潰瘍性大腸炎で入院している時の生活

▼1日目
出されたパジャマに着替えて自分の部屋のベッドに横たわるとすぐに点滴が始まりました。食事はナシで、点滴が食事の代わりです。いったいどれくらい入れるんだろうと思うくらい、何本も入れました。点滴しながら寝ました。

トイレも台にぶら下がった点滴と共に入ります。
ですが、この点滴だけでもかなり楽になりました。どうにか動けるようになった感覚です。
入院中はもちろん、禁酒・禁煙です。

▼2日目
前日と同じくずっと点滴を入れっぱなしです。一本終わったらすぐに次の一本です。
食事もナシです。2日間何も食べてませんが、点滴のせいか、お腹が減ったという感覚はありません。

相変わらずの血便の下痢で、部屋に備え付けのトイレに入るのですが、自分が入ると長いので、相部屋の他の人に悪いような気がします。
これから飲む薬は4種類です。朝に一回飲みます。

▼3日目
朝の7時ごろ、入院以来ずっとしていた点滴が外されました。この日からは、入れっぱなしではなく、一日に決まった量の点滴になります。だからまだ針は刺しっぱなしです。
朝8時に、入院以来初めての食事が出ました。重湯(おもゆ)、味噌汁、ポカリスエット。重湯は、完全に液体となったお粥(かゆ)で、量もわずかです。味噌汁も具はなしです。ですから、全部液体でした。

入院中の一日としては、大体、以下のような感じでした。

06:40 お茶を持ってきてくれます。
07:00過ぎ。 看護婦さんが体温・点滴・血圧を測りに来て、大小便の回数を聞きます。
08:00 朝御飯
10:00 おやつのジュース
10:30 体温・点滴・血圧測定。点滴。
12:00 昼御飯
14:30 体温・点滴・血圧測定。お茶を持ってきてくれます。
15:00 おやつのジュース
18:00 晩ご飯
20:30までに先生が様子を見に来てくれて、現状報告をします。
22:00 消灯
06:00 灯りがつきます。

▼4日目
昼過ぎごろかろ格段に具合が良くなって、2時間くらい談話室で漫画を読みました。18時に晩飯食べてからまた談話室へ。

看護婦さんがくる時間が大体決まっているので、それ以外の時間は談話室にいることが多くなりました。
夜中は1時間半から2時間おきに目が覚めてトイレにいくような感じです。

▼5日目
夜通しお腹が痛くてあまり寝れませんでした。
点滴は相変わらず毎日です。下痢血便は1日10回くらいと、変わりません。
昼間は、朝の薬が効いているのか、かなり調子がいいです。ずっと寝ているのもしんどいので、談話室にいってぼけっと座っていたりテレビを見ることが増えました。

▼6日目
22時の消灯から6時の起床時間の間にいつも3回は目が覚めてトイレに行く感じです。大体23:30、01:30、05:30くらいです。

夜中から午前中にかけていつも腹が痛くなります。今日は10時ごろに痛み止めの薬をもらいました。
朝の薬を飲んでから再び調子が良くなり、血がほとんど混じってない回が2回ありましたが、そのあとは血が出ました。

今日、相部屋の左隣の人が退院しました。と思ったら夕方にはもう違う人が入ってきました。

それで夕方の18時くらいに、同じ相部屋の人が見舞いの人とぺちゃくちゃしゃべっていたら、その新入りが

「喋るのもいいんですけど、もうちょっと静かにして欲しいです!」

とか、怒って叫んでました。うるさそうなのが入って来たのでなんか憂鬱。

▼7日目
朝から、11時くらいまでやっぱりまだお腹が痛くなります。痛みの程度は昨日より少しましになりました。

23時ごろ、隣の新入りの機械付きの点滴がピーピー鳴り始めました。後で聞いた所によると、点滴がうまく入らなくなると機械が異常を感知して、ピーピーなり始めるそうです。

本人がいつまでもナースコールしないので、自分がしてやりました。それから寝て目が覚めたら0:30、3:00、4:30ごろです。相変わらず1間半か2時間おきに目が覚めます。

▼8日目
今日から薬が一種類増えました。朝ご飯前からのお腹の痛みは11:30ごろまでありました。これまでよりも痛みの程度は更に低いが、まだ痛いです。

今日は栄養士の人が部屋に色々と話を聞きに来ました。点滴は午前中の一本だけになりました。前の日まで1日何本入れていたか分からないくらい入れていたので随分と減りました。
昼からはこれまでで一番調子がいい感じです。散歩をしたり談話室へ行ったりしました。ですがまだ血便と下痢は続いてます。

▼9日目
朝、6:40ごろ目が覚めた時、隣の新入りに「○○さん、いびきと歯ぎしりは何とかならんですか。うるさくて寝れないんですが!ぎしりもひどいよ。」と言われました。ものすげムカつきましたが、一応「はぁ、すみません。」とは言っておきました。

夜中のトイレは22:30と5:00に下痢。小だけが21:30、01:00、03:00の3回。いつも7時くらいから11時過ぎくらいまでの間に来る腹痛は今日は更に痛みが弱くなりました。この辺りから大の出る間隔が結構長くなりました。

夕方、鼻がむずがゆく、鼻をクシュンクシュン慣らしてたら、また隣の新入りが「○○さん、ティッシュないんだったらあげましょうか。」と、いかにもうるさいという感じで嫌味を言ってきました。
「持ってますからエエです!」と、怒った言い方で言い返してやったら、それっきり返事はなかったです。

▼10日目
この日から、トイレに行っても出血はほとんどなくなりました。便はまだ完全に個体ではなくゲル状。一日3回くらいになりましたので、10数回行っていた時からすればかなり数が減りました。

▼11日目
相変わらず夜中は1時間か2時間おきに目が覚めます。夜中に起きた時トイレに3回行って、大を出すつもりで座ったら3回ともおならだけでした。

でもおならだけが出るのって大変な進歩です。完全水状態の下痢が続いている時はおならは単独では出ません。水のような便と同時におならが出ます。

最近はゲル状態の便が出るようになっているとはいえ、単独のおならはあり得ませんでした。おならは便を出す時に同時に出るからです。
ですから、乾いた単独のおならが出たということは、かなり腸の状態が正常に近づいてきたという証でもあるのです。

▼12日目
あまり寝てばかりいるのも体に悪いと思って、階段で1階まで降りて、自分のいる6階まで上がってみました。結構息が切れます。

この辺りから、看護婦さんの巡回が来ない時間帯はほとんど談話室で過ごすようになりました。
大のトイレは1日2回くらいになりました。

▼13日目
これまでで一番個体に近いものが出て、出血もありませんでした。大は23時間ぶりでした。
随分と良くなった感じです。あと3-4日くらいで退院出来るでしょうと言われました。

▼14日目
体重を計ってみると、入院してから6kg減ってました。入院の前には下痢で7kg落ちてましたから、合計で13kgの減少です。

入院してからはみるみる元気になりましたが、酒を飲まずに寝ることと、低カロリーなメニューのおかげでしょうか。

▼15日目
大の調子はよく、これまではこげ茶色のものばかりでしたが、ようやく黄色っぽいものが出るようになりました。回数は24時間で2回でした。
今後は段階的に薬を少なくしながら様子を見て、最終的には今の薬は相当減らすことになるらしいです。

隣の嫌いな奴が今日の9時ごろやっと退院したのでせいせいしました。ですが12時にはもう新しい人が隣に入ってきました。毎日何人も退院して、何人も入ってきます。
今日、刺しっぱなしだった点滴の針を完全に取ってもらいました。ようやく点滴か完全になくなりました。

ということで、入院以来、初めての風呂に入りました。これまではずっと体拭きのタオルだけだったので、風呂は久しぶりです。

▼16日目
7時ごろ看護婦さんが回って来て最後の体温・血圧などを計り、10時ごろ退院でした。ようやく家に帰ってきました。

潰瘍性大腸炎は難病に指定されていますので、特定医療費(指定難病)支給認定申請書や、その他提出するようにという書類を病院からもらっていて、それらを書く作業がまだ残っています。

家に帰って最初にしたことが煙草を吸うことでした。入院中はずっと吸ってませんでしたから、待望の煙草です。ですが一本吸ってはみたものの、その直後から猛烈な吐き気に襲われました。しかもこの吐き気、30分か40分くらい続きました。繰り返し吐き気が襲ってきて、さすがにもう吸う気になれませんでした。このまま禁煙できるかなと思ってるところです。
これからまだ5日ほど家で休んでから職場復帰する予定です。

潰瘍性大腸炎で入院しました。

自分がかかっている病気で潰瘍性大腸炎という病気があります。33才の時発病し、現在55才なので、もう22年になります。根本的な治療法はないそうで、生涯に渡って良い時期と悪い時期を繰り返す病気です。

悪い時期とは1日10回以上の下痢と血便、腹痛が起こります。ただこの悪い時期にもレベルがあって、便に血が混じるけれども特に下痢でもなく苦しくもないという時もあれば、1日に15-16回の水状態の下痢と血便で、トイレから出た後も腸や肛門にすごく苦しい違和感を感じてトイレから出るたびに相当休まないといけなくなるほどであるとか、悪さのレベルにも幅があります。

いかに良い時期を長く続け、悪い時期を低く抑えるかというのがこの病気の治療法になります。

自分も20年以上になりますから、これまで悪い時期は何度も経験してきました。もちろん、症状の出ていない良い時期も多くありました。2年間症状が出てなかった時期もあれば5年間出てなかった時期もあります。

ただこれまでは、少々激しい下痢や血便であってもどうにか会社には行けてましたし、食欲もあって酒も飲みたいという気はありました。

それが今回はかつて経験したことのない特大級の悪い時期がきました。

前回からちょうど2年ぶりです。前回の時は病院からペンタサという座薬を3週間分もらってそれでほぼ完全に治まったので、今回も予備でもらっていたペンタサが3週間分ありましたのでそれで治まるかと思ったのですが駄目でした。

いいところまでは回復したのですが、そこで座薬が尽きてしまい、その後はこれまで飲んでいたアサコールという飲み薬だけになりました。

しかしここから悪化の一途をたどります。1日10回から13回くらいの下痢で、全て血便です。そして腹痛です。おへその下の一直線上がしょっちゅう痛くなってきます。

それから食欲不振と吐き気です。お腹は減っているのに食べたら吐きそうなのでほとんど食べられません。「何だったら食べられそうか、何だったら食べたいと思うか」と常に自問自答して、お茶漬けやそばなどを食ってました。わずかな量でお腹が一杯になり、それ以降12時間くらい満腹状態のままです。胃もちゃんと機能していなかったような気がします。

会社には行ってましたがもちろん勤務中何回もトイレに通う1日です。しかも1回のトイレが長いです。まだ出るような終わったような感覚で、なかなかトイレから出られません。しかも座っている間もしょっちゅう腹痛が襲ってきます。

ついには、会社から帰ってきたらすぐに畳に寝込むようになりました。苦しくて酒も飲めません。部屋の掃除、雑用など何もできなくなりました。
それでもその状態で二週間くらい病院には行きませんでした。

一応薬は飲んでいたので、明日は少しは良くなっているだろうという希望があったからです。ですが結果は、二週間期待して生活した後は、悪化しただけでした。

自分の日記を見てみると、そもそも最初に悪化の兆しがあったのは9月1日ごろでした。血便が出始めましたが、まだゲル状の個体の便でした。回数も増え始めています。この辺りは、もらっていた座薬を単発で入れて、それで多少は症状が良くなって来ていました。

そういう少し悪い状態が一か月半ほど続き、10月15日に突然結構強い痛みが来て、そこから一気に悪化しました。1日10回以上の下痢と血便、腹痛。ふらふら状態で動くのが本当にしんどい時期に突入しました。それから二週間が経過します。体重もこの2週間で7kg減りました。

ですから一番最初に症状の兆候が出始めてから最高に悪化するまで約2カ月かかっているわけです。

そして10月30日、親に送ってもらって自宅近くの総合病院へ行くこととなりました。事前に電話して行ったのが良かったのか、あまり待たされることなく、診察と検査をしもらうことができました。とにかく病院内を歩くのも苦しい状態で、看護師さんから車椅子を勧めてもらい、これに乗って検査に連れて行ってもらいました。

最初に行ったのが、浣腸です。「出したものは流さないで見せて下さい。」と言われ、浣腸が終わってトイレへ連れて行ってもらい、10分くらいかかってようやく全部出たような感じでした。
便は完全に水状態で、血で染まっています。

その後は血液検査、腹部のレントゲン、腹部エコー、内視鏡検査と続きます。ずっと車椅子を押してもらっての移動です。この検査を受けている間も苦しくてずっとぐったりでした。
これまでは、大腸の中でも、肛門に近い部分だけに炎症があったのに、今回一気に悪化して大腸全体に炎症が広がっているとのことでした。

「腸内の粘膜が剥(は)がれていたりしたら、大腸を全部取る手術をしなくてはなりませんが、幸い、その最悪の事態までは行ってないようです。」と言われてちょっとほっとしました。

最初に病院に着いたのは9:30ごろでしたが、検査が一通り終了してそのまま入院することになり、12時過ぎには自分が入るべき部屋に連れて行ってもらいました。4人の相部屋です。入院の予定は当初2週間以内だろうと言われましたが、最終的には16日間になりました。

パワーブロック・重さの変更が瞬時に出来る、重量可変式ダンベル。自宅で筋トレをしている人に絶大な人気。

パワーブロックは、ピンを抜き差しすることによって必要な重量だけを取り出すことの出来る、重量可変式ダンベルです。「アドバンスタイプ」と「プロタイプ」の2種類があり、専用スタンドも販売されています。

ワンタッチで重量の交換が可能

自宅でトレーニングを行う場合、ダンベルは非常に有効な器具です。

ですが、種目によって扱える重量は違いますし、一つの種目を行うにしても、1セット目のウォーミングアップから始まって2・3・4セットと、だんだんと重量を重くしていく方法が一般的です。

トレーニングジムであれば、軽いものから重いものまでズラッと揃っていますが、家の中にあれだけのものを揃えるわけにはいきません。プレートが着脱式のダンベルでも、2本のダンベルの左右をしょっちゅう付け替えていては、ずいぶんと手間になります。

その手間を省いてくれるのが、パワーブロックです。ワンタッチの重量変更で、初心者からヘビーユーザーまで、幅広く対応します。

重量の設定は、横のあるピンを抜き差しするだけです。これによって、必要な重量だけを取り出すことが出来るのです。

ピンの位置を変えることによって、重量の変更を行います。

パワーブロックは、「アドバンスタイプ」「プロタイプ」の2種類が発売されており、

「アドバンスタイプ」では、ピンの位置を一つずらすことで5ポンド(約2.2kg)ずつ重量が増減します。

「プロタイプ」は、ピンの位置を一つずらすことにより10ポンド(約4.5kg)ずつの増減になりますが、本体内部にあるシリンダの出し入れにより、5ポンド(約2.2kg)ずつの調節が可能になります。

※アメリカ製のために、重量はkgではなく、ポンドになっています。

●握りやすい、ソフトなグリップ。

●ウエイトの部分は全て重ねてセットしてありますので、場所も取りません。1つのペアでダンベル10個以上の働きをします。

●ダンベルを何個も揃える必要はありません。また、プレートをいちいち付け替える必要もありません。パワーブロックが1ペアあれば十分です。

パワーブロック アドバンスタイプ SP5.0(2個1組)

重量(片方): 最大50ポンド(約22.7kg)

初心者~中級者までは十分な、片方22.7kgの重量。

セットできる重量は、5ポンド刻みの10段階。

最小5ポンド(約2.3kg)から、最大50ポンド(約22.7kg)。

※1ポンド=0.45359237kg

(小数点以下2桁を四捨五入)

ポンドとkg換算

PowerBlock sp50 楽天検索結果

PowerBlock アマゾン検索結果

パワーブロック プロタイプ SP9.0

重量(片方): 最大90ポンド(約41kg)

最大90ポンド(約41kg/片方)の最大重量。

セットできる重量は、27段階。最小5ポンド(約2.3kg)から、最大90ポンド(約40.8kg)。

※1ポンド=0.45359237kg 

(小数点以下2桁を四捨五入)

ポンドとkg換算

PowerBlock sp9 楽天検索結果

PowerBlock アマゾン検索結果

パワーブロック プロタイプ SP9.0EX

重量(重量(片方): 最大130ポンド(約59kg)

最大130ポンド(約59.0kg/片方)の怪物。

セットできる重量は、36段階。最小5ポンド(約2.3kg)から、最大130ポンド(約59.0kg)。一番軽い「5ポンド」は、コア(中心の白い部分)のみでの重量です。

※1ポンド=0.45359237kg 

(小数点以下2桁を四捨五入)

ポンドとkg換算

PowerBlock sp9 楽天検索結果

PowerBlock アマゾン検索結果

パワーブロック プロタイプ専用スタンド

PowerBlock スタンド 楽天検索結果

ケトルベル通販サイトの紹介

ケトルベルとは

ケトルベルとはロシアで古くから使われていたトレーニング器具で、ケトルとは「やかん」を意味します。

砲丸に取っ手が付いているような形をしたこの器具はダンベルとは使い方が相当に異なり、ダンベルにはない衝撃や負荷をかけることが出来ます。

旧ソ連やヨーロッパでは、軍や特殊部隊の鍛錬器具としても使われ、故ブルース・リーもケトルベルの愛用者でした。

アメリカではプロスポーツ選手から普通の女性までトレーニングに使っているほど一般的になっています。

ケトルベルの特徴

ケトルベルはその形状から、重心が球体の中心部に位置します。そのため動かしにくく、単一の筋肉だけではなく、それらに連動したほかの筋肉や腱、関節などにも刺激を与え、全身のパワーの向上、柔軟な関節を形成するのに非常に有効です。

ケトルベル特有の運動として、スピードが必要とされる種目も多く、遠心力がかかり、ダンベルとは違った刺激が得られます。力の強さだけではなく、スピードや瞬発力、バランス、柔軟性など、様々な要素が向上します。

・スナッチ、スイング、クリーン、ジャークなどをハイスピードで行えます。

・負荷のかかり方が特殊で、それに対してバランスを取る必要があり、バランス能力が向上します。

・全身の力が向上します。

・持久力が格段に上がります。ケトルベルのスイングを行うと、初心者の場合であれば心拍数が相当に上がります。

重さを選ぶ基準

運動の種目によって使用する重量は違いますが、最初は自分が扱えるダンベルの重量と同じ程度のものを選びます

だいたいの目安として、男性は12kgか16kgから始め、24kgや28kgを目標にすることが一般的です。女性は4kgか8kgくらいが一般的です。

ケトルベルは、両手セットで行う種目ばかりではなく、片手ずつ行っても同じような効果が得られる種目が多く、同じ重量を2個買うよりは、重量の違うものを1個ずつ揃えたほうが、様々なトレーニングを行うことが出来ます。

GOLD’S GYM & IRONMAN WEB SHOPのページに種目の一部が紹介されています。

ケトルベル販売サイト

※全て1個売りです。


ボディメーカー > ケトルベル一覧


スーパースポーツカンパニー > ケトルベル一覧



ワイルドフィットネットショップ > 天山クラシック ケトルベル一覧



ワイルドフィットネットショップ > カラーケトルベル一覧


GOLD’S GYM & IRONMAN WEB SHOP > ケトルベル一覧


フィットネスショップ > ケトルベル一覧


シェイプショップ > ケトルベル一覧


eSPORTS楽天支店 > ケトルベル一覧


パワーステップウェブショップ > ケトルベル一覧


スポーツダイアリー > ケトルベル一覧

ケトルベルトレーニングマニュアル・DVD。トレーニング法を解説した雑誌・DVDの紹介。

マイク・マーラーのケトルベル・ソリューションシリーズ

#1(DVD)
#2(DVD)
#3(DVD)

「ケトルベルトレーニングマニュアル」でおなじみのマイク・マーラーによるケトルベルトレーニング法を紹介したDVD3作。

#1は、サイズアップと筋力アップを目的としたトレーニングの紹介。
#2は、スピードと瞬発力を高めるトレーニングを紹介。
#3は、脂肪燃焼がテーマとなっています。

マイク・マーラー ケトルベル ソリューション #1 – #3 楽天検索結果

山田崇太郎 ケトルベルトレーニング(DVD)

格闘技に活かせる筋肉を身に付けることができるとして注目を集めている、ケトルベルトレーニングを第一人者・山田崇太郎が紹介。

ケトルベルトレーニングとは、格闘技帝国ロシアを発祥の地とし、格闘技に必要な筋肉を、全身バランスよく鍛える事ができるトレーニングとして、多くの格闘家から現在最も注目されているトレーニングです。

まだあまり知られていないケトルベルトレーニング方法を、種目別、目的別に体系立てて教えるDVDです。120分。

山田崇太郎 ケトルベルトレーニング 楽天検索結果

山田崇太郎 ケトルベルトレーニング アマゾン検索結果

Mike Mahler’s「ケトルベル・トレーニングマニュアル」

マイクマーラー ケトルベルトレーニングマニュアル。2004年アイアンマン10月号増刊。

この増刊号はアイアンマン誌2003年12月号~2004年6月号のケトルベル連載記事、および2004年9月号のケトルベル特集記事をまとめたものです。

マイクマーラー ケトルベルトレーニングマニュアル楽天検索結果

ケトルベル トレーニングマニュアル アマゾン検索結果

ロシアンケトルベル導入編プログラムミニマム

著者の松下大圭氏は、RKC(ロシアンケトルベルチャレンジ)レベル2インストラクターであり、日本在住の日本人で唯一公認組織よりケトルベル指導方法を認定されているインストラクターです。

ロシア特殊部隊でも採用されているケトルベルは、ソ連や東欧で軍や特殊部隊の鍛錬器具として盛んに使われ、打撃に耐えられる体を作り、柔軟性を向上させます。

関節がどれだけ柔らかいか、あるいはどれだけ動くかによって競技力や日常生活における動作に大きく影響してきます。

ロシアンケトルベル導入編プログラムミニマム

ロシアンケトルベル基本トレーニング

ケトルベルを使ったトレーニングの基本種目が解説されています。

ケトルベル・トレーニングは、映画俳優の故ブルース・リーやその共演者たちも愛用し、現在ではロシアを越えてアメリカでもプロスポーツ選手から一般女性まで取り入れています。

ケトルベルそのものはただの器具であって、ダンベルと同じようにトレーニングしてもその効果は見えてきません。正しいトレーニング方法がこのマニュアルでは解説してあります。

ロシアンケトルベル基本トレーニング

サブコンテンツ

このページの先頭へ