散々からんできたお客が降りてから転倒して怪我。助けるべきか。

とある年の忘年会シーズンの金曜日、会社の無線を受けて飲み屋に迎えに行った。

出てきたのはまっすぐ歩けないような、相当酔った男だった。

何か因縁つけられるのではないかと、かなり嫌な予感がしたが、ドアを閉めて発進しようとしたらやっぱり始まった。
(さらに…)

家庭用真空パック器の、肉と魚の保存期間。冷蔵と冷凍ではかなり差が出ます。

料理の作り過ぎや作り置き、食材が余った時などは特に重宝する真空パック器。保存の仕方次第で、更に長期保存が可能です。

▼真空パック器の、肉と魚の保存期間

今や一般家庭にもすっかり普及した真空パック器。もっとも頻繁に使用するのは、肉類と魚を保存する時ではないでしょうか。

保存期間のだいたいの目安は

牛肉・豚肉・鶏肉

冷蔵庫なら、ラップなどの通常の状態で3日、真空パックなら5日です。
冷凍庫なら、ラップなどの通常の状態で4ヶ月、真空パックなら1年です。
(さらに…)

血糖値やヘモグロビンA1cの高い方へ「荒木式糖尿病克服プログラム」

自分は、血糖値が基準の範囲内ギリギリです。医者からは「糖尿病予備軍」と言われました。いずれ血糖値が基準値を超えるのは時間の問題のような気がします。

糖尿病で恐ろしいのは合併症ですね。ですが血糖値が高くても、それを低くコントロールすることによって、合併症を併発する確率は一気に低く抑えることができます。

「血糖値やヘモグロビンA1cを下げるには、食事療法」ということは自分でも知っていますが、では具体的にどういう食事をしたら良いのか、ということになると、自分には全く分かりません。
(さらに…)

ホテルに連れ込まれるんじゃないかと勘違いする女の子

飲屋街で、スーツを着た男2人と若い女子社員の、3人組を乗せた。助手席に男子社員が、後ろの座席に男子社員と女子社員が座った。

女子社員はかなり酔っている様子。もちろんこの男子社員2人が、一番最初にこの女の子を送っていくようだ。

行き先を言われたので発進し、何とか道案内してもらって女の子の家の前には着いた。
(さらに…)

ディフェンドフューチャー。大地震の際、72時間を生き抜く防災用品の36点セット


5年間保存がきく災害用非常食を始めとした、30点以上の防災グッズのセット。「非常持ち出し袋」ではなく防水加工のリュックに入ってます。防災用品リストを自分で考えるよりも、こちらの方が完璧です。

▼もしも今、巨大地震が起こったら、と考えたことはありますか?

近年では東日本大震災が記憶に新しいところですが、地震の直接の経験のない人でも、テレビを通じて

「電気・ガス・水道が全て止まった」
「道路が寸断されて救援物資が届けられない」
「付近の水没などによって、住民が脱出できず孤立している地域がある」

といった報道は聞いたことがあるはずです。
(さらに…)

室内着や外出着としても使える作務衣(さむえ)

作務衣(さむえ)とは、お寺の僧侶が日常の作務(さむ)を行う時に着る服です。日本の和服ともいえる形をしており、頭からかぶって着る服ではなく、袖を通した後、前をヒモで結んで固定します。

また、作務(さむ)とは、日々の雑事あるいは、寺にとって必要な作業のことで、掃除や食事の支度などの作業のことをいいます。

自分も、今から20年くらい昔になりますが、寺で5年ほど僧侶をしていたことがあります。
その時に毎日着ていたのがこういった作務衣でした。
(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ