iphoneのアップルウォッチシリーズ5が新登場。

iphoneのスマートウォッチであるアップルウォッチに、シリーズ5が新しく登場しました。

シリーズ4から5になって今回一番変わった点は、画面が常時点灯しているということです。

これまでのアップルウオッチも、また他のスマートウォッチもバッテリーの節約のためにほとんどが画面が消灯しており、腕を傾けるなどの何らかのアクションを行った場合に画面が点灯するような設計になっています。

ですがちょっと腕を動かせばいいだけなのにこれが結構負担です。ちょっとイライラする時もあります。

ジムのロードランナーなどで走っている人や、自転車に乗っている人などでしたら一瞬でデータを見たい時もあるでしょう。そんな時にはやはり常時点灯していて欲しいものです。その機能がシリーズ5によって実現しました。

常時点灯といっても、メールの通知などを非表示にする機能もありますのでプライバシーを保つことも出来ます。。

外観はシリーズ4とほとんど変わりませんが、内部のストレージが倍になっています。シリーズ4では16Gでしたがシリーズ5では32Gに増えました。これまでよりもアプリを活用出来る幅が広がりました。

そしてコンパスの機能が新しく搭載されています。いわゆる方位磁石です。この機能では方位だけではなくそこの傾斜や経度緯度、高度も表示させることができます。

気になるバッテリーの耐久時間ですが、18時間となってはいるものの、これは使い方次第で大きく変わってくるようです。時計とメールの通知機能だけしか使わないようであれば18時間以上持つようですし、睡眠中も睡眠の質を計測するアプリを使ったりフィットネス機能や通話などを頻繁に利用していると10時間ちょっとしか持たないらしいです。
自分のライフスタイルによって充電の回数もずいぶんと変わってくるようです。

もちろん従来の機能であるフィットネス機能も充実。 +心拍数が通常よりも高すぎたり低すぎたりしたら通知が来ます。また、女性用に周期記録アプリがあり、女性の月経周期に関する情報も記録することができます。

また、自分が一番重宝している機能が着信表示です。どのスマートウォッチにも出ますがシリーズ5ではこんな感じで表示されます。(公式ページから)

Suicaで電車に乗る時や買い物する時に便利なのがApple Payです。シリーズ5で一瞬で安全に支払うことができます。

そしてAppleのサービスであるApple Musicにも対応しており、ストリーミングで5,000万曲以上を聞き放題です。

用意されている時計の文字盤の種類は100種類以上。あなただけのオリジナルな時計が出来上がります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ