薬はコーヒーやジュース、酒などで飲まずに、水で飲むべき。

薬のビンや箱には「水またはお湯で服用のこと」と、だいたいこう書いてあります。コーヒーやジュース、酒などで飲んではいけないのでしょうか。

結論から言えば、やはり水かお湯で飲むのが理想だということです。
コーヒーやジュース、酒など、味のついている飲み物には、タンニン酸、アルコール、カルシウムなどが含まれていることが多く、これらが薬の成分と反応して、薬の作用を強めたり弱めたりするからです。

また、薬の中にはカフェインが含まれているものも多く、これをコーヒーやお茶など、カフェインを含む飲み物と一緒に飲むと、カフェインの摂り過ぎで頭が痛くなったりイライラしたり寝つかれなくなる人もいます。

薬と一緒に飲んでも何も問題もないジュース類もありますが、やはり水で飲むのが無難です。また、例外として、鎮痛剤は胃を荒らす作用が強いので、胃が弱い人は、副作用対策として牛乳で飲むのが良いとされています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ