Gmailで迷惑メールを報告する、または迷惑メールに入らないようにするには。

迷惑メールとは、勝手に送られてくる宣伝のメールであったり、見てもいないアダルトサイトの料金の請求であったり、「あなたのパソコンをハッキングしてパソコンのカメラを操作し、あなたの恥ずかしい場面を動画で撮影しましたのでいくらで買ってください」とか、そういう脅迫のようなメールも含めて、とにかく相手に不快感を与えたり売り込みをしたり詐欺であったり金銭を要求したりするようなメールのことを言います。

Gmail には、迷惑メールを自動で振り分ける機能が付いており、迷惑メールと判断されたメールは「迷惑メール」というカテゴリーの中に入り、受信トレイには表示されないようになっています。

Gmail を使っている人には、迷惑メールを報告するという機能もあり、また、「このメールは迷惑メールではない」と設定できる機能もあり、様々な情報によって Google が学習し、迷惑メールを振り分けています。ですからかなりの精度で迷惑メールを検出してくれます。

自分の所にも楽天や Amazon、あるいは全国的に有名な規模の会社から身に覚えのないような偽物のメールが来ることがありますが、それらも迷惑メールの中に自動的に分類されています。
一目見て本物からのメールだと思えるほどのそっくりのメールでも迷惑メールの中に分類されています。どうやって検出しているのか謎ではありますが、すごい精度です。

個人個人の迷惑メールとしての申請は大事であり、それによって Gmail の振り分け機能がますます強化されていきます。

ですがもちろん100%完全というわけではありません。迷惑メールが受信トレイの中に入ってくることもたまにはありますし、その逆に必要なメールでも迷惑メールに分類されてしまうこともあります。

迷惑メールのカテゴリーは最初から入っていますので、ここに分類されたメールは見ない人が多いかもしれませんが、ごくたまに必要なメールがここに入ることもありますので、時には迷惑メールをチェックしましょう。

自分も何年か前ですが、ホームページやブログの感想を送ってくれた好意的なメールが迷惑メールに分類されて発見が相当遅れ、焦って返事を返したことがあります。

ちゃんとした人からのメールだったのですが、メールのやり取りをしたことのない人でしたから迷惑メールに分類されたのです。

▼受信トレイに入ってきた迷惑メールを「迷惑メールフォルダ」に移動するには。

受信トレイをクリックして表示させます。

迷惑メールに移動させたいメールをクリックして選択し、上のアイコンで迷惑メールを報告をクリックします。

そのメールが受信トレイから消えて迷惑メールのカテゴリーに移動します。迷惑メールに移動したメールは30日後に自動的に削除されます。

すぐに削除したい場合にはメールをクリックしてオンにし、完全に削除をクリックします。

▼特定のメールを迷惑メールに入らないようにするには。

Gmail の迷惑メール振り分け機能はかなり優秀と言っても100%完全ではありません。時には迷惑メールに入ってはいけないメールが迷惑メールのカテゴリーに入ってしまう場合もあります。こういった場合は手順を踏んで迷惑メールに入らないようにします。
迷惑メールのカテゴリーは放置するのではなく、時々チェックすることが大事です。

左のカテゴリーで迷惑メールをクリックします。迷惑メールに自動的に分類されたメールが表示されます。

迷惑メールではないメールがここに入っていた場合、そのメールのチェックボックスをオンにして上のメニューの「迷惑メールではない」をクリックします。

迷惑メールが解除され、受信トレイの中に入ります 。

また迷惑メールではないの処理をしても次にも同じように迷惑メールの中に入ってしまう場合はフィルタを作成して、メールアドレスを指定し、処理のところで迷惑メールにしないを指定します。

Gmail・ラベルを作成してメールを自動で振り分ける方法。

サブコンテンツ

このページの先頭へ