Creatck靴乾燥機。オゾンで消毒、除菌、消臭もしてくれます。

自分は、会社に行く時は革靴ですが、それ以外の時はスニーカーを履いています。スニーカーは布地のようなものですから、雨に濡れると、もろに中まで水が入ってきます。

何年か前、大分県に一人で旅行に行ったことがあるのですが、その日にたまたま台風が来ていて直撃ではなかったものの大雨になり、ですがせっかく来たのだからと思い大雨の中、地獄めぐりしてまわりました。
当然、靴の中は水びたしでガッポガッポというような状態です。ホテルに帰ってからドライヤーで乾かしました。

ここまで水びたしにはならずとも、普段生活していたら靴の中まで濡れることは頻繁にあります。

ドライヤーで乾かすこともできますが、そうすると付きっきりで乾かさなくてはなりません。また、ちょっと濡れたぐらいだったらわざわざ乾かさなくても放っておけば乾くだろうと何もしないことも多いです。

そういう時に限って次の日には乾いておらず、履いた瞬間靴下が濡れて、「しまった」という気分になります。

遅い時間に帰って来た時には特に、ドライヤーで靴を乾かして・・などとやっているよりは、早く飲んで寝たいでしょう。

そういった時便利なのが

Creatck 靴乾燥機

です。

これに靴をかけてスイッチを入れると、42度の温風で靴を乾燥させます。靴の中を均一に加熱して、より効率的に乾かします。

また、オゾン生産機が内蔵されており、乾燥させると同時にオゾンの効果により消毒、除菌、消臭が出来ます。

タイマーがついていますので、動かしっぱなしで寝ても、セットした時間で電源は切れます。

靴をかけるアームの部分は伸縮性があり、27cmから35cmまで調節できます。靴以外にも、ブーツ、スリッパだけでなく、靴下や手袋、帽子などにも適用できます。折りたたみ式なので、使わない時には畳んで収納することが出来ます。

使い方も簡単で、アームに靴をひっかけて、オン・オフスイッチを押すと、20分間の乾燥が始まります。

Time+(時間プラス)ボタンを押すと、乾燥時間を5分間延長し、Time-(時間マイナス)ボタンを押すと、1分間短縮します。オン・オフスイッチもう一度押すと、オフになります。

予約機能を使うには、予約ボタンを押してセットします。予約セットはデフオルトで6時間です。Time +(時間プラス)ボタンを押すと、30分延長され、Time-(時間マイナス)ボタンを押すと、30分短縮されます。

干してスイッチを入れるだけの簡単設計で、家に帰ってからの貴重な時間を費やすことはありません。
濡れた靴に足を突っ込んだ時の、あの嫌な感覚から解放されるでしょう。

Creatck 靴乾燥機

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ