こういう人は韓国が好きと言うかも。

2019年11月29(金)の読売新聞オンラインに

「怒る韓国人」「気にしない日本女性」…韓国訪問の日本人、過去最高に迫る水準

という記事が掲載された。

韓国から日本に来る旅行客は65%も減ったが、日本から韓国行く旅行者は逆に約20%も増えているらしい。

韓国に旅行に来た日本人にインタビューしてみると、
「航空券が安く、韓国に来るなら今がチャンス」
「政治は気にならない。買い物が楽しみ」
「何回も来ているが、化粧品は安いし、料理もおいしい」

と答えていた。

現在史上最悪と言われる日本と韓国との関係。韓国側は嫌がらせを繰り返し、Yahoo!ニュースでも韓国関係のニュースが掲載されない日は無い。

Yahoo!ニュースの韓国関連ニュースにつけられたコメントを見ると、多いニュースには7000件や8000件もコメントが付いており、そのほとんどが韓国に敵対する内容である。

Yahoo!ニュースのコメントばかりを毎日読んでいると、日本人の100%が韓国を嫌いなのではないかという気にさえなってくる。

だが実際には日本から韓国に旅行に行く人達はどんどん増えている。この1年間で日本と韓国との間にどういったことがあったのか全く知らないとか気にならないとかそういった人達かも知れない。

自分のことになるが、タクシーに乗ってきたお客と韓国関係の話になることもある。

先日も、家に帰ったらYouTubeをよく見てますという話をしていたら、相手の客が

「どんな動画見てんだ。」

と聞いてきた。

「韓国関係の動画とかよく見ますね。」と言うと、

「韓国がどうしたってんだ?何かあったのか、韓国で?」

と聞いてきた。

また、別の客との会話でこれと全く同じようにYouTubeで韓国関係の動画をよく見るという話をしたら

「韓国の動画って何? 韓流ドラマ?」

と聞いてきたので

「いや、今、日本と韓国って仲悪いじゃないですか。それに関する動画を色んな人がアップしてるでしょう。」

と言うと

「あ、そうなの? 仲悪いの?」

と聞いてきた。

この人たちは日本と韓国との関係を全く知らないような感じだった。

また、会社の同僚とも韓国の話になったことがあったが、その時に、

「政治だけじゃなくって、軍でも揉めましたよね。」

と、自分が言うと

「あー・・なんかロックオンしたんでしょー。」

と彼は言っていたが、韓国海軍のレーダー照射事件は2018年(平成30年)12月20日。

この会話をしたのは2019年6月ぐらいだった。

このレーダー照射の事件以降、韓国側の主張が二転三転してそこを突っ込まれたり、北朝鮮との瀬取りではないかという説が出たり、両方の国が動画を作ってyoutubeにアップしたり、レーダー照射の一件はこの後色んな展開になったが、あれから半年ぐらい経っても彼の中では

「レーダー照射をした」という時点でニュースが止まってるみたいだった。

そしてまた別の客であるが、日本と韓国って仲悪いでしょうという会話になった時、相手が言うには、

「まぁ、韓国が反日といっても、それは一部の年寄りが言っているだけであって、韓国の大部分の人は日本が好きなんだろう。」

と言っていた。何かこの人もほとんどニュース見てないような人だった。

自分の周りだけなのか、それともこのあたりが地方だからたまたまこういう人が結構いるのかは分からないが、yahoo!ニュースやそのコメントを見ている人は日本全体で言えば一部だけなのかも知れない。

ニュースにほとんど興味がない、見てもテレビで少し見るだけ、ネットではニュースも見ない、もちろんコメントも読まない、映像見るのはバラエティーとかスポーツとか映画とかそういうのだけ。そういう人は思ったより多いような気がする。

現在の日本と韓国の関係をほとんど知らない人にとっては、韓国といえば、K-popとか韓流ドラマとかおしゃれとかそういう印象しかない。だからそういう人はやっぱり韓国が好き。

これからどれだけ時代が進もうが、日韓関係がもっと悪化しようが、そういったことに全く興味のない人もいつの時代にも一定数存在する。だから今後も韓国の好きな日本人はいるだろうし、また韓国側にとっても日本が好きな韓国人もいる。
果たして国民の大半がお互い友好的に付き合えるような日は来るのだろうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ