格闘技を社会人になって続けるのは難しいかも知れない

仕事が終わってから空手の道場に通ってる人がいまして、以前からたまに怪我をして仕事を休む時があったらしいのですが、ある時、練習中にヒザの皿にヒビを入れて入院してしまいました。

入院とリハビリで結局二ヶ月ほど会社を休んだのですが、久々に出勤すると上司に呼ばれて、

「怪我で休みが多いとこちらとしても困るしね。」「上の方から人を減らすように言われてて・・。」

といった感じで、クビではないのですが、会社を辞めるように勧められてしまったらしいです。

その人も「あぁ・・、そういう風に思われてるんだったらもういいか。」
と思い、結局退職してしまいました。

好きでやってることですが、それで仕事に支障が生じると、今の世の中、それがリストラの理由になることもあるんですね。

学生から社会人になると「怪我が怖いから」という理由で格闘技をやめてしまう人が多いのも、実際こういうことがあればうなずけるような気がします。なんか切ない話です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ