他の患者の人も大変

何日か前のことですが、「別の方で、ナースステーションの近くの部屋に入っていただきたい方がいるので、すいませんが部屋を変わっていただけませんか?」と看護婦さんに言われ、ちょっと離れたところに部屋を変わることになりました。
ナースステーションの近くの部屋は症状の重い人が入るようです。
次の部屋もまた4人部屋です。

前の部屋では、すぐ隣の人は寝たきりのような人で、21:30ごろに消灯になって朝の6時ごろまでの一晩の間に、看護婦さんが3回くらいおむつを変えに来ていました。看護婦さんはいつも二人組で来て、手慣れたものでスピーディに変えて去っていきます。

また、その人とは別の人のことでもう退院した人なのですが、自分の斜め向かいのベッドにいた人は頻尿の人でした。

一日に看護婦さんが4回ほど巡回にきてそれぞれの患者さんの体温や血圧を測ったりするのですが、その時にいつもおしっこと便の回数を聞いてきます。

それで、ある夜の巡回の時の会話で言っていましたが

「あれからおしっこは何回行きました?」
看護婦さんにと聞くと

「12回。」

とその人が答えてました。

「ということは今日は朝からのおしっこの合計は29回ということですか?」
「まあ、そんなもんだろ。」

と言ってました。この人はトイレはベッドの横でバケツかしびんにしているようで、たびたびトイレに行っている人ではありませんでした。

それから先ほどから、自分も向かいのベッドの人が突然下痢になったようで、さっきから頻繁に部屋の入り口にあるトイレに行っています。

トイレから帰ってきても5分か10分経つと再びトイレへ。
その状態で二時間くらい過ぎており、20回くらいは行っているようです。もっとも、自分も一日で28回という時がありましたが。。
ですから苦しいのもよく分かります。やはり病院だけあって、苦しんでいる人が多いです。

この人に気を使って部屋のトイレは使わないようにして、自分は廊下にあるトイレまで行ってます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ