「いつか払いますから」と言われてもアテにならないので。

明け方の飲み屋街で車を停めていると、ドアをノックされた。すぐにドアを開けると、そこには10代くらいのヤンキーみたいな男の子が立っていた。
「はい、どうぞ。」と言うと、

「あのー、すいません・・。僕、お金持ってないんですが、明日かあさってには・・いや、いつか払いますから、今日は無料で行ってもらえませんか? 場所は○○通りのヤマサキショップの辺りなんですが・・。」

と言われた。

「お金がないって、全然ないの? 全然ないとちょっとねぇ・・。あの辺りだったら確か1120円くらいだと思うけど、1000円くらいない?」

と聞き返すと、

「ちょっと友達に聞いてきます。」

と言って友達らしき男のところへ聞きに行っていた。

1000円借りて戻って来るのかと思っていたが、こっちへは来ないで、今度は自分の後ろに停まっている車に近づいて行った。どうやら友達も1000円持っていなかったみたいだ。

しばらく後ろの車の運転手と話していたが、交渉決裂したらしく、その車からも去って行った。そして今度は更に後ろの車と交渉し始めた。だがこれもダメ。

今度は道路を渡って反対側に停めている車に話しかけていた。これもダメだったみたいだ。

その後、友達と2人でどこかへ歩いて行っていたが、多分そのまま歩いて帰ったんだろう。1円もなくなるまで遊ぶなってーの。多分あの辺りなら、歩いて1時間というところだろう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ