにも同じメールが来ていました。

ガーン!って感じです。

大体、2か月前にホテルを探して全くなかったから民泊を探して何とか予約できたのに、その民泊から、10日前になって一方的にキャンセルくらったわけです。

「許可は下りそうだから安心して下さいって言ってたじゃん!何やってんだ!」

まさにこんな心境でした。このホストには特に抗議のメールは出しませんでした。もう関わりたくなかったので。

とにかく、北海道には絶対行かなければならない用事だったので、また1から泊まれる所を探さなくてはなりません。

▼ホテル・民泊以外で泊まれる所とは

とりあえず最初に見てみたのは、ダメだろうと思いつつ、楽天トラベルで探してみました。予定10日前で金土日の3泊で・・ヒットしたのは181万円の部屋が一軒だけでした。18万円の間違いではないかと、じっくり見ましたが、3泊で「百・81万円」でした。

やっぱりダメ。他の旅行サイトでも片っ端から検索してみましたが、十万以上の部屋ばかりで手が出ません。
範囲を拡大してみましたが、札幌までかなり遠いところが何とかあったものの、ここでは遠すぎて無理です。

ならばもう一回、民泊を探してみようかとエアビーで検索してみましたが、結果はゼロ。一軒も残っていませんでした。

次に考えたのがウィークリーマンションです。札幌市内のウィークリーマンションを検索してみましたが、これは結構な数、ヒットしました。

「これはいけるかも!」

と期待して、ネットに出ていた番号に電話をしてみました。件数は結構出ていても、実際に自分が借りたい日に空いているかどうかはまた聞いてみないと分かりません。

札幌市内で、「一泊あたり1800円~」と提示されていた物件について電話して聞いてみましたが、それは一か月以上借りた場合でその額になるということで、一週間だと一泊あたり4000円になります、とのことでした。

また、ウィークリーマンションですから、名前の通り最低一週間は借りるというのが条件で、3泊4日だけ借りるというわけにはいきません。

その他、清掃代、最初の契約料、電気代7日分が別料金など、他にも色々料金が加算されます。

「それで一週間借りたら全部でいくらくらいになるんですか?」

と聞いてみましたら

「6万9000円です。」

と言われました。一か月滞在金額が一泊あたり1800円とか2000円の物件を一週間借りたら大体7万円くらいするんですね。

それにウィークリーマンションですから、あくまでもマンションの賃貸というとで、ホテルにはあるものがマンションにはありません。

家電品は揃っていても、歯ブラシとかトイレットペーパーがなかったり、ベッドはあってもふとんや枕がなかったりします。こういった消耗品は、自分で揃えることになります。

とりあえずここは保留にしておいて、「お願いするようでしたら、また今日中に電話します。」ということでいったん電話を切りました。

次に探したのは最終手段のネットカフェです。
札幌3拍ネットカフェはできれば避けたいところでしたが、どうしてもなかったらそこしかありません。検索してみてヒットしたネットカフェのサイトを順番に見ていくと、シャワー付きであるとか、コインロッカーがある所などもありました。しかも予約も受け付けてくれると書いてありましたので、ここなら何とかなりそうです。
二つほど候補を見つけました。

ですが、やっぱり普通の布団で寝られるところがいいです。ネットカフェはとりあえず置いておいて、他に探せる手段は何かないかと再び考えました。

▼奇跡的に何とかなりました

最後に思いついたのは、旅行会社に直接出向くか、電話してみる、という方法です。ネットの旅行サイトで探すのとは違うのではないかと、かすかな希望を持って、旅行会社の大手JTBに電話をしてみました。

電話はすぐに通じ、オペレーターの人にこちらの希望日と宿泊日数を伝えると、電話の向こうでキーボードを叩いて検索してくれている音が聞こえてきます。

「ご希望の日で2軒該当する施設がございます。両方とも、3泊で4万3000円となっております。」

なんと2軒とも札幌市内。あれだけ旅行サイトを探し回って高いホテルか、全くなかったものが、何とかJTBでは見つかりました。

4万3000円といえば安い金額ではありませんが、これまでのことや他と比較すると、それでも破格の安さでした。すぐにそこに決めました。

先ほどのウィークリーマンションは、丁重に断りの電話を入れておきました。

まさに逆転の一発という感じでした。一気に気持ちが楽になりました。JTBには大感謝です。後日、宿泊施設に関する書類が送られて来て、その中にJTBの対応に関するアンケートも入ってましたので、全部最高の評価をつけて送り返しました。

ですから今後こういうことがあった場合、自分なりの手順としては、目的地の近くにホテルが全くなかった時には

まず隣の県とか、隣の隣の県など、当日電車や新幹線で出発しても間に合いそうな離れた所を探してみます。

それでもない場合は民泊。

ウィークリーマンション。

旅行会社に出向くか、あるいは電話してみます。

ネットカフェ。

という感じで探してみます。

しかし、ネットであれだけ探して駄目だったものが、電話してみたら何とか見つかったというのはどうしてなのか、をちょっと考えてみました。

推測ですが、キャンセルが出て戻ってきた物件の情報が早いからでしょうか。ネットにアップする前の物件まで検索できるからかな、とも思います。
それからもう一つ考えられるのは、ネットの分とは別に、実際に店舗に足を運んで来た人のために何軒かは別に持っているとか?これも可能性がありますね。

とにかくどうにかこうにか何とかなりました。この予約で3時間以上は費やしました。

それで、とってもらったホテルがこれです。

ホテル ドーミーイン札幌 ANNEX(アネックス)に泊まりました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ