2日連続で車内の小銭入れを盗まれる。

普通にお客さんを乗せて普通に到着した。

「870円になります。」

と言うと、お客さんが千円札を出したのでお釣りを渡そうとすると

「あれっ!?小銭入れがない!」

いつも助手席に置いているはずの小銭入れがなくなっていた。

「え?あれ?」などと言って探しているとお客さんが
「ああ、お釣りはいいよ。」
と言ってくれたので何とかその場はそれで済んだ。

その後、足元や座席の下など徹底的に探したが見つからない。
さっきまで使っていた。そして自分が外に持って降りることはない、車内には確かにない。もう、盗られたとしか考えられない。

だが確証はない。もし盗られたとしたら、自分が車から降りている時だろう。カギをかけずに車から離れることが多いので。

乗せたお客が後ろから手を伸ばして盗ったのだったらさすがにその時に気がつく。

今日、この時点までで車から降りたのは2回。1回は薬局に眠け覚ましを買いに行った時、もう1回は川沿いにあるトイレに行った時だ。

小銭入れは丸ごとなくなったが、小銭はカバンのポケットにも結構入れてあったのでその日は何とかそれでしのいだ。

釈然(しゃくぜん)としないながらも、この日は終了。

小銭入れの予備は同じものが家にあったので、翌日はそれに小銭を入れて持って行った。

そして23時ごろ、また川沿いのトイレに来た。

昨日のことがあるので、車から降りる前に助手席にある小銭入れを見て

「小銭入れはここにあるね!間違いないね!」

と指差し確認をしてから車から降りた。トイレに入っていると、壁の向こうから「バタン!」
という、いかにも車のドアを閉めたような音が聞こえてきた。

これは現場のトイレだが、壁に空間が空いているので外の音がよく聞こえるのだ。

その音を聞いた瞬間

「あっ、今盗られたんじゃないか!?」

と悟り、急いで車に戻ってみるとやっぱりない。直前に指差し確認した場所に、すでに小銭入れはなかった。

やっぱり昨日、盗られたという推測は正しかったのだ。場所は薬局ではなく、このトイレだった。

昨日と同様、車にカギをかけずに降りてしまったために2日連続で盗られてしまった。

あのケースは小銭を一杯に入れて大体5000円くらい入る。1日のスタートの時には一杯にしているが、あの時点では何回か、お客さんとお金のやり取りをしているので小銭は少し減っているのであの時入っていた額は4000円くらいだろう。それが2日連続やられたから、被害総額は8000円くらい。

2日連続とは超大まぬけ。

会社に帰って一応、管理職にこの事を報告すると

「ああ、あんたもかね。あそこのトイレで小銭入れを盗られたと言うてきた人が他に3人おるよ。」

と言われた。

では常習犯ではないか。おそらくトイレの近くに隠れていて、運転手がトイレに入ったのを確認してからタクシーのドアを開け、小銭入れを奪ってすぐに逃げているのだろう。

このトイレは飲み屋街に非常に近い。そのせいもあって、このトイレはタクシー運転手が入れ替わり立ち代わり使っている。犯人はそのことを知っており、完全にタクシーの釣り銭のみを狙っているようだ。

お札には手をつけない。多分、お札の入っている場所を探していたら手間取るからだ。

会社が、被害に遭った乗務員全員の車内のカメラを確認してくれたが、どれも犯人のかぶっていた白い帽子しか写ってない。

盗難事件が起こっているとの張り紙が会社に貼られた。

他の乗務員が警察に言ったようで、会社に警察が来て、自分も含めてそれぞれの乗務員に色々と話を聞いて行った。

それから1か月くらい経った時、警察から携帯に電話があり、犯人が捕まったという。

逮捕に大きく貢献したのは同じ会社の乗務員だった。彼もまた小銭入れを盗られた被害者の一人でもある。

彼がまだ盗難にあう前、問題のトイレに行くと、そこにたびたび不審な軽自動車が停まっていたという。

いつも同じ場所で同じ車なのでナンバーも覚えたらしい。

そして彼が小銭入れを盗られた時もその軽自動車はいた。トイレから出るとその車はいなくなっていた。

だからおそらくその車が犯人だろうとの考えはあった。

そして当分出会わなかったが、彼がこのトイレに来た時、久しぶりにこの車が停まっていた。

すぐに警察に電話して担当の人につないでもらい、今あの不審車がいることを伝えて相手に気づかれないように警察に来てもらった。

「私がオトリになってトイレに入りますから、その時、相手がタクシーの中の物を盗ったら捕まえて下さい。」

と打ち合せをして彼がトイレの前にタクシーを停め、カギをかけないで降りると途端に軽自動車の中から男が現れ、タクシーの運転席のドアを開けたので近くに隠れていた警察が一斉に駆け寄り現行犯逮捕となった。

警察の話によると、他のタクシー会社の人間も含めて被害者は10人くらいいるらしい。

いつも小銭入れをだけを盗って中身だけを抜き、外のケースは横の川に捨てていた。
この写真のように、右がトイレ、左側が川になっている。

この後、警察が川を捜索して空の小銭入れのケースをいくつか発見した。

警察の人から自分の携帯に「小銭入れを3つほど発見したので、自分の物かどうか確認してくれませんか。」という電話があり、警察の人が小銭入れをいくつか持って、わざわざ家まで訪ねて来てくれた。

そのうちの一つは、自分の物だった。自分は、いつもダイソーで同じものをいくつも買っていて、適当に古くなったら新品と交換していたので、家にある新品と比べてみたら、まず自分の物に間違いない感じだった。

それから調書を作りたいというので、警察には日を変えて2回ほど出向いた。

犯人は捕まったが、もちろん金は返ってこない。自分は大体、カギもかけずに車から離れることがほとんどなのだが、この一件以来、車から離れる時にはカギをかけるようになった。

だが、犯人が捕まって以来、再びカギをかけない習慣に戻ってしまった。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ