寝たまま腰をマッサージしたり、ストレッチしたり出来る簡単な器具。

普段、生活していて、なんでもない動作で腰を痛めてしまうことがあります。イスに座ったまま落ちた物を拾おうとしたり、くしゃみをしたり、何気なく立ち上がったり、痛める要素がない時にいきなり痛くなってしまうことがあります。

もちろん腰痛の原因は、年令や人によって、また、その場によって様々な要因があって、一言では言えませんが、普段からの腰の疲労が蓄積していたことによって、ある動作がきっかけとなって腰痛を起こしてしまうこともあるのです。

自分が思っている以上に腰には毎日、相当負担がかかっているのかも知れません。
普段から腰が不安な人や酷使していると感じている人は日々のマッサージやストレッチが大切です。

以下は簡単に腰を伸ばしたりマッサージできたりする器具です。


▼ライフアッププロ

腰痛の予防や腰の疲れに効果を発揮します。テレビショッピングで有名なダイレクトテレショップが販売している腰のマッサージ機です。

腰のマッサージと言えば、うつ伏せになって揉んでもらったり、仰向けで腰の下をローラーが動いたり、といったイメージがありますが、このライフアッププロはちょっと変わった形状をしていて、仰向けに寝て、足を2本のバーに引っ掛ける形で使います。

この状態からバーが脚を引っ張り上げて、上下左右に動いたりして腰を伸ばすように引っ張ってくれるという、独特のマッサージ機です。

ライフアッププロは医療機器として認められており、その効果効能は

・疲労回復
・血行の促進
・筋肉の疲れを取る
・神経痛や筋肉痛の緩和

などです。

また、動きのスピードは3段階に調節が可能です。
・スローモード(遅い) ゆっくりと腰をストレッチします。
・スピードモード(速い) 腰周りを警戒にほぐしてくれます。
・リズムモード(自動) 様々な動きで筋肉をほぐしてくれます。

脚を乗せるバーの高さも6段階に調節可能ですから、身長に合った高さを調節できます。

ライフアッププロ MD-081


▼もまれる腰楽スリムクッション

背中やお尻の下に敷いて寝るだけで、背すじがストレッチされる指圧クッションです。
本体には14個の突起がついていて、この突起が腰や背中、骨盤周りの筋肉を刺激してくれます。美容整体師・波多野先生がプロデュースされた商品です。

突起の硬さは人間の指と同じように作られているので、まるで整体に行って、そこでマッサージしてもらっているかのような感覚です。

一日中立っている、あるいは座っている、運転しているといった、体が固まりやすい生活
している方、腰に疲れを感じている方などは、風呂上がりの寝る前などにやってみると、とても体がほぐれたように感じるでしょう。

電気を使わない器具ですから、充電やコンセントの心配もいりません。必要な時に好きな場所で使うことができます。

「もまれる腰楽スリムクッション」は、ストレッチ・押圧・指圧の3つの機能を兼ね備えた指圧クッションなのです。

本体は、ストレッチに最適な傾斜がつけられています。そしてマッサージの核となる突起は、左右にそれぞれ7個ずつ、合計14個ついています。

バストの裏、背中、腰、お尻と、敷く場所を変えて上に寝転がるだけで突起が体を刺激してくれます。

少し斜めに寝てみるなど、体重のかけ方を変えると、また違った、強い刺激を得ることもできます。使っている時にズレないように、底の部分には滑り止めもついています。

1日5分程度を目安に気になる部分に敷いて寝転ぶだけです。時間も場所も選びません。気持ち良くなってきてから布団に入りましょう。

もまれる腰楽スリムクッション




▼中川式ストレッチングベンチ

多くのプロスポーツ選手をコーチし、また腰痛の治療を行ってきた中川先生が考案し、開発したトレーニングマシンです。
腰痛や腰に不安がある方が、自宅でストレッチをするためのベンチです。

このストレッチングベンチは、ベンチ自体に角度がついている上に、更に、足を置く部分にも角度がついているという特殊な構造をしています。

初めてこのベンチに乗った人であれば、ここに座っただけでも、ある程度のストレッチ効果を得ることが出来ます。

毎日継続していけば、首筋から足首までの関節や筋肉を一気に伸ばすことが出来るようになるでしょう。

自宅でストレッチを正確に行うことを可能にしたものが「中川式ストレッチングベンチ」なのです。
歳とともに体の柔軟性は失われていきます。それが怪我や痛みにつながるケースは年ともに増えていきます。
「中川式ストレッチングベンチ」で、身体の柔軟性を保っていきましょう。

中川式ストレッチングベンチ



サブコンテンツ

このページの先頭へ