トレーニングマシンで、重量が足りない時にプレートを追加する器具

多くのトレーニングマシンはスタック式といって、マシンに備え付けられたプレートにピンを挿して重量を調節するのが一般的ですね。

自分や一般の人たちは、元々マシンの中に設定してある範囲の重量で十分過ぎるほどの重量があるのですが、やはり世の中にはすごい人たちもいまして、マシンについている重量では一番下の所にピンを挿しても全然足りないという人たちもいます。

そういった人たちのためにこういった器具があります。自分の行っているジムにある器具なのですが、これを初めて見た時に何をするものか分かりませんでした。こんな感じで床の上に置いてありました。

とある強い会員がこれを使っているのを見て、初めて使い道を知りました。

こんな感じでマシンのスタックの部分にくっつけます。

それでこの器具を使ってプレートを追加してマシンの最大重量よりも随分と重たい重量をセットすることができるのです。

会長と話している時に

「この器具ってマシンの付属品でついてるんですか。」

と聞いたところ、

「いやこれは知り合いの鉄工所の人に頼んで作ってもらったんよ。」

と言ってましたので、マシンを買ったらメーカーからおまけでついてくるものではなくて、鉄工所に頼んで特別に作ってもらったものらしいです。

以前この器具のことをSNSで書きましたら、他のジムの会長さんからもコメントがありまして、

「マシンにプレートを追加する道具はうちでも作ってもらっていて、こんな感じで使っています。」

と写真入りのコメントをもらったことがあります。

写真を見ましたがほとんどそっくりでした。同じような事を考える人はやはりいるんですね。

また、その器具とは別に、こういった器具もありました。

これをマシンのスタックの部分の穴に差し込んで

こういった形でプレートをつけます。これも重量を追加する器具で、どちらかといえばこちらの方が扱いやすい感じはします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ