1974年ごろ大ブームとなった「水を飲むダイエット」の方法

かつて大ヒットとなった「あなたは永久に肥満から解放される」という、赤い表紙の本を覚えている人もいると思います。

B5版で厚さ3.9cm、重さ1.5kgという巨大な本でした。金額も1万円近くしました。

アメリカで1974年(昭和49年)に出版されて大ブームとなった後、、日本語訳も出版され、日本でも爆発的に大ヒットしました。

医学博士である L.メルヴィン・エルチング博士とセイモア・アイゼンバーグ博士が共同で執筆した本で、原題は「YOU CAN BE FAT-FREE FOREVER」と言います。

数千人もの人が成功し、肥満の本場アメリカでは、20kgや30kgのダイエットはもちろん、70kgや80kgのダイエットに成功した人も数多くいました。

成功者たちは、その後も成功した後のプログラムを守ることにより、ほとんどの人はリバウンドもなく、スマートな体をキープしているといいます。

このダイエットの核となっているのが、「1日にコップ8杯の水を飲む」ということと、「食べても良いもののリストに書かれてあるものだけを食べる」ということです。

もちろん、全ての人が同様のペースでダイエット出来たわけではありませんが、博士たちが言うには

「体重の増加減少は、誰でも一ヶ月に何kgなどと規則的に変わっていくものではないのです。

体重は増えたい時に増え、減りたい時に減るのです。私たちの病院に肥満治療に来られた人の中には、80日で3.5kgしか減らなかった人もいれば、7週間で32kgも減った人、、18週間で45kg減った人もいます。人間の身体は一人一人違いがあり、決して全員が同一のスピードでダウンするわけではないのです。

しかしながらこの食事パターンをちきんと守れば、減量に失敗する人はいないでしょう。」とも言っています。

その方法は、実際に体重を落として行く「減量期」と、落とした体重を維持する「維持期」に分かれます。

▼減量期

毎日、下のような食事を続け、しかもそれを完璧に実行する、ということが条件です。

■必ず毎日食べるもの(量は1日分)

(1)240ccの水をコップ8杯。朝から、遅くとも19時までには飲み終えること。

(2)干したプラムを3個または干したアンズ3個または干しブドウ大さじ3杯。

(3)グレープフルーツ1/2個または8cm切りのメロンまたはオレンジ1個またはみかん2個またはイヨカン1個またはハッサク1個。

(4)大きな生のにんじん1個。

(5)セロリ2本またはキュウリ2本。

(6)リンゴ1個またはナシ1個。

※1から6は、毎日必ず食べます。
野菜は代わりのものでも構いませんが、食べてもよい野菜は、上記以外には、長ネギ、玉ねぎ、パセリ、レモン、しいたけ だけです。これ以外の野菜は食べてはいけません。

(1)の水と、(2)のブドウは、1日のうちで分割して食べます。

■必要な時に少量で何回でも食べてよいもの

(タンパク質食品)
・牛肉
・生ハム
・豚肉のローストまたは塩コショウで焼いたもの
・鶏肉
・ツナ缶と鮭の缶詰
・刺身
・海産物(エビ、はまぐり、カキ、カニ、)
・フランクフルトソーセージ(これは一週間に3本まで)

※肉は脂身の少ないところを選びます。

から揚げ、フライ、てんぷらはいけません。また、くん製の魚や肉はいけません(ベーコン、煮たハムなど)。

かまぼこ、冷凍食品もいけません。

調味料 全ての調味料がOKです。サラダ油、ゴマ油なども料理に使って結構です。

ただし塩は料理に使うだけで、食べ物に降りかけたりして食べてはいけません。

味噌や醤油も少量を心がけて下さい。

嗜好品飲料
コーヒー、紅茶、お茶は、8杯の水とは別に欲しいだけ飲んで結構です。
砂糖の入っていない炭酸飲料であれば、240ccを2本まで飲んでもよいです。

砂糖は使わず、人工甘味料を使うようにします。コップ1杯に対して大さじ2杯以上のミルクはいけません。
ココア、ミロ、ジュース、コーラ、缶コーヒーはいけません。

ここに書いてあるものだけが食べるものの全てであり、ここに記載されていないものは身体の中に入れてはいけません。
一番重要なことは水を飲むことです。


▼維持期

自分の目標体重まで落ちたら、それを維持するための食事に切り替えます。減量期には、一日当たりの量が書かれていましたが、維持期は、朝・昼・晩の食事の指示になります。
少なくとも一ヶ月は続けることが肝要です。
博士たちが示す食事例はこういった感じです。

■朝

(1)オレンジジュース120ccまたはグレープフルーツ半分

(2)ごはん1杯または完全小麦かライ麦のパン1/2個(小さじ半分のマーガリン)

(3)ゆで卵1個(目玉焼きの場合は油なしで焼く)

(4)コーヒーか紅茶(砂糖なし、ミルクを少々)

■昼

(1)トマトジュース120cc(生トマト240g分 = 中サイズ2個に相当)またはグレープフルーツジュース

(2)180g分の肉と魚の組み合わせまたは肉と貝類の組み合わせ

(3)緑色か黄色の生野菜60gまたはレタスとトマト

(4)コーヒーか紅茶(砂糖なし、ミルクを少々)

■夜

(1)トマトジュース120ccまたは同じカロリーのもの

(2)180g分の肉と魚の組み合わせまたは肉と貝類の組み合わせまたは卵2個

(3)すまし肉スープ1カップ(塩の入っていないもの)

(4)小皿1杯分のサラダ(ドレッシングは低カロリーで)

■デザート(この中のどれか1つだけ)

メロン1/4個・リンゴ1個・ナシ1個・ブドウ12粒・シチュー状になった果物の缶詰180cc分・イチゴ180cc分・アイスクリーム(小さなカップで)・シャーベット1杯・コーヒーか紅茶(砂糖なし、ミルク少々)

■全般

にんじんとセロリ以外のスナックを食べてはいけません。
白パンやロールはいけません。

水を飲むことをやめてはいけません。240ccのグラスで8杯水を飲むことは生涯の習慣としなければなりません。
塩分は極力少なくして下さい。その代わりに新しく引いたカラシを使うようにして下さい。


▼コントロールプラン

普段の食事に戻した時、また微妙に体重が増え始めることもあります。そういった時のための微調整ともいえるのがコントロールプランです。

自分で「まずいかな」と思った時、時々実行していきます。

■朝

(1)ジュースまたは果物1/2カップ

(2)卵1個(料理法は制限なし)

(3)ベーコン2枚

(4)トースト1枚または完全小麦かライ麦パン1/2個

■昼

(1)ジュース1/2カップまたは海産食品のカクテル

(2)肉か魚120g

(3)サラダ少量

(4)果物1/2カップ

■夜

(1)ジュース + 果物または海産食品1/2カップまたはすましスープ1カップ

(2)野菜・・以下のグループ1とグループ2の野菜を1/2カップずつ

(3)肉か魚を120gから180g

(4)果物1/2カップ

※上記の野菜「グループ1とグループ2」、ジュースの種類

■グループ1
アスパラガス・はつかだいこん・キュウリ・キャベツ・ほうれん草・かぼちゃ・カリフラワー・レタス・トマト・セロリ・きのこ・オランダ辛子・緑色辛子

■グループ2
ナス・エンドウ・いんげん・おくら・玉ねぎ・にんじん・かぼちゃ・かぶら
果物とジュース リンゴ・グレープフルーツ・オレンジ・イチゴ・アプリコット・レモン・オレンジジュース・みかん・バナナ・ライム・ナシ・パイナップル・桃・メロン・すいか・さくらんぼ・プラム

※水を飲むという習慣は続けて下さい。アルコールはカロリーです。忘れないようにして下さい。ゆっくりと食べ、よく噛みます。食事中に腹を立ててはいけません。
一週間に一度、元の節食プランを見直すということは精神的な手助けになります。

常に砂糖と塩分の摂取を制限します。一回一回は微量でも、トータルするとかなりの量になります。
出来る限りテフロンのフライパンを使って油を使わないように心がけます。

少量の食物とは、空腹を満足させるだけの量です。一度食べて、それで満足出来ない場合はもう少し食べて下さい。少量とは人によって違いがある量です。
また、「1日1回しか食べなければ、もっと早くやせられますか。」という実践者からの質問に対して博士はこう言っています。

「いいえ。実際にはタンパク質食品を、1日にまんべんなく振り分けて摂る方が減量はもっともよく起こるということを私たちは経験で見てきています。また、1日中お腹をすかしていたから夜に一気に食べてもよいだろうという自己弁護もよくありません。」

amazonダイエットクッキー・スナックの売れ筋ランキング

「カイテキオリゴ」オリゴ糖が便秘解消に効く理由は

便秘解消サプリメントといえば、食物繊維か乳酸菌が代表的な成分ですが、カイテキオリゴはその名の通り「オリゴ糖」です。

なぜ便秘にオリゴ糖?と思われるかも知れませんが、オリゴ糖は腸内の乳酸菌やビフィズス菌のエサになるものだからです。

便秘解消に極めて有効な乳酸菌やビフィズス菌は、元々人間の腸内に住みついているものです。オリゴ糖を食べてそれが腸内に達すると、乳酸菌やビフィズス菌が活性化し、数が増えてきます。

そして腸内の環境を正常に近づけ、その結果、出すべきものもするっと出るようになるという仕組みです。

これはビフィズス菌サプリを飲む場合とはちょっと違います。

ビフィズス菌は弱い生物ですから、ビフィズス菌サプリを口から体内に入れた場合、胃の中で胃酸によって死滅するものもあり、100%のビフィズス菌が生きて腸まで届くわけではないのです。

ですが、オリゴ糖の場合、元々腸にいるビフィズス菌を増殖させるわけですから、やはりこちらの方が圧倒的に効果は望めます。

数あるオリゴ糖食品の中でも、特にこの

カイテキオリゴ

は、オリゴ糖食品で日本一売れているという、まさに日本でNo.1のオリゴ糖。

国際品評会モンドセレクションにおいて4年連続最高金賞を受賞しています。

カイテキオリゴの最も優れた点は、腸内にいる30種類以上ものビフィズス菌のほとんどに適応しているという点です。

市販されているオリゴ糖の大半は、一種類のみのオリゴ糖で作られています。

ですが、腸内のビフィズス菌は30種類以上。それぞれのビフィズス菌にはオリゴ糖の好き嫌いがあります。

1種類のオリゴ糖では活性化できるビフィズス菌はわずかの種類だけです。

カイテキオリゴの場合、複数のオリゴ糖を組み合わせて、30種類のビフィズス菌のほぼ全てを活性化できる独自のEOS理論に基づいて作られています。

だからどっさり効果も他より一歩抜きん出ているのです。

粉末状だから、そのまま溶かして飲んだりコーヒーに入れたりと、簡単です。また、味はほんのり甘味がありますから、料理に入れても味を損(そこ)ないません。

また、純度がほぼ100%なので、赤ちゃんでも安心して使用できます。

飲みやすく使いやすく、そして効果も抜群。同じ買うなら、日本一のオリゴ糖を試してみませんか?

カイテキオリゴ

昔、自分のいたブラック企業

その当時は、これが普通かと思っていましたが、昔、自分も、今考えればブラック企業だったなと思う会社にいました。
5年ほどいましたが、結局耐えられずにやめてしまいました。

そこは、ルート営業の会社で、毎日車で、固定客の店に商品を届ける届ける仕事でした。

朝は7時に出勤で、帰れるのは午前1時です。3時に寝て6時に起きる生活でした。家にいられるのは5時間くらいで、睡眠時間は3時間くらい。

給料の手取りは14万円くらいでした。

ただ、車で商品を届けるといっても、それだけが仕事ではありません。配達の最中に付近の商店や会社に飛び込み営業をして、自分の会社の商品を継続的にとってもらう交渉をします。

この「新規で何件とれたか」というのが自分の実績になります。

「商品配るだけならバカでも出来る。新規の契約取ってくるのが仕事じゃ!」と、常に言われていました。

また、日常的に所長からよく言われていたのは、

「ある社員は一日、100軒の飛び込み営業して、その日の契約はゼロ。

だが別の社員は荷物の積み降ろししてたところへ、隣の店の主人が声かけてきてくれて、新規の契約が一件取れた。

この2人、どっちが仕事したかと言えば、もちろん荷物の積み降ろししてて、新規の契約取って来た方じゃ!

結果が全て。数字が全て。何軒飛び込みしたとか、そんなことはどうでもええことじゃ。」

とか、

所長「おう、○○さん、来月のこの数字、達成できるんか。」
自分「あ、はい、達成できるように頑張ります。」
「頑張らんでもええわ、出来るか出来んのか、聞いとんじゃ!」
「はい、達成出来るように努力します!」
「努力なんかどうでもええわ!やるんか、やらんのか、聞いとんじゃ!」
「はい、やります!」

という調子。

「出来ませんでしたで済むかーっ!どうするんじゃ、この数字!」

と言われてボールペンが飛んできたりシャチハタの印鑑が飛んできたり。

長時間労働に加えて営業成績を鬼のように追求される雰囲気で、社員は全く定着しませんでした。

自分のいた営業所では、当初11人の中で30代の社員は3人。他は全部20代。社員の平均寿命は3年。

これでもまだ、昔よりは改善された方で、以前所長が言ってましたが、昔はどの営業所も所長が20歳か21歳くらいで、営業社員は10代が普通だったとか。
2県にまたがって、営業所は10カ所くらいありましたが、どの営業所もこれくらいの年齢層だったとか。

良い言い方をすれば

「若さのあふれている会社です。」ということになります。

いや、ただ人が定着しないだけです。

それと、もう一つ。

自分が、この会社の次に就職した会社でしたが、ここも、一軒一軒、家を訪問して、月々2千円の契約を取ってくる仕事でした。訪問販売のようなものです。

車で連れて行かれて、一人一人バラバラに降ろされて、後はずっと歩き通しです。

昼に一回、車で迎えにきてもらって昼飯。その後はまたバラバラに降ろされて20時ごろまで訪問営業です。

事務所には棒グラフが貼ってあって、毎日個人の成績が更新されます。

ここは前述の会社よりももっとひどくて、社員の平均寿命が三ヶ月くらいでした。

成績が悪いと責められて居られなくなりましたから。

その週の契約がゼロだったら、日曜日も自主的にいろんな家を訪問して歩きました。

ですから、常時大々的な募集がしてあって、二週間に一回くらい新人が入ってきます。

その反面、毎週、月曜日の朝には40-50%の確率で
「今日で辞めさせてもらいたいんですが」
という電話がかかってくるようなところでした。

自分も三ヶ月で終わりました。

劇的に太り過ぎて、2年前の着物のサイズが合わない

高校生の娘を持つ、とある両親が、娘の高校の卒業祝いにと、40万円出して着物を買ってあげました。

「成人式にはまだ早いけど、これは私たちからのプレゼント。成人式にはこれを来て行きなさい。」と。

娘は卒業してからは就職し、実家から会社に通っていたのですが、やはり社会に出ると嫌なことも腹の立つこともいっぱいあるもの。

その上失恋して心に大変なダメージを負ってしまい、それを紛(まぎ)らわすために、食べることに走ってしまいました。

高校時代にはすらっとしていた体形がみるみる太り、しばらくすると体重は90kgを超え、それでも過食は止まりません。

そして高校を卒業してから2年が経ち、成人式を迎えた時、卒業祝いに買ってもらった着物をタンスから出して着てみましたが、当然入るわけもありません。

いや、着れたことは着れたのですが、ぴちぴちで不格好で、動くのにも不自由するほど。着物というより、相撲取りの浴衣(ゆかた)に近いものがありました。

さすがにこれでは成人式に着ていくなどということは出来ません。結局、また両親は40万円出して新しい着物を作ってあげました。

女の子といえど、2年間で、変り果てるほど体重が激増する場合もあるんですね。何年も先の計画は立てない方がいいのかも知れません。

ただ、社会に出てから、ストレスや嫌なことから体重が相当変わる女の子は結構いるようです。

このコのように、食べることで嫌なことを紛(まぎ)らわせて激太りする場合と、落ち込んで食欲がなくなったり、周りのコに影響されて過激なダイエットをして激痩せしてしまったという場合です。

大人の女性になればなるほど、体重は気になるもの。もちろん男性の視線も気になります。

しかし気にはしていても、つい食べてしまう。職場でおやつが出る、飲み会はある、では、なかなか自分の意思でダイエットに踏み切るのは困難です。

一番いいのは「食べても太らないこと」。

なのですが、それが出来れば誰も苦労はしません。

ですが、それに近い効果をもったサプリならあります。聞いたことはないでしょうか?

「胃や腸で、糖を吸収して便と一緒に排出する」あるいは「脂肪を吸着して便と一緒に排出する」サプリメントです。

体への吸収がブロックされる分だけ、同じ食べても体に入ってくるカロリーは減少します。

コンビニの弁当だったら、大体カロリーが書いてありますね。あれを見て買う人も多いでしょう。ですが、こういったサプリを飲んでいれば、全部食べても、書いてあるカロリーよりは少ないカロリーで抑えられるということです。

こういったサプリは昔からありましたが、いまいち効果が弱く、近年、アメリカで特許を取ったという「リポサンウルトラ」という成分が、最近では、優れた効果を持つと注目されています。

胃や腸の中で、脂肪とくっついてゲル状に固め、そのまま便として排泄してくれるという、優れものです。

1gで少なくとも50g以上の脂肪と結合し、多くの場合、90gから100gの脂肪と結合します。

その「リポサンウルトラ」を高配合してあるのが、

【カロリナ酵素プラス】

というサプリメントです。

一袋(2週間分120粒)で、6750kcalを吸着してくれます。

体重1kgを落とすのために、7200kcalのダウンが必要と言われていますから、2週間分でほぼ、1kg分のカロリーを吸着して排出してくれることになります。

二週間の減量が更に2kgになるか3kgになるかはあなたの努力次第ですが、食べるのを我慢して運動して、まともに3kg落とすよりも随分と楽になるはずです。

楽天ランキングでも、5つの部門で1位を獲得したという、このサプリ、一度覗いてみてはどうでしょう。

【カロリナ酵素プラス】

文句を言わない人たち

何年か前、ある会社(A社)が新年宴会を行った。
宴会を行う会場は、A社の大口の取引先である、とある居酒屋だった。普段から、その居酒屋はA社からよく商品を買ってくれる。

どうせ宴会をやるなら、普段お世話になっているお店でやろうということになったのだ。
会費は2000円ということで予約して話がついた。「それくらいの金額なら・・」ということで、珍しく全員参加となった。

だが、幹事の聞き違いで、2000円ではなく、3000円だったということが前日になって判明した。
1000円アップ・・「まあ1000円くらいなら・・」ということで誰も反論はしなかった。(3000円になった。)

だが、料理に1500円をプラスしないと「飲み放題」にならないということが当日の朝になって判明した。
更に1500円アップ・・「まあ1500円くらいなら・・」ということで誰も反論はしなかった。(4500円)

だが当日、開始2時間前になって、2人ほど急用で来られないことになった。11人で予約していたので、11人分の料金を9人で払わなくてはならなくなった。割り算をすると一人当たり1000円のアップ。(4500×11÷9=5500円)
「まあ、そういうことならしょうがないか・・」ということで誰も反論はしなかった。

この時点で会費は5500円に跳ね上がっていた。
そして宴会が終わり、会計の時になって、全員が予約していたコース以外のものを好き勝手に注文していたということで、更に一人あたま1500円の追加料金を払わなくてはならなくなった。結局2000円という話は最終的には7000円になってしまった。

「まあ、自分たちが食べた分だからしようがないか・・。」ということで、ここでも誰も反論はしなかった。

だが翌日、激しい下痢と内臓の痛みを訴えて、A社の社員は4人ほど会社を休んだ。どうやら昨日食べたものの何かが当たったようだ。単なる食べ過ぎではなく、他の客も食当たりを訴えたことから保健所が調査に入ることになった。するとやはり食中毒だったことが判明し、その店は一定期間、営業停止処分をくらってしまった。

4人も休んでは業務がまわらない。だが、その居酒屋は冒頭に書いたように、A社にとっては大口の取引先であるから文句を言うわけにもいかない。

「うちの会社のお客さんだからしょうがないか・・」ということで、ここに至っても誰も文句は言わなかった。結局全員泣き寝入り状態。素晴らしい人格の人たちである。

3 / 2012345...1020...最後 »
サブコンテンツ

このページの先頭へ