お客の不足分は、自分で払った方がまだましかも

夜中の3時頃、会社の無線の配車で、このあたりでは一番大きい総合病院の、救急夜間口という配車が当たった。
その病院に着いて夜間口に車を停めると、すぐに建物の中から男が二人ほど出てきて乗ってきた。

「すいません、お待たせしました。どちらまで行きましょうか。」

と、一通り挨拶をして出発したが、行き先は聞いたものの二人ともぐったりしていてほとんど寝ている様子。男の一人は最初に言われた行き先に着いた時に起こしてそこで降りたが、もう一人の問題。

一人になってからは完全に座席に寝転がっており、眠たいというよりも、かなり酔っている様子。時間も真夜中なので別に酒を飲んでいても不思議ではない。

それでも何とか寝る前に聞いた行き先をナビにセットしていたので家の前には着いた。

「お客さん、着きましたよ。」

と声をかけたがもちろん反応はない。完全に寝ている。運転席から手を伸ばし、膝の部分を叩いたり揺すってみたり、声をかけたりしたが全く起きない。

もうしょうがないので、降りて後ろの座席のドアにまわって手を引っ張って起こすことにした。

後ろ座席のドアを開けてみて、そのお客を見てびっくり。これまでちらっとしか、そのお客の方を見てなかったので気が付かなかったが、片方の腕には肩の辺りから手首に近いあたりまでイレズミがびっしり入っていた。これは夏の頃の話なのでそのお客も半袖の服を着ていた。
その上顔つきも、いかにもそういう業界の人という感じ。

更に、左側の目の上がものすごく腫(は)れて、たんこぶができていて、人間の顔とはここまで貼れるものかというぐらいその部分が飛び出していた。

それ以外にも顔に2箇所、相当に腫れている部分があって耳の辺りには大きい絆創膏(ばんそうこう)が貼ってあった。

これはどう見てもヤクザかそれに近い人間が喧嘩をしてコテンパンにやられたので病院に手当をしてもらいに来たと言う、そういうパターンにしか思えない。

「この人起こすの?すごく嫌なんですけど。」心の中で自分で自分に言ってみた。

しかし一応到着したので、金を払ってもらって降りてもらわないとこっちも困る。

「お客さん着きましたよ。」

ゆすって声をかけるとどうにか起きた。

「あ・・着いた? なんぼ? カードで払いたいんじゃけど。」

と、結構紳士的な感じだったので、ちょっとほっとした。

しかしカードと聞いて、こっちの都合だが、悪い予感がした。

うちのカードの取り扱いの機械は、なんとVISAカードの、一社だけしか対応していない。

他の、アメリカンエキスプレスとか、JCBなどのカードでは、カードエラーとか、お取扱いできませんなどと表示されて使うことが出来ない。なんでこんなシステム使ってるんだうといつも思っているのだが。。

以前、管理職に聞いたところによると、他のカードは申請中でまだ使えないとか言っていたが、あれから三か月くらいになるのにまだ申請中なのか?

それで嫌な予感はしたが、相手が出してきたのがアメリカンエキスプレス。ダメと分かっていても一応機械に入れてみて

「すいません、カードエラーが出て使えないようでして。。」

というと、次に出してきたのがJCB。これもダメ。

「すいません。うちはVISAカードだけしか使えなくて。。」

と言うと、相手も怒り出し

「VISAしか使えん、とはなんじゃ、そりゃー! 商売なら全部のカードが使えるようにしとけいや!」

と言われたが、これはまったくその通りなので反論もできない。そのまま散々文句言われたが、ひたすらすいませんと言うしかない。

応対しているうちに相手の態度が多少軟化してきたので、
「すいませんが、現金はお持ちではないでしょうか?」
と聞いてみた。

「金は3000円しかないで。」

と言う。ここまでの料金は3970円。970円足りない。

「カードがダメいうんなら、3000円だけ払うから、明日、足りん分をここまで取りに来いーや。」

と言われたが、どうしようか。。基本的に金がない場合、警察を呼ぶように会社からは言われているが、この場合、カードに対応していない、こっちが悪いわけで。。

しかも明日、970円もらうためにこんな遠くまでわざわざ来るのも、すごく負担。そしてこの、いかにもヤクザみたいな人とまた会うのもすごく嫌なんですけど。

もう、3000円だけもらって足りない分は自分で払って、この件はこれで終了させるのが一番いいような気がする。

「お客さん、ご迷惑かけましたので、3000円でいいですから。どうもすいませんでした。」

と言って、何とか3000円だけもらって、相手が降りたとたん、速攻でその場を後にした。

はぁぁ、出費になったがしょうがない。明日から何とか「お釣りはいいよ」と言ってもらえるチップで穴埋めしていこう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ