火事場の馬鹿力でどれぐらいの力が出せるのか

火事場の馬鹿力とは、火事などの緊急事態に陥(おちい)った時、自分でも考えられないようなとてつもない力を出して、重いものを運んだりすることができるようになるという例えです。

ただこの言葉は単なる例え話ではなく、実際に寝たきりだった人が自分の足で歩いて非難したり、相当に重い金庫を家の外に持ち出すことが出来たといった事例もありました。

人間の筋肉というのは筋線維(きんせんい)という、太さ20から100ミクロン、長さが3cmから10cmほどの細長い細胞で構成されています。この筋線維(きんせんい)は、身体全体でおよそ60億あると言われています。この筋線維が脳から命令伝達によって収縮し、力を発揮するのです。

ですがこの筋繊維は、普通はいくら全力を出しても限界のおよそ半分程度しか力を出すことができません。半分程度しか筋力が使えないのは、人間に元々備わっている、体を保護するシステムなのです。

このシステムがなくて、しょっちゅう筋力の限界まで力を出していては、筋肉も関節もすぐに間に破壊されてしまいます。

ですが火事などの生きるか死ぬかといった緊急事態が発生した場合リミッターが外れて、持っている力の限界近くまで力を発揮することができます。これが火事場の馬鹿力です。

普段半分で抑えられているところを限界近くまで出せるのですから、大体2倍ぐらいの力が出せると言えます。ですが2倍の力を発揮するとか大きな荷物を運ぶとかいったことは火事場の馬鹿力の中でも特殊な例です。

ここまでのレベルではなくてもスポーツの世界では時々火事場の馬鹿力的なことが起こっています。

陸上や水泳などのタイムを競う競技、あるいはウエイトリフティングなどのように重い重量を上げる競技などで、練習の時には到達できなかった記録を本番の大会で出す選手がいますが、こういった事例などがリミッターが外れて自分の限界を超えた瞬間です。

自分の能力以上の力を出すために有効なのは大声を出すことと、自己暗示をかけることです。
ポイントとなる瞬間大声を出すことにより脳が興奮し、その瞬間にこれまで使っていなかった筋肉も動員され、自分の限界をわずかに超えることができると言われています。

また競技前に絶対に上がる・絶対にできる・絶対に勝つといった強い自己暗示をかけることにより心理的なブレーキが外れて、これまでの自分の限界を超えることができるそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ