何時間連続で起きていられるか

自分も睡眠時間は随分と短い方だと思います。勤務時間は毎日夜勤なので、昼に寝て夕方起きています。

13時30分に布団に入って、16時40分ごろ布団から出ます。

平日だと大体寝るのは3時間くらいです。ですが休みの日はかなり寝ます。だいたい10時間ぐらい寝ています。休みの日に寝溜めする感じです。

もっとも、平日睡眠時間が短いとはいっても毎日車の中で一時間半ぐらいは寝てますから、合計すると平日でも4時間以上は寝ていることになります。
これぐらいでしたら睡眠時間は若干短めではありますが、自分と同じくらいの人も多いと思います。

平日でしたら翌日は出勤ですので、昼に寝て夕方起きるという、 ある程度規則正しい生活をしているのですが、これが休みの日になると違ってきます。

普段でしたら昼の13時30分には寝るのですが、休みの日には昼間に寝ずに夜まで引っ張って起きています。普段は昼と夜が反対の生活をしていますが休みの日だけは昼に起きていて夜に寝るという普通の人の生活になるのです。

しかも休みの前日ですと一人でだらだらと7時間とか8時間とか飲んでしまいますので、寝るのが朝の4時とかになることもしょっちゅうです。

夕方の16時に起きて、次に出るのが翌々日の朝の4時ですから大体36時間ぐらい起きています。

早い時には2時頃になることがありますが、それでも34時間ぐらいは起きていることになりますね。

若い頃は24時間起きていただけで猛烈に眠たくなって、 時々意識が飛ぶようなこともありましたが、長年そういうことを続けていると結構慣れてきてあまり眠たくなくなります。

だいたい毎週のように休みの時には32時間から36時間は起きていて最高で42時間ぐらい起きていました。

慣れというものはすごいものだと思います。今ではその生活パターンでもたいして眠たくなりません。

ただ健康には良くないですね。それは自分でもよく分かります。ですが寝る時間が短いとそれだけ活動時間が増えていろんなことができるような感じがしてそれはそれでいいような気もするんですがね。
やっぱり十分寝た方が健康にはいいんでしょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ