amazonの人気商品・EMS 腹筋ベルト 腹筋パッド。

ベルト式で巻き付ける方式ではなく貼る方式だから、お腹だけではなく、顔・二の腕・お尻・太ももなど、全身どこでも使えます。 面倒な半液体ジェルも不要の全身対応マシンです。amazonで、2019年2月にEMS部門1位獲得。

▼ジェルが不要だから、とっても手軽

自分もEMSマシンは持ってますが、もう15年以上前に買ったものです。当時は、使うたびに事前にジェルを塗る方式でした。「ジェルを塗る」といっても、今の時代、すでに分からない人もいるかも知れません。

半液体状のヒゲ剃りクリームのようなものをチューブから絞って出し、EMSマシン本体の、体に当てる面に塗ります。これを塗っておかないと、スイッチを入れた途端に皮膚にちくちくと痛みが来ます。電気の伝導率を上げるためのものです。

最初に塗るのも面倒ですが、終わった後は当然、ジェルでビチョビチョになってますから、身体も拭かなくてはなりません。

それに消耗品ですから、なくなりかけると注文するようになりますが、結構な金額がします。EMSマシンは、楽に身体が鍛えられる、とても便利なトレーニング器具ですが、昔はジェルが最大の欠点でした。

ですが今は、液体のジェルを塗るのではなく、シール状になったジェルシートを張り替える方式が主流になっています。このジェルシートには粘着力がありますから、体につけるとぴたっとくっつきます。

この、amazonで人気のEMS 腹筋ベルト

も、液体ジェルが不要のEMSマシンです。これまで、ジェルが面倒で、ついついマシンを使うのが面倒くさくなってやめてしまった人でも大丈夫。

身体に貼る形式で、お腹用と、腕や脚に使うものと2つの形状のものがセットになっているので、全身どこにでも使えます。気になっている上腕、お尻、太ももと、その使い方は自由自在。気になる部分をどんどんトレーニングしましょう。

EMS、すなわち電気で筋肉に刺激を与えて筋肉を収縮させ、運動させる技術は、元々医療の世界で使われていました。長期入院で、寝たきりを余儀なくされる人たちに対し、脚の筋力を衰えさせないための電気療法の技術です。それを筋力トレーニングに応用し、開発されたものがEMSマシンです。

このEMS 腹筋ベルト15分のエクササイズは、ジョギング2500m、腹筋30分または水泳30分に相当するといわれています。

電気信号のパターンは、ダイエットモード、トレーリングモード、加圧モード、水泳モード、脂肪燃えモード、強化モードという6種類の運動プログラムが入っています。

そして、それぞれが11段階にレベル調整が可能ですので、様々な個人のトレーニングに適用可能です。
EMSマシンを始め、トレーニング機器は一度買ったら、そうそう買い換えるものではありません。同じ買うなら、安心・手軽・便利なものを。

金額も4000円台とお手頃な価格です。

EMS 腹筋ベルト

amazonのEMSマシン

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ