子供の頃から太っていると、大人になってからも痩せにくい

体型に直接影響を及ぼすのは、もちろん筋肉と脂肪の量です。脂肪とは、脂肪細胞のことを言います。

脂肪細胞は「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の二つの種類があります。

・白色脂肪細胞は、中に中性脂肪を貯蔵してエネルギー貯蔵庫の役割を果たします。
・褐色脂肪細胞は、体温を保つ役割をしています。

太る原因は白色脂肪細胞の方です。これが増えると、太ったとか肥満とかいうことになります。
白色脂肪細胞は、成人で約250億から300億個あります。

白色脂肪細胞の一つ一つには脂肪球と呼ばれる直径約100μmから120μmの白い粒子が入っています。この脂肪球が中性脂肪です。


そして、脂肪の付き方という観点から見ると肥満は二つのタイプに分けられます。

脂肪細胞の数が増えているタイプと脂肪細胞の数は正常な人と変わらないのに一つ一つのサイズが大きいタイプです。

脂肪細胞の数が増えている肥満は 過形成性肥満と呼ばれます。子供に多いタイプです。
脂肪細胞のサイズが大きい肥満は肥大性肥満と呼ばれます。大人に多いタイプです。

脂肪細胞のサイズが大きいということは脂肪細胞のひとつひとつに中性脂肪が入っているからなのですがサイズが大きくなるといっても限界があります。
ですからこのタイプの肥大性肥満で肥満度プラス50%を超えることはめったにありません。

ダイエットを行って中性脂肪を燃焼すれば、これまで膨(ふく)らんでいた脂肪細胞はしぼみます。つまり痩せるということです。

ですが中性脂肪は燃焼しても、その入れ物であった脂肪細胞の数は変わりません。脂肪細胞の数は変わらないといっても、中性脂肪を燃焼すれば随分と痩せることができます。

子供の頃から太っていた人は、ほとんどが過形成性肥満の人で、これは脂肪細胞の数が多いタイプですから、このまま大人になったとしても、ダイエットをして体重を落とすのは難しくなります。

脂肪細胞が抱え込んでいる中性脂肪は燃焼させることができますが、脂肪細胞そのものは一旦ついたものは数が減ることがないからです。
ですから子供の頃に多くの脂肪細胞が付いてしまったので、大人になってからも痩せにくいのです。

また、脂肪細胞の数が多いまま成長し、その後さらに一つ一つの脂肪細胞のサイズも大きくなるという、連合性肥満というタイプもあります。

極めて高度な肥満体になり、最も治療が難しいタイプの肥満体です。成人で肥満度70%を超える人はほとんどがこのタイプです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ