台所でのちょっとした技3

▼目玉焼きを上手に作る。

目玉焼きといえば、フライパンに割った卵を入れて焼くだけの、最も簡単な料理です。
ですが、これが案外失敗の多い料理でもあります。白身は焦げているのに、黄身にはほとんど火が通っていない、という経験をしたことはありませんか。

白身を焦げつかせず、黄身も程よい固さになるまで焼くのが理想ですが、そういった目玉焼きを作るには、まずフライパンにやや多めに油を入れ、フライパンを熱します。
その後、卵を割って入れます。そして弱火にして白身が固まったくらいのところで、周囲にお湯を少々注ぎます。これでフライパンと卵との距離が離れるので、焦げつきにくくなります。
その後フタをして蒸すように焼けば黄身もほどよく固まってきます。

▼米を炊くのは2時間くらい水に浸しておいてから。

米は水に浸す時間によって味が左右されると言われています。といだすぐ後にすぐに炊飯器のスイッチを入れるというのはあまり良くありません。
米はといだ後、大体2時間くらいは水につけておくほうがいいのです。こうすることによって米の芯まで水分が行き渡ります。
ただし2時間を目安にするのは冬の寒い間です。夏ならばだいたい1時間を目安にします。暑い間は腐敗する可能性があるからです。

▼マヨネーズの保管。

夏の暑い時期は冷蔵庫に入れるとしても、それ以外の季節では、マヨネーズを保管するには冷蔵庫よりも冷暗所の方が良いと言われています。マヨネーズの主成分である酢や油、卵黄などの物質は熱によって分離しやすく、しかも高温にも低温にも弱いという性質を持っています。
ですからできれば、冷蔵庫にしまわない方が風味が保てるというわけです。同じくドレッシングも、あまり低温の場所で保存すると油が分離して味が落ちてしまいます。

▼流しの悪臭は塩水で消す。

台所の流しは、様々な汁や油などを流すために、ちょっと手入れを怠るとすぐに独特の臭いを放つようになってしまいます。
もちろん大元の下水管が詰まって悪臭がしていることもありますが、臭いの多くは流しのパイプに水垢(みずあか)やゴミが溜まって腐ってしまった場合であることが多いのです。
こうした悪臭の対策としては、漂白剤を流すことです。特に酸素系の漂白剤がいいでしょう。もし漂白剤がない時には塩水でも代用できます。コップ1杯の水に塩をたっぷりと溶かして流せばいいのです。

▼冷凍庫と冷蔵庫の中身はどれくらいが適量か。

冷凍食品や氷をいつも入れておく冷凍庫。こちらはなるべく中身が多く入っている方が理想的です。冷凍されているものが多ければ多いほど、それらが互いに冷やしあって冷凍能力が増すからです。
また突然の停電があった時でも冷凍されたものが多いほどなかなか溶けにくく、ある程度時間持ちこたえることができます。

そして我々が最もよく使う冷蔵庫の方ですが、こちらは満タン状態はあまり良くありません。そして真ん中から上の方には大きなものは置かないようにしましょう。冷気の循環が邪魔されて、全体にうまく冷気が行き渡らなくなるためです。

台所でのちょっとした技2

▼タマネギを切る時、涙が出ないようにするには。

タマネギを切る時に涙が出て来るのは、切り口からアリルプロピオンという揮発性の成分が発散し、目の粘膜を刺激するからです。

これを防ぐするためには、まずよく切れる包丁を使うことです。切れ味の悪い包丁だとタマネギの繊維を潰してしまい、より多くの揮発性の成分が発散してしまいます。
また、水に濡らして切るという方法も多くの人が行っています。

冷凍庫でいったん急速に冷やしてから切るという方法もあります。このやり方でも涙が出るのをかなり抑えることが出来ます。
ですがそれでも涙が出るという人は、水泳の時に使うゴーグルをはめて切るのもいいでしょう。

またタマネギを切ると、包丁に臭いがついてしまうことがあります。水で洗っただけでは、この臭いはなかなか臭いは取れません。そんな時はタマネギを切った後でニンジンを切ってみましょう。不思議と包丁の臭いが消えているはずです。

▼カリフラワーをゆでるときには小麦粉を入れる。

カリフラワーをゆでるときには、普通2リットルくらいの水に、小さじ1杯くらいの塩を入れると色鮮やかにゆで上がります。
味をもっと良くしたいなら、さらに小さじ1杯くらいの小麦粉を入れると良いでしょう。
これはゆでられたカリフラワーが浮き上がった時に、小麦粉で表面が覆われて平均的にゆで上がるからだそうです。

そしてゆで上がったら早めに水で洗って冷やします。その方がカリッとした舌触りになります。ゆであがったままの状態にしておくと、まだカリフラワーの内部に熱がこもっているので、その熱でゆで過ぎと同じ状態になってしまうからです。

▼魚の鱗(うろこ)を取る。

スーパーに行けば、魚は切り身の状態で売ってありますし、焼くだけという状態のものもたくさんありますので、自分の家でうろこを取る機会は少なくなっているでしょう。

うろこを取るといえば、包丁の背中でこすってバリバリと取るというイメージがありますが、それ以上に簡単に取るにはスプーンを使います。
スプーンでうろこを逆目からこさぐように取っていくと、きれいにしかも手を切ることなく取ることが出来ます。

▼食パンを切る時には包丁を温める。

スライスしていない塊(かたまり)の食パンは、長持ちがするので好んで買う人も多いパンです。
ですが問題は切る時です。切れ味の悪い包丁だと切り口がぐちゃぐちゃになって、いくら家で食べるものとはいえ、家族にも出しにくいほど不格好になってしまいます。

切り方や切れ味のこともありますが、ちょっとでも切れ味を増したいのであれば、食パンを切る前に包丁を火であぶっておくことです。
まだ包丁に熱が残っているうちに食パンを切ります。冷たい状態で切るよりも切れ味が増していることでしょう。

▼卵の鮮度を見分ける。

スーパーで売っている卵は日付の表示がしてありますが、全部出してしまった場合や、冷蔵庫に違う日に買った卵と一緒に入れてしまった場合、どれをいつ買ったんだっけということはままあります。

昔から言われているものに、表面がザラザラしているものが新しいという説もありますが、今では卵の表面を洗って出荷したりするのが当たり前なので、これだけでは判断できなくなっています。

卵の古い新しいを見分けるには、光に透(す)かしてみることです。透き通って見えれば新しく、黒ずんでいれば古いものと考えると良いでしょう。

また、割って皿に入れた時、黄身の周りが盛り上がっていて弾力性があるものは新しい卵です。黄身がくずれたり、横に広がったりするものは古いものです。
有精卵なら大体二週間くらいは鮮度を保てます。また、冷蔵庫に保存するよりも常温の方が卵が呼吸できて良いとも言われています。

台所でのちょっとした技1

▼美味しくない米はサラダ油を入れて炊く。

ご飯を炊いたのはいいけれど、どうも美味しくない、まずい、ツヤがなくパサついていると感じた時には、次回炊く時にサラダ油を入れてみると、味が改善されます。

量は、米は2カップに対してサラダ油は小さじ1杯くらいです。これくらいの油なら別にご飯が油っぽくなったりはしません。
これでもまだ美味しく炊けないようだったら更に、酒とみりんを少し加えてみます。両方とも小さじ1杯くらいが適量ですが、好みに合わせて量は調節すると良いでしょう。

▼冷えていないビールを急速に冷やすには。

夫が突然会社の同僚を家に招待してきました。
お客さんにビールでも出したいところですが、あいにく冷蔵庫には冷えたビールが1本しかありません。
などということになったらちょっと困ってしまいますね。ビールの中に氷を入れて出すというわけにもいきません。

こんな時は、冷凍庫の中から氷を取り出し、まずはボウルに開けて氷水を作ります。その氷水にタオルを浸し、冷たい濡れタオルを作った後それをビール瓶に巻き付け、扇風機の風を当てると急速に冷やすことができます。

▼スイカの選び方。

夏になるとスーパーにたくさんのスイカが並びます。買ってみたけど食べてみるとあんまり美味しくなかったなどということもよくあるでしょう。
美味しいスイカは叩いてみていい音がするものだという説もありますが、それは専門家の人が叩いて分かるくらいで一般人がいくら叩いてみても味など分かるはずがありません。

おいしいスイカを選ぶ基準としては
色つやが良い。
形が球の形によく整っている。
花しんを摘み取った跡が小さい。
つるが細い。

と言われています。

▼干したコンブを戻すには酢を入れる。

干したコンブを水につけて戻すには、水の中に2割くらい酢を入れておくといい感じで戻ります。酢を入れた方が水だけで戻すより早い上に、細かい汚れも落ちやすくなります。

ただし、水が黄色くなるほど長時間つけておかないようにしましょう。コンブのうまみが水の中に溶け出してしまいます。もっとも、長時間つけすぎて水が黄色くなってしまったら、この水もだし汁として使うという手段もあります。
また、乾燥ワカメを戻すのも短時間が理想です。水につけておく時間はだいたい5分くらいを目安にします。あまり水につけすぎるとコシがなくなってしまいます。

▼ゆで卵を作るときには水に塩を入れる。

ゆで卵を作っているときに殻にヒビが入ってきたり、そこから白身が流れ出したりすることってありますね。
こういったことをなるべく防ぐには、まず冷蔵庫から出してすぐにゆでないようにします。冷たいままゆで始めると、それだけでも殻にヒビが入りやすくなるからです。できれば冷蔵庫から出して30分ぐらい待ちましょう。

また、ゆでる時にはお湯の中に塩をひとつまみぐらい入れておきます。卵の殻が割れて白身が外にあふれても 塩にはタンパク質を固める作用があるので、あふれることも最小限に抑えられます。
特に何個も卵を入れてゆでているとお湯が沸騰する勢いで卵同士がぶつかって割れることもありますが、あらかじめ塩を水の中に入れておくとあまり壊れずにゆでることができます。

架空売り上げで業績を上げてきた結果

ある営業会社に勤務するAさんは、毎月かなり業績が良い。一見厳しすぎるとさえ思われる販売目標を、毎月達成している。
月初めになるといつも支店長が「先月も目標を達成したのはAさんだけ!他の者もAさんを見習ってもっと奮起するように!」と、朝礼で言うのが恒例行事のようなものだった。

当然Aさんも、業績というバックを背負って社内での態度もそれ相応、部下に対するものの言い方も結構高圧的だったが、数字が全てのこの会社において誰もそれに対してどうこう言うことは出来なかった。

そんなある日、お客のところをまわってAさんが集金してきたはずの現金が、会社に帰ってみると13万円足りないという事態が発生した。3枚綴りの伝票で、現金と引き替えにお客に渡すべき領収書の部分はちぎられていたので、お客からいったん現金を受け取ったことは間違いない。

Aさんに聞いてみると、どこかで落としました、と言う。Aさんがこれまでに、集金の金が何万も足りない、ということはたびたびあったし、そのたびに「どこかに置き忘れてきました」とか「落としました」と言い訳をしてきた。

今までにもあまりにもこういうことが多かったので、今回に限って支店長が問いつめてみると、「実は・・サラ金の金利が払えなくなったので、集金の金をそっちにまわしました。」と自白した。

Aさんはあちこちのサラ金に全部で200万以上の借金があるらしい。
なぜそんなに借金を作ったのかを更に問いただしてみると・・・要するに自分の販売目標を達成するために、毎月サラ金から何万円かを借りては、あたかも商品を販売したかのように伝票を書いて、その金を会社に入れていたらしい。要するに架空売り上げというヤツだ。まともにやっては到底目標を達成することは出来ないので、足りない売り上げを自分で払っていたのである。

借りていた金額は、毎月平均9万から10万円。これを約二年間に渡ってやっていたらしい。総額で二百数十万、金利だけで毎月13万にものぼる。二百数十万で金利が13万とは随分と高い気がするが、これはひょっとして「ヤミ金」というヤツか?

あちこちで借りまくっていたのだが、ほとんど返してなかったせいか(どこの会社でいくら借りていくら返しているとか、そういうデータは各金融会社間で分かるらしい)、ついにどこも借りれるところがなくなって会社の金で今月の金利を返済、という行動に出た、というところか。

「毎月、一人だけ目標達成」の秘密もバレて、これまでの評価も地に落ちた。社内でも誰も話しかけないし、Aさん自身も喋ることはない。このサラ金のことは奥さんにも内緒でやっていたというから、家の金でまともに返済することも出来ない。

Aさんは二ヶ月前に親子二世代ローンで家を建てたばかり。更にその時期に合わせて二人目の子供も生まれ、これから金がかかることばかりである。果たしてこれからどうなっていくのかは分からないが、会社の金を横領していたということで、おそらく解雇は免れまい。

業績・業績と追いつめられることはよくあることだし、販売職なら多少は自分で払うのは普通ではあるが、この場合は度が過ぎている。
彼にとっては、「先月も目標を達成したのはAさんだけ!」という言葉がそれほどまでに大事だったんだろうか。

脚がつるのはなぜ?脚がつる原因とは。自分の使っている対策サプリメント。

ふくらはぎの筋肉がつることを、一般的にこむらがえりと言いますね。
夜中に突然足がつって目が覚め、布団の中で痛みに耐えながらうんうんうなった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

一番多くつるのはふくらはぎですが、それ以外の部分では、足の裏の土ふまずの部分や足の指、膝から下の脚の両横などがつることもあります。

足がつるのはほとんどの場合寝ている時か運動中です。女性では妊娠中に脚がつる人も多いようです。

自分も寝ている時によく足がつります。正確に数をとったわけでありませんが、自分の感覚的には1週間1回程度。1ヶ月に4回から5回は足がつって苦しんでいます。

足がつる原因は様々言われていますが、代表的なものは歩き過ぎたりして過剰にふくらはぎの筋肉を使った場合です。
あるいはその逆に運動不足であっても足がつる原因の1つになってしまいます。

そして脚の冷えやミネラル不足も原因として挙げられています。

足がつった場合、有効な対策はストレッチです。足のつま先をあげて、ふくらはぎを伸ばすような体勢をとります。

起き上がることが出来れば、座って足先を両手で持ち、体の方へゆっくりと引いてしばらくその体制を維持した後、再びゆっくり戻します。これを何度か行います。膝はできるだけ伸ばしたままにします。

脚がつった時、その痛みが収まるまでは本当に長く感じます。何とかつったのが収まったと思ったらまたつり始めたりして何度もつったり収まったりを繰り返し、10分も15分も苦しい思いをすることがあります。

脚がつらないようにする方法はないものかと色々調べてみましたが、運動量に関しては日常生活である程度どうしようもない面もあり、自分で出来ることとしては、脚がつる原因の一つと言われている「ミネラル不足」を解消することでした。

体内のカルシウムやマグネシウムが不足すると脚がつりやすくなるそうなので、ミネラルのサプリメントを買って、飲んでみることにしました。

自分が買ったのはこの

DHC マルチミネラル60日分 180粒

です。

カルシウム、鉄、亜鉛、銅、マグネシウム、セレン、クロム、マンガン、ヨウ素、モリブデンの10種類の成分が入っているミネラルの錠剤です。

1日3粒で60日分。大体800円くらいです。

現在、これを飲み始めて1ヵ月が経ちました。その間に脚がつった回数は、さすがに0というわけにはいきませんでしたが、この1ヵ月では、足の裏の土踏まずの部分が3回ほど軽くつりましたが、何十秒かで収まりました。

以前のように、ふくらはぎがつって、うめき声を上げながら激痛が10分以上続いて・・というような大規模な「つり」は今のところ起こっていません。

以前は週に1回は激痛にもだえ苦しんでいましたので、それを思うと格段につる回数も規模も落ちました。自分にとっては効果は大きかったように思います。

700円くらいで2か月分ですから、これで痛みが来なくなればかなり安い買い物だったと思います。

DHC マルチミネラル60日分 180粒

DHC マルチミネラル(amazon)

サブコンテンツ

このページの先頭へ