リセットボディのダイエットケア雑炊で、置き換えダイエット。

ダイエットといえば、食事制限がつきものですが、食事の量を極端に減らすと便秘になりやすくなり、体重は減ったけど10日に一回しか便が出なくなったとか、肌にブツブツが出来たりとか、体がだるくなったり、では健康的なダイエットとはいえません。
ちゃんと食べて体重だけが落ちるという、食べるダイエットが理想です。

ですが「食べるダイエット」と言えば

「食べたら太るじゃないの!」

という声が聞こえてきそうです。それはそうです。ですが、食べるといっても、カツ丼やケーキを食べるという意味ではありません。普段の食事の代わりに、低カロリーのものを食べるのです。
太る痩せるは摂取カロリーが問題なのであって、食物の重量で決まるものではありません。

「太らないものでお腹を満たす」
というのが理想ですね。

太らないものの代表格といえばワカメやひじきなどですが、これらでお腹を満たすほど食べるのは、あまりにも苦痛が伴います。

「おいしくて手軽で低カロリー、そして食べた気になるもの」
これが理想です。

そんな理想的なものがあるのかといえば、ありました。

リセットボディ ダイエットケア雑炊 5食

発芽玄米入りのダイエット雑炊です。ダイエットする人のための低カロリー食品です。

5種類の味全てにおいて、1食分はわずか80kcalです。3000mgの食物繊維も入っています。
1日に1回、普段の食事をこれに置きかえます。

ところで、外食の多い方は、外食の大体のカロリーってご存知ですか?

吉野家の牛丼の並盛りが669kcal、
牛カルビ定食大盛り1154kcal、

ガストのリブロースステーキが507kcal、
目玉焼きハンバーグ単品553kcal、

ロイヤルホストのサーロインステーキ丼(定食)954kcal、

マクドナルドのダブルチーズバーガー484kcal、
てりやきマックバーガー509kcal、
ビッグマック557kcal

といった感じです。

これまで普通に食べていた一食をちょっと我慢。一食この雑炊に置き換えることによって、400kcalから800kcalのカロリーダウンが可能です。
これだけのカロリーを運動で消費しようとすれば、大変なことです。

ダイエットは続けてこそ効果があるもの。続かないのは精神的苦痛があるから。
おいしく楽しければ、挫折することはないですね。

味はこちらの5種類です。
鯛雑炊
松茸雑炊
うま出汁卵雑炊
ナスとブロッコリーのトマトリゾット
ミックスキノコのクリームリゾット

熱湯を入れて混ぜるだけなので簡単便利。忙しい時の食事や夜食にも最適です。

リセットボディ ダイエットケア雑炊 5食

サブコンテンツ

このページの先頭へ