ホテルに連れ込まれるんじゃないかと勘違いする女の子

飲屋街で、スーツを着た男2人と若い女子社員の、3人組を乗せた。助手席に男子社員が、後ろの座席に男子社員と女子社員が座った。

女子社員はかなり酔っている様子。もちろんこの男子社員2人が、一番最初にこの女の子を送っていくようだ。

行き先を言われたので発進し、何とか道案内してもらって女の子の家の前には着いた。

女の子は一人では降りられない状態だった。男子社員がいったん車の外に出て

「着きましたよ。」

と言って、手を引っ張ってタクシーから降ろそうとすると、突然その女の子が暴れ出した。

「イヤよ!酔ってたって、その気なんかないわよ!離してよ!私をどうする気よ!」

と叫び始めた。ホテルへ連れ込まれると勘違いしてるみたいだ。

「やめてよ!放してよ!あんたなんかとやるわけないでしょ!私をどこへ連れ込む気よ!」

「どこへって、ここ、アンタの家でしょ。」

と男子社員が言うと、はっと気がつき

「すいません、間違えました。」

と言ってふらふらしながら降りていった。

女の子が降りて、再び車に戻ってきた男は特に何も言わなかったが、親切でやったことなのに

「あんたなんかとやるわけないでしょ!」

と言われて結構傷ついたのではないかと思う。もちろんこっちもそんなことは話題にせず、黙って運転してさっきのことには触れないでおいた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ