腰が痛い時に寝る姿勢は

まずは布団に横になって、自分が一番楽な姿勢を探します。うつ伏せ、仰向け、横向きのどれが一番腰が痛くないかを試してみます。

うつ伏せの場合、腰が後ろに反(そ)ったような体勢になりますが、これで腰が楽ならこのままの姿勢で寝ましょう。

ですが、普段からうつ伏せのまま寝るという人はあまりいませんので、どうにも寝にくいという場合は、腰にバスタオルを巻いて仰向けになるか、腰の下にバスタオルを敷いて仰向けになってみます。

これうつ伏せの時と同じように腰が反(そ)ったような状態になります。

うつ伏せでも仰向けでも腰が痛い時には横向きになる他ありません。横向きになって背中を丸めて、自分が最も痛くない体勢にして寝ます。

睡眠は非常に大切で、もちろんこの姿勢だけでは根本的な解決にはなりませんが、寝るときの姿勢だけでも、翌日痛みが軽減される場合もあります。

また、現在腰痛で、自宅での治療法を探している方へ。 こちらは

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

です。

慢性的な腰痛を自分で改善する方法が解説されています。

ぎっくり腰を繰り返す人や、慢性的な腰の痛みのある人のほとんどは、左右に傾いた骨盤に原因があると言われています。

自宅で毎日数分間、あることを行い、骨盤の矯正をして、再びずれることのない強い骨盤をつくって腰痛を改善する方法です。一度覗いてみてはいかがでしょう。

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

ビタクラフト グリルパン・肉の油を落としてカロリーダウン

油のカロリーはかなり高いもの。調理器具を変えるだけで油を減少させてカロリーダウンさせることができます。

▼器具を変えるだけでこんなにカロリーダウン

焼き肉は自分も大好きです。特に脂がたっぷりの部分はたまりません。ですが、この油、毎日大量に体の中に入れていれば、健康には良くないということは誰しもお分かりかと思います。

何よりカロリーが高いです。油1gで、だいたい9キロカロリーあります。

大サジ一杯だと110キロから120キロカロリーになると言われています。

家族で夕食に焼き肉をすれば、大サジ一杯分の油なんてすぐに体の中に入ってしまいます。
(さらに…)

寝ながら腰をストレッチできるマッサージ機

自分を腰痛の経験は何度もあります。全く痛めた覚えがないのに、朝起きてみると何か腰が痛い。

そしてそのまま時間の経過と共にどんどん痛くなってきます。明日はもっとよくなっているだろうと期待を込めて寝ますが、次の日も次の日もまた同じ。

何週間も我慢した後に、ようやく病院か整骨院へ行くようになります。
(さらに…)

太らない体質

太らない体質の人は脂肪もつきにくいが筋肉もつきにくく、また逆に、太りやすい体質の人は、脂肪もつきやすいが筋肉もつきやすいと言われています。痩せ型の人が太るということは、太っている人が減量するより難しいらしいです。

太るということに関しては、力士であれば、寝る前に大量に食って寝るとか、食事の回数を減らして、その分、一食当たりの量を増やすとかしていますね。脂肪はつきますが、体重そのものは増えていきます。

知り合いの人で、体重は60kgもないのですが、いつも弁当を二つ食ってる人がいます。

ラーメンを食いに行けば、とんこつとしょうゆを一杯ずつ頼んで両方とも食べます。それでも体重は全く増えないとか。本人は脂肪でも太りたいらしいのですが、これも体質でしょうか。

油なしで唐揚げが作れる家電品「カラーラ」。これで作ればカロリーもダウン

油なしで揚げ物が作れる仕組みとは。料理から油を減らすだけで、摂取カロリーも減少します。ダイエットにも効果的。

▼油なしで揚げ物が作れるのは

カラーラは、本体の中に内蔵してあるバスケットの中に食材を入れると、最大で200度の熱風を循環させ、油を使わずに揚げ物が作れる調理器具です。

油を使わない揚げ物って?と思った方もいるかも知れません。
(さらに…)

おすすめのクレンジング方法。美肌のために正しいクレンジングを

クレンジングジェル、クリーム、オイルと種類はありますが、気をつけるべき点はどれも共通しています。優れたクレンジングをお探しならアマランスのクレンジングジェルがお勧め。

▼クレンジングを選ぶには

 クレンジングを金額で選んでいませんか。

どんな分野でもそうですが、クレンジングもまた、700円ぐらいのものから数千円するものまで様々な価格のものが存在します。

でも、アンチエイジングや保湿のための化粧品ではなく、メイクを落とすものだからと、できるだけ安いものを選んでしまう人は多いですね。

ですが実際には、価格が違えば機能にもやはり差があります。極端に安いものであれば、最初のうちは良くても使い続けるうちに肌が荒れてきたという事を多くの人が経験しています。
(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ