総合栄養剤エレンタールを飲んでいます。その成分と写真。効能・副作用と飲み方。

自分は現在、潰瘍性大腸炎で2回目の入院の最中です。腸の病気ですので、入院中も食べるものがかなり制限されます。

最初のころは絶食が2日間ほど続き、その間の栄養補給は点滴だけでした。しばらく点滴が1日5本という日が続きました。

そして絶食の期間が終わって出されたのがエレンタールです。粉状の物質で、水に溶いて飲みます。量は大体300mlの水に溶いてあります。

最初は看護婦さんが作ってくれていましたが、途中からは箱ごと渡されて、自分で作って飲むようになりました。

この1袋に粉末が80g入っています。大体、水300mlにこれを溶かして飲みます。

おいしいものではありませんが、そうまずいものでもありません。

封を開けると、こういった白い粉になっています。

水を少し入れて、その上にエレンタールを入れたところです。

一食は、このエレンタールという液体食だけという日々が12日間続きました。その前の段階で2日間絶食になっていますから、合計14日間は固形物を食べていないという日々でした。

ネットで調べてみますと、エレンタールとは、食事がとれない時や消化・吸収力が弱っている時に用いる総合栄養剤なんですね。

糖質が中心となっていて、ビタミンやミネラル、アミノ酸など、体に必要なものがそのまま腸から吸収できるように作られていて、「経腸栄養剤」と呼ばれています。

液体に溶いて飲むのが一般的ですが、口から飲めない場合は鼻の穴からチューブで入れたり、胃や腸に開けた穴からチューブで入れたりします。

大きな手術の前後や、急性膵炎(すいえん)の回復期、大やけど、放射線治療に伴う腸炎、潰瘍性大腸炎やクローン病などで、なるべく腸に刺激を与えたくない時に使われています。

栄養分がそのまま腸から吸収されるので、便がほとんど発生しません。味は青りんごやパイナップル、オレンジ、コーヒー、ヨーグルト、さっぱり梅、グレープフルーツ、フルーツトマトの、8種類の味が別に用意されています。実際に入れる場合はエレンタールとは別の袋に入ったこれらを一緒に入れて溶かします。

脂質が非常に少ないので、長期的に飲む場合は、点滴で脂質を補う必要があります。普通の食事の代わりになるものではなく、あくまでも補助的なものなので、できるだけ早く普通の食事をとれるようになることが望ましいのです。


▼エレンタールの副作用に関して

多いのが下痢です。また、高濃度の溶液を短時間で体に入れると、血糖値が急激に変化し、体調が悪くなることがあります。倦怠感(けんたいかん)、脱力感、めまい、冷や汗といった症状が出る場合もあります。

また、滅多に出ない副作用ということですが、以下のものもネットには記載されていました。

ショック、アナフィラキシー、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、気持ちが悪い、全身が赤くなる、じんましん、息苦しい、顔やのどの腫れ、血圧が下がる、めまい、目の前が暗くなり、意識が薄れる、ふるえ、寒気、お腹が張る、吐き気、腹痛。


現在、自分はおかゆを中心とした食事にはなっていますが、エレンタールは食事とは別に1日2回を継続中です。

3週間の入院生活で落ちた体重は4kgですが、その前の段階で、具合が悪くなって食欲が落ちていた時期や、その更に前の時期、まだ元気なころは自分でダイエットをしていた時期もあって、それらを合わせると、この11か月で体重は25kg減りました。99kgが74kgになりました。

体重が落ちたことに加えて、入院してからはほとんど寝てばかりなので筋力の衰えや、体の衰弱がかなりのものです。

階段の一段を上がるだけでも「よいしょ」という感じです。病院内を100mくらい歩いただけで息が上がってぜえぜえいいます。靴下を履こうと片足になったらよろけて倒れそうになり、すぐに何かに捕まらなけれはなりません。

ここまで衰弱するとは思いませんでした。病院からは何袋かエレンタールをもらっていますので、栄養補給ということでしばらくは飲み続けることになりそうです。


▼エレンタールの成分表

成分栄養剤エレンタールelental

エレンタール配合内用剤
経腸栄養剤 粉末

■組成(本品100g中)

結晶アミノ酸・・・17.611g
L-イソロイシン・・・803mg
L-ロイシン・・・1124mg
L-リシン塩酸塩・・・1110mg
L-メチオニン・・・810mg
L-フェニルアラニン・・・1089mg
L-トレオニン・・・654mg
L-トリプトファン・・・189mg
L-バリン・・・876mg
L-ヒスチジン塩酸塩水和物・・・626mg
L-アルギニン塩酸塩・・・1406mg
L-アラニン・・・1124mg
L-アスパラギン酸マグネシウム・カリウム・・・1295mg
L-アスパラギン酸ナトリウムー水和物・・・1084mg
L-グルタミン・・・2415mg
グリシン・・・631mg
L-プロリン・・・788mg
L-セリン・・・1449mg
L-チロシン・・・138mg
糖質:デキストリン・・・79.26g
ミネラル:クエン酸ナトリウム水和物・・・770mg
塩化カリウム・・・188mg
グリセロリン酸カルシウム・・・1031mg
グルコン酸第一鉄二水和物・・・19.4mg
硫酸亜鉛水和物・・・9.85mg

硫酸マンガン五水和物・・・1.63mg
硫酸銅・・・1.03mg
ヨウ化カリウム・・・24.5μg
ビタミン:チアミン塩化物塩酸塩・・・242μg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム・・・320μg
ピリドキシン塩酸塩・・・334μg
シアノコバラミン・・・0.9μg
パントテン酸カルシウム・・・1.49mg
ニコチン酸アミド・・・2.75mg
葉酸・・・55μg
ビオチン・・・49μg
重酒石酸コリン・・・22.41mg
アスコルビン酸・・・9.75mg
レチノール酢酸エステル・・・810 IU
トコフェロール酢酸エステル・・・4.13mg
エルゴカルシフェロール・・・1.6μg
フィトナジオン・・・11μg
脂質・大豆油・・・636mg
熱量・・・375/100g

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ