切れかかったパワーベルトで分かったウエストサイズの変化

これは自分がデッドリフトで使っているパワーベルトですが、 穴の部分から横に裂けてきて切れそうになってきました。


特定の部分だけ穴の間隔が短くなっていますが、これは電動ドリルで自分であけた穴です。

いつからこのベルトを使っているのか全然覚えていませんでしたが、そういえばこの穴を開けた時、自分は電動ドリルを持っていなかったので当時の会社の上司で日曜大工が好きな人がいて、その人に電動ドリルを借りて穴を開けたのを思い出しました。

その会社での在籍期間は覚えていますから、その記憶を辿ると多分このベルトを買ったのは今から25年ぐらい前です。

長く使っていたのでしなしなで柔らかくなっており、非常に使いやすくなっていましたがもう切れそうなので残念ですが違うものに変えることにしました。

改めて広げてみると使っていた穴の跡に随分と幅があります。はっきり言って太ったということなんですが。。

一番外側から二番目の穴まで使った形跡が残っています。一番よく使っていたのは裂けそうになっている部分で、 ものさしを並べてみると裂けそうになっている部分から、外側から2番目の穴までだいたい25cmぐらいあります。

ウエストが25cm太くなったわけではないんですが(^_^;)、確かに太ったのもありますが、これは夏と冬との服の厚みの差だと思います。

今のジムも、その前に言っていたジムも冷暖房のないところでしたから、冬になるとかなりの厚着をして行っていました。

下に3枚か4枚着てその上にジャージを着てその上からベルトを締めていました。ですから夏と冬とでは体型は同じでもこのベルトで使っていた穴は随分と違ってきます。

よく使った跡が残っているのは外側から4番目の穴までです。それ以上外側の穴は多分服の厚みだと思うんですが、たとえそうだとしても19 cmはウエストが太くなっています。

25年間の体型の変遷がこれで分かるようです。20kgくらいは体重が違っています。

このベルトを買ったのは大昔ですが、パワーベルトで探してみると、なんとまったく同じものがありました。今でも売っているんですね。

GOLD’S GYM G3323 アンティークレザーベルト(パッド付)



自分が使っているものはベルトを止める部分が黒いゴムになっていますが、これは元々付いていたものが切れたので、自分でゴムを買ってきて接着剤でくっつけて自分でつけたものです。

今にも切れそうなので、もう使うことはないと思いますが、かといって捨てるのも忍びなく多分このままとっておきます。

代わりのベルトはやはり大昔に買ったまま、家で眠っていたこっちのベルト復活させて、今これを持って行っています。あまり使っていないのでやっぱりかなり硬いですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ