泥酔状態の人。次の日の仕事は大丈夫か。

ある男のお客さんから携帯に電話がかかってきた。

「もしもし~、俺なんすけど、今『陽子(飲み屋)』にいるんで、迎えに来てもらえますかね?」

その飲み屋に到着すると、その人は店の前で待っており、「おぉ~、もうメーター入れっぱなしにして、中、入って一緒に飲もうや!」

と言う。お言葉に甘えて、メーターを入れて、車を路上に停めてから一緒に店の中に入った。さすがに酒を飲むわけにはいかないので、自分はウーロン茶。
(さらに…)

液体でも吸い込む。ハンディ掃除機「吸龍(すいりゅう)」

自分は家にいる時には、大体パソコン机の前に座っています。床の上に座椅子を置いてそれに座って毎日何時間かこの場所で過ごします。

毎日ここにいると、どうしても座椅子の周辺にゴミが落ちてきます。フケが落ちていたり、慢性的に荒れている鼻の周囲を掻(か)いた時に皮膚が剥(は)がれて落ちたり、髪の毛が落ちていたりします。

掃除機で吸えばいいのですが、掃除機は台所に置いてます。気づくたびに台所まで掃除機を取りに行くのは非常に面倒です。

そんな時、手の届く位置にいつもハンディ掃除機があればとても便利です。気付いた時にすぐに掃除出来ます。
(さらに…)

近いからと乗車拒否するとこういう目にあう。

夜の繁華街では、道路のあちこちにタクシーがずらっと列を作って並んでいる。あれらは一見無造作に並んでいるように見えても、一応はルールがあって、それぞれの列の先頭の位置と最後尾の位置が決まっている。

最後尾まで車が並んでいたら、その列にはもうそれより後ろには車を停めてはいけないのだ。別の停められる列を探さなくてはならない。
(さらに…)

スマートタップの車載ホルダーEasy One Touch3


車の運転中でもやはりスマホの画面は気になります。長時間の運転でしたらなおさらです。

自分の場合、運転中はハンズフリーのイヤホンマイクをしていますが、もし着信があった場合、電話に出る前に誰からか確認してから出たいので、やはりスマホは運転中でもすぐに見られる位置に置いておきたいのです。
(さらに…)

田んぼに突っ込む

昔、ある運転手が女のお客さんを乗せて走っていた。時間は夜の1時か2時ごろ。

このあたりは少し中心部をはずれると畑や田んぼが広がる光景にすぐに出会う。
(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ