男性が、子供を作れる年齢の限界

男性の場合、90歳になっても子供を産ませたという記録がいくつも残っています。

基本的に男性の場合、子供を作ることに関しては発射するだけです。
女性の場合は胎児をお腹の中で育てるために、体内の組織がある程度若い必要があります。必然的に男性と女性とでは子供に関しては作れる年齢に差が出てきてしまいます。

男性の場合、幼児期には一層しかない精祖(せいそ)巣細胞が分裂し、精子を作り始めるのは7歳頃と言われています。

12歳から14歳で精通(せいつう)が始まります。すなわち精子を発射できるようになります。ですからこの年齢で、子供を作れるようになるということです。

その後17歳から18歳で精子を作る機能はピークに達しますが、20代後半からは早くも機能の低下が始まります。

40歳から50歳では精液の質まで悪くなってしまいます。その後も年齢を重ねる度に射精能力は衰えていきますが、それは極めてゆっくりと衰えていく感じです。

女性のように子供を作る機能が停止しまうと言うことはないために、いくつになっても射精できれば子供が作れるということになります。

実際60歳から90歳の高齢者の78%に射精能力があるということです。

性機能に影響を及ぼす一因となっているのは男性ホルモンです。その男性ホルモンの中でも最も強力なホルモンがテストステロンです。

性機能の減退とテストステロンの量の関係を見てみますと、血清中のテストステロンの濃度は70歳以上で減少し始めるとされています。

また、尿の中のテストステロン値は思春期から上昇し、25歳から30歳でピークを迎え、70歳まで少しずつ下がっていきます。

このテストステロンの量は性機能の低下と完全に一致するわけではないので、性機能の低下は、男性ホルモンだけで全て決定されるわけではないようです。それ以外にも様々な要因があると考えられています。

精神的な要因も大きいですね。随分と年をとっていくと勃(た)たなくなってきますし、興奮もしなくなってしまいます。そうなると男として終わりのような気がして随分と寂しくなります。

ただしその気があれば、現代では勃起させるためのサプリメントも多種多様なものが販売されています。やるべき時には、そういったものを使うのも一つの手です。

世の中には夫婦共に70歳を超えても毎晩のように夫婦の営みをしている人たちもいます。体も元気であることはもちろん、気持ちも若くないとそういったことはできません。理想的な歳の取り方だと思います。

夜のための精力サプリ
男のサプリメント【クラチャイダムゴールド】



サブコンテンツ

このページの先頭へ