虫歯を防ぐ正しい歯磨きの方法。

▼虫歯にならないための歯磨きで気を付けておきたいポイントは。

自分自身も虫歯になって、えらい激痛に苦しんだことが、これまでの人生で何回もあります。

歯医者さんに行って自分の歯を見させてもらいましたが、前歯だけでも根本がドス黒く変色しているところが何か所もあり、びっくりしたことがあります。

普段の歯磨きって本当に重要ですね。歯磨きは、ちゃんとやってたんですが、適当に磨いていてはダメということが良く分かりました。

ということで、本やネットで「虫歯にならないための歯磨き」を調べてみました。

▼寝る前は特に念入りに
虫歯とは、虫歯菌が「酸」を作り出し、その酸が歯を溶かしてしまう状態のことで、これが虫歯に発展していきます。

この「酸」に対抗してくれているのが、我々の口の中にある唾液です。唾液は酸を中和してくれます。

ですが睡眠中は唾液の量が減ってくるため、虫歯は寝ている間に進行するのです。そのため、寝る前は、一日の中でも一番しっかりと磨いておく必要があるのです。

▼歯を磨くタイミングは食後すぐに
虫歯菌は、歯についた食べ物のカスをエサにして増殖しますので、なるべくすぐに磨いた方が虫歯菌の増殖を防ぐことになります。

ほとんどの人がやっているタイミングで、これは正しいタイミングです。ですが「食後30分がベスト」という説もあります。

これは、唾液が、虫歯菌の出した酸を中和するのに30分くらいかかるからという根拠に基づいており、この説も間違いではありません。

ですが、歯に特に問題のない人でしたら、そこまで気にすることはなく、食後すぐのタイミングで習慣化しておいていいそうです。

▼歯磨きの時間は15分
15分はかなりの時間になりますが、それぞれの箇所を10回から20回くらい磨き、さらにデンタルフロス(歯と歯の隙間を磨く糸状の道具)で、食べ物のかすなどを取って磨いていると、それくらいはかかるそうです。

デンタルフロスは面倒かも知れませんが、歯と歯の間を磨くためにはとても重要なものです。

▼歯ブラシは極力直角に当てる
虫歯に徹底して気を付けている人や、歯医者さん自身は、漠然(ばくぜん)と歯ブラシを口の中に突っ込んでいるのではなく、磨く歯に合わせて歯ブラシの角度を変えて磨いています。
それぞれ直角を意識して歯ブラシを当てましょう。

▼歯磨き粉は1cmから2cm
歯磨き粉の、多過ぎず少な過ぎずの量は、歯ブラシの上に乗る量くらいの量で、多ければ良いというものではありません。

誰でも、虫歯や歯周病にはなりたくありませんし、口臭も出したくありません。また、歯も白くしていたいですね。

日常のこととして、当たり前のようにやっている歯磨きですが、ただやっているだけではあまり効果はなく、磨くということを意識して歯磨きを行うことが大切です。

そして良い歯磨き粉を使うこと。

ところで「塩歯磨き」って聞いたことありますか?名前の通り、塩の入った歯磨き粉です。いくつも製品化されています。

塩には、歯の炎症を抑える効果があり、口臭を抑える効果もあります。

また、歯茎を引き締めるという働きもあるため、歯磨きの原料の一つとして採用されているのです。

ただ、塩が歯磨きにいいからといって、「塩そのもの」を直接つけて歯を磨いてしまうと、塩の結晶で歯茎や歯を傷つけてしまったり、塩分を過剰に吸収してしまうこともあるために、塩の効果を期待するのなら、きちんと製品化されたものを選ぶべきです。

特に女性であれば、口臭には非常に気をつかうところです。一度試してみてはいかがでしょうか。

虫歯を予防したい、口臭と歯垢の対策をしたい、歯を白くしたい人には「塩歯磨き」がお勧めです。

amazonの塩はみがき

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ