休日出勤と長時間労働

自分の近所の会社で、多少この辺では名前の知られている会社が、「社員に休日をほとんど与えない」「休日出勤は普通」という状態だったのだが、ある時社員の内部告発で労働基準局の監査が入って、会社から大量の書類が押収され、それ以来社員の勤務体系が大幅に変わった会社がある。

また、自分が大昔いた会社(スーパー)では、休日は交代制になっていたのだが、ある部門では上司が部下をいびるような感じで、その部下(当時18歳)のコが、「明日は休み」という日になると、その上司が「明日はどうするんや!勉強するんか!」と、その部下に聞いてくる。

「明日は勉強するんか!」というのは「明日はお前は休みになっているが、仕事を覚えるために休日出勤してくるのか」という意味である。

聞かれるとやっぱり「はい・・勉強させていただきます」と答えざるを得ないから、当然そのコは休日出勤。
一年近くそういう状態が続いて、最後には過労で職務中に突然床の上に崩れ落ちて病院に運ばれ、親と労働組合が出てきてかなりの騒動になったことがある。

結局そのコは辞めてしまったが、何の仕事でも、生涯続けられる仕事であるかどうかというのは非常に重要な問題である。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ