安倍首相の健康不安説。自分も同じ病気である潰瘍性大腸炎が悪化。

ここ最近報道されています安倍首相の健康不安説。どういった状況なのか詳細は報道されていませんが、17歳の時から潰瘍性大腸炎を発症し現在に至っているということはご本人が明言されています。

今回の一連の検査は持病で持っている潰瘍性大腸炎の悪化かもしれませんし、あるいは別の病気かもしれません。また単なる検査かもしれません。

自分も同じ潰瘍性大腸炎という病気ですが、 個人的な考えで恐縮ですがやはり大腸炎の悪化ではないかと思っています。

良い時期と悪い時期を繰り返す病気と言われていて、良い期の時は全く普通の人と同じような日常を送れるのですが、悪い時期になると、血便が出てトイレの回数が増えてきます。

悪化の度合いにもよりますが、自分の場合悪化している時期はトイレの回数(大の方)がだいたい10回から13回ぐらいになります。

それでもトイレの回数だけが増えるだけならトレーニングにも行けますしまだ元気なのですが、おととし入院した時には身体全体が苦しくなっていました。あの時が苦しさのピークでした。

あの当時は腸の部分に違和感を感じて、まるで鉄でも入っているかのような重さを感じていました。トイレに行ってもすごく長引いてトイレから出た後もまだ出るような出ないような感覚です。

吐き気がしてほとんど物を食べられませんでした。お腹が減っているのに食べると吐きそうでした。それでも食べないと死んでしまうと思い 、何が食べれるのか何だったら食べられそうなのか自分で考えて食べられそうなものだけをなんとか食べていました。果物とそばが多かったですね。

それでも食べる量はこれまでよりも圧倒的に減って入院前の2週間ぐらいで体重が13キロ減りました。とにかく動くのがしんどくて時間があれば横たわっていました。

大腸炎の悪化が始まると、それは下痢や血便だけではなく本当に動くだけでも苦しくなります。

そういった病気は何かよくこれまで長期間にわたって首相を務めてこられたと思います。

自分の場合1ヶ月ぐらい前からトイレの回数がまた増えてきて、昨日あたりからピークのように苦しくなりました。 下痢や血便に加えて腸が痛くなっています。継続的に痛いわけではありませんが、痛いのは30秒から1分ぐらいで、時々その痛みの波が襲ってきます。

1回痛くなってから長い時で2時間ぐらいは大丈夫なのですが、 立て続けに10分とか20分おきに痛みが来る時もあります。

今日、痛み止めを飲みましたら、随分と元気になってきました。早く治(おさま)って欲しいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ