「腰痛・痛み」の記事一覧(2 / 4ページ)

腰が痛い時に寝る姿勢は

まずは布団に横になって、自分が一番楽な姿勢を探します。うつ伏せ、仰向け、横向きのどれが一番腰が痛くないかを試してみます。

うつ伏せの場合、腰が後ろに反(そ)ったような体勢になりますが、これで腰が楽ならこのままの姿勢で寝ましょう。

ですが、普段からうつ伏せのまま寝るという人はあまりいませんので、どうにも寝にくいという場合は、腰にバスタオルを巻いて仰向けになるか、腰の下にバスタオルを敷いて仰向けになってみます。

これうつ伏せの時と同じように腰が反(そ)ったような状態になります。

うつ伏せでも仰向けでも腰が痛い時には横向きになる他ありません。横向きになって背中を丸めて、自分が最も痛くない体勢にして寝ます。

睡眠は非常に大切で、もちろんこの姿勢だけでは根本的な解決にはなりませんが、寝るときの姿勢だけでも、翌日痛みが軽減される場合もあります。

また、現在腰痛で、自宅での治療法を探している方へ。 こちらは

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

です。

慢性的な腰痛を自分で改善する方法が解説されています。

ぎっくり腰を繰り返す人や、慢性的な腰の痛みのある人のほとんどは、左右に傾いた骨盤に原因があると言われています。

自宅で毎日数分間、あることを行い、骨盤の矯正をして、再びずれることのない強い骨盤をつくって腰痛を改善する方法です。一度覗いてみてはいかがでしょう。

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

寝ながら腰をストレッチできるマッサージ機

自分を腰痛の経験は何度もあります。全く痛めた覚えがないのに、朝起きてみると何か腰が痛い。

そしてそのまま時間の経過と共にどんどん痛くなってきます。明日はもっとよくなっているだろうと期待を込めて寝ますが、次の日も次の日もまた同じ。

何週間も我慢した後に、ようやく病院か整骨院へ行くようになります。
(さらに…)

13層やすらぎマットレス。腰痛予防には高反発マットレスが最適

高反発と低反発のマットレス。腰に良いのは


一日が終わって布団に入る瞬間は最高です。布団の嫌いな人はまずいないでしょう。

ですがこの睡眠、快適に寝られるかどうかは、寝具によって大きく左右されてきます。

現在マットレスを探しているたち人は、ほとんどの人が睡眠に何らかの問題を抱えている人たちなのではないでしょうか。

問題とは例えば
(さらに…)

骨盤を元の位置に戻す。40代50代の骨盤矯正に骨盤ウォーカーベルト。

ぽっこりお腹や産後のダイエットの手助けに。きゅっと腰を締める骨盤ベルトです。


骨盤とは腰の辺りにある骨格群のことで、いくつかの骨によって構成されているものです。

上半身と下半身の中央に位置することから、この骨盤が、上半身の重さを下半身に伝え、身体の安定性を保つという重要な役割をしています。

骨盤は一つの骨で構成されているわけではありませんので、日常の習慣やスポーツなどで、どうしても歪(ゆが)んできたり、 若干、間が開いたりしてくることがあります。

もちろん骨盤の歪み自体は、誰にでもありますが、その程度は人によって別れてきます。
(さらに…)

お医者さんのコルセットプレミアム。腰痛、ぎっくり腰の痛みを和らげます。

お医者さんが開発した腰痛専用コルセット。マッサージやストレッチなど、腰痛治療を行っている方の痛みを和らげます。


腰が痛いと全てが苦痛

腰が痛くなったのは自分も経験がありますが、本当に苦痛です。起き上がる時も痛い、畳の上に座っていても痛い。何の動きをする時も躊躇(ちゅうちょ)してしまいます。

明日になったら少しは良くなっているだろうと、期待を込めて寝ますが、起きてみると何も変わっていません。
(さらに…)

痛いヒザには「お医者さんのがっちりひざベルト」。

ある一定の年齢になってくると、多くの人を悩ませるのが膝の痛みです。
自分もかつては両膝が痛い時期ありました。おそらく2年ぐらいは膝の痛みに苦しんだと思いますが、今はどうにか痛みは引いているので助かりました。
(さらに…)

肩と膝(ひざ)の痛かったのは自分の生活習慣が原因でした。

自分はもう、何年も前から、左肩と左ひざに痛みがありました。一時的に軽くなることはあるにしても完全に慢性化していました。
趣味でウエイトトレーニングをしていますが、肩のトレーニングの時はいつも痛いので軽い重量でしか出来ません。また、日常生活でも、つい左肩をかばうような感じで、なるべく左手を使わないようにしていました。
(さらに…)

女性必見!産後の腰痛対策

女性特有の腰痛として産後に痛みが生じることがあるのですが、この場合は一般的な腰の痛みとは原因が大きく異なりますので、また別の視点から腰痛対策を行う必要があり、妊娠されている女性には必見となります。

まずそもそもなぜお産に伴い腰に痛みが生じるのでしょうか。

やはり原因として大きいのは狭い体内を大きな赤ちゃんが通り抜けるという点で、骨・間接・骨の接合部位などに大きな負荷がかかることになります。
(さらに…)

オフィスワークにおける腰痛対策

オフィスワークを行う方の場合は長時間にわたり椅子に座り続けることになりますので、体内は筋肉が凝り固まるとともに血流が滞り、座ったまま体重を支える腰は大きな負荷がかかることになります。

ただオフィスワークゆえにそう大っぴらに体操をするわけにもいかず、どのような腰痛対策を行えばよいのでしょうか。

まず腰痛対策の要となる体操についてですが、勤務中の場合は着席したままという制約があるため運動というよりは筋肉や筋を伸ばすという表現のほうがぴったりあてはまり、肩から上半身全体を上方向や斜め上方向に伸ばしたり、また緩やかに腰を回転させるなどして腰周りの筋肉を伸ばしましょう。
(さらに…)

腰痛を予防する体操・エクササイズ

腰痛は痛みを感じてからでは遅く、特にぎっくり腰はその後の生活や仕事に支障をきたすことになりますので、普段から腰痛を予防すべく体操やエクササイズを行う必要があるのです。

では腰痛予防に効果がある体操にはどのような種類があるのでしょうか。

まず体操を行ううえでポイントとなるのは、ストレッチをすることで筋肉や腱を伸ばして強張りをほぐすという点です。
(さらに…)

2 / 41234
サブコンテンツ

このページの先頭へ