普通、タクシーにこんな用事を頼むだろうか。

店の往復で、いつも携帯で読んでくれるママさんから電話があった。いつもの迎えだろうと思ってアパートの下まで行って「到着しました。」の電話をすると
「ちょっと玄関まで来てくれる?用事があるんよ。」と言われた。

玄関に行ってピンポンを押すとママさんが両手に荷物を持って出てきた。レンタルビデオの袋だった。

「返す期限が今日までなんよ。これ返しに行って来てくれる?
はい、これタクシー代。」
そう言って1000円もらった。

まあ、千円くれるんなら、と引き受けて返しに行ってきた。


このママさん以外にも、自分に直接電話をかけてくるママさんから電話があり、迎えに行ったら

「これポストに入れてきて。」

と手紙と1000円をもらったこともある。

「もう、風呂に入ったから外に出るのが面倒くさくって」という理由らしい。

それから物を運ぶと言えば、知り合いのママさんから

「友達が今日、隣の隣の市で店をオープンさせるから、お祝いの花束を持って行ってくれる?」

と、花束と3000円を受け取ってその店に届けたこともある。店に向かっている最中は、一応メーターを入れて3000円になったところで切った。


また、別の飲み屋の女の子を出勤の時に家に迎えに行ったら

「今日は店につく前にコンビニに寄って。」

と言うのでコンビニまで行ったことがある。その子がコンビニから出てくると

「電気代払いに来たけど、受けつけてもらえなかった~。支払い期限が昨日までだったんよぉ。

期限過ぎたらコンビニでは受けつけられないんだって。直接電力会社へ払いに行かないといけなくなった~。」と言う。

「あ・・そうなんですか。じゃ明日ですね。」

「ねえねえ、電力会社って、夜は支払い出来ないんかな?」
「いや、夜間窓口がありますから、夜でも大丈夫じゃないんですか?」

「じゃ、悪いけど私の代わりに払いに行ってくれる? お金渡すから。私、これから仕事なんよ。」

「はい・・? はぁ・・いいですよ。」
そう言ってタクシー料金以外に、電気代2613円のところを2650円くれた。

「お釣りはとっといて! コーヒーでも飲んでね!」

と言われたが、お釣りは37円。これじゃコーヒーは買えないだろう。。


馴染みの、ある会社の社長に呼ばれて自宅へ迎えに行った。今日は20歳年下の彼女とデートらしい。

繁華街の居酒屋まで送って行ってそこで降りた。すると10分後くらいに、またその社長から携帯に電話があり、さっきワシが降りた居酒屋まで来て欲しいとのこと。

すぐに居酒屋に到着すると、社長が出て来て
「悪いけど、ワシの家まで行って、冷蔵庫のカラシメンタイコを取ってきてくれんか。分からなかったら電話してくれ。はい、これアパートのカギ。」
と言ってカギを渡された。

この社長は住む所を三つ持っていて、一戸立ての実家と、奥さんがいるマンション、仕事専用で使っているアパートの三つである。自分はよく呼んでもらってるので全部の家を把握している。指示されたのはこのうちのアパートであった。

「これ、往復分の料金。これでいいかな?」と言って3000円ほどもらった。

15分くらい走ってアパートには着いた。預かったカギで部屋の中に入ると、冷蔵庫はすぐに見つかった。冷蔵庫を開けると中には「博多みやげ」と書かれた箱が置いてある。シールを見ると、これが問題のカラシメンタイコだった。

すぐに電話して「今、アパート内ですが、カラシメンタイコを発見しました。これからそちらに伺います。」と伝えてから出発した。

たかがカラシメンタイコではあるが、多分「今度博多に行くから、みやげにカラシメンタイコを買って来るよ」とか何とか約束していたんだろう。その肝心のみやげを忘れて行くとは致命的なミスである。

メンタイコが到着すると「いや~、ありがとう、ありがとう!」とえらく喜んでいた。やはり重要なものだったのだ。

物はともかく、それぞれの人にとって何が重要なのかは分からないものである。


とある男のお客で、この人もよく携帯で自分を呼んでくれる人なのだが、その人から電話があり

「今、空いてる?」

と言うので

「はい、空車です。今どこにいらっしゃるんですか?」

と聞くと

「いやいや、今日は乗る用事じゃない。今日は一杯だけビールを飲んで、結構時間も経ったし、多分絶対大丈夫だろうとは思うんだが、これから車で帰ろうと思う。

それであんた、俺の会社知ってるだろ。今から俺の会社の前まで行って、そこから俺の家まで走って、警察が検問してないかどうか確認して欲しいんよ。

俺は今会社の中にいるから、あんたから検問してなかったという電話があったら出発するから。」

と言われて道順も詳しく指定された。

言われたものはしょうがない。空車でその人の会社の前に行き、その人の家の前まで走って警察がいないことを確認した後、その人に電話した。

「警察はいませんでしたよ。」

というと、「よっしゃ分かった、ありがとう!」

と言われ・・何の報酬もなかった。別にいいけど。
これって犯罪ほう助にならないんだろうか。


それから時々電話してくるお客の、20歳くらいの女の子。

電話があったので家に迎えに行くのかと思ったら

「お腹が減ったから弁当とお茶を買って来て。」

と言う。

「今、友達が家に来てるから二人分ね。家まで持って来て。」

「は?何で弁当届けにゃいかんの?」

と言うと

「いーじゃん、それくらい!普段タクシーで呼んでるんだからそれくらいしてくれたって!」

と怒鳴るので

「じゃ、弁当代と手間賃はもらいますよ。」

と言うと

「それくらいサービスしてくれたっていいじゃん!弁当代くらい、おごってよ!」

とギャーギャー騒ぐので結局負けて自分の金で弁当とお茶の二人分を買ってしまった。

コンビニのレジで店員に

「温めますか?」

と聞かれ

「お願いします。」

と、つい言ってしまったのも屈辱だった。

結局駄賃をもらうどころか全部自腹の赤字。男ってのは、こういうのは断れないものなんですかね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ