「腰痛・痛み」の記事一覧

ぎっくり腰を防ぐ日常の習慣

ある動作が原因となって、急激に起こる腰痛がぎっくり腰です。

ある動作とは、重いものを持ち上げた時、くしゃみや咳をした時、無理な体勢で何かを取ろうとした時などです。何気なく立ち上がっただけでも、その瞬間、腰に激痛が走ることがあります。

ぎっくり腰は、医学的には「急性腰痛」と呼ばれています。この場合、病院に行ってレントゲンやMRIをとってみても異常が発見されない場合も多いのです。
(さらに…)

膝に不安のある人でも歩きやすくなる、ぐんぐん歩けるサポーター。

ヒザが痛い、長く歩くのが不安と言う人のための、脚の広範囲を包み込むサポーターです。

▼ヒザに不安があっても歩きやすくなる

自分もヒザにはずいぶんと不安を抱えています。現在56歳ですが、ほんの数ヶ月前まで何ともなかったのに、ここ最近になって両ヒザが微妙に痛むようになりました。

特にしゃがんだ時、一番低い体勢になった時にヒザが痛いのです。立ち上がる時も同様に、動作の一番始めの時に痛みます。

膝が微妙に痛むようになってきてから、長時間立っていることもしんどくなりました。とにかく足が疲れるというか、だるくなります。

ですから歩くことも同様に、以前はそれほど苦もなく歩けていた距離が最近ではずいぶんとしんどい距離になってきました。
(さらに…)

僧帽筋が痛い、固いは肩こり。ゲルマニウム使用のプチシルマがコリに効く

肩が痛い・肩が凝るといえば、そのほとんどは首の根元の筋肉である僧帽筋の部分を指します。肩こりの原因は人によって原因は様々。ですが、肩こりを招きやすい生活習慣というものがあります。肩こりには話題のプチシルマが効果的。

▼肩こりを招きやすい生活習慣

僧帽筋とは首の根元の筋肉で、肩だけではなくそのまま背中まで広がっている筋肉です。

多くの人が肩に痛みやコリを感じたら、真っ先に揉んだり叩いたりする部分です。

肩こりで悩んでいる人は非常に多く、「自分の体に痛みや病気の自覚症状があるか」と言う調査では常に上位に入っており、女性ではダントツの1位となっています。
(さらに…)

膝が痛い、悪いという人のために。らくらく温泉ひざサポーター。

自分は現在56歳なのですが、ほんの半年前までは膝に関しては全くなんともなかったものが、この数ヶ月で急に悪くなってきました。

しゃがむと微妙に両ヒザが痛いのです。体が一番低い体勢になった時に痛みを感じます。

そして立ち上がる時も同様、最初に立ち上がり始めた時が少し痛いのです。

また、ずっと同じ体勢をとっていると、脚が固まったような感覚になって、動くと脚全体に痛みを感じます。
(さらに…)

腰痛の時は、安静にすべきか動くべきか

痛くて動けないほどの腰痛であれば、当然、横になって安静にしておくべきですが、少し落ち着いてきたら無理をしない程度に動いた方が回復が早いと言われています。

全然動かないというのも、そのまま組織が固まるような感じになるため、回復が更に遅くなります。

特に、ある動作をきっかけに起こるぎっくり腰は、本来なら椎間板の中央にある髄核(ずいかく)がずれて神経に触っている場合が多く、これが痛みの原因ともなっているわけですが、動くことによって、この髄核(ずいかく)が自然と元の位置に戻っていきます。
(さらに…)

ぎっくり腰の症状とは。腰痛には「腰痛改善ストレッチ福辻式」が効果的

自宅で腰痛を改善するための方法として有名なロングセラー「福辻式ストレッチ」。1万人以上が実践し、効果を上げています。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、すべり症、分離症など、様々な腰痛に共通で対応。

▼ぎっくり腰になる瞬間

ぎっくり腰といえば、重い物を持ち上げた瞬間、腰に激痛が走って腰痛になるというイメージがあります。

ですが実際は、日常生活のどういった瞬間に腰を痛めるのか、全く予想外の場面で痛めてしまうことも多々あります。
(さらに…)

自宅で行う花粉症の改善プログラム「花粉バスター」

花粉症は、かかった人にしかその苦しみは分かりません。あれは地獄です。

一日中鼻水が止まらない、外に出た時には目をまともに開けられない、鼻や目が異常にかゆい、くしゃみは次々と出る、頭がぼーっとして、仕事でもミスを連発、ボケたことを言う、イライラして家族や友人に当たり散らし、人間関係も悪化する・・など、その影響は体調のみにとどまらず、仕事や私生活のトラブルにまで発展してしまいます。
(さらに…)

ぎっくり腰になった場合、治し方をお探しなら「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

自分は、ぎっくり腰には1回、原因不明の腰痛には何年かに一度は襲われています。

自分で治す方法といっても知識がないので、コルセットを巻いておくくらいで、

「明日はもっと良くなっているだろう」

と願いを込めて布団に入りますが、全く痛みは変わりません。

一定の痛みのレベルで、それ以上悪くはなりませんが、全く良くもなりません。

最終的に病院や整骨院に通うことになります。腰痛は、放っておいても自然に治るものではないようです。
(さらに…)

腰が痛い時に寝る姿勢は

まずは布団に横になって、自分が一番楽な姿勢を探します。うつ伏せ、仰向け、横向きのどれが一番腰が痛くないかを試してみます。

うつ伏せの場合、腰が後ろに反(そ)ったような体勢になりますが、これで腰が楽ならこのままの姿勢で寝ましょう。

ですが、普段からうつ伏せのまま寝るという人はあまりいませんので、どうにも寝にくいという場合は、腰にバスタオルを巻いて仰向けになるか、腰の下にバスタオルを敷いて仰向けになってみます。

これうつ伏せの時と同じように腰が反(そ)ったような状態になります。

うつ伏せでも仰向けでも腰が痛い時には横向きになる他ありません。横向きになって背中を丸めて、自分が最も痛くない体勢にして寝ます。

睡眠は非常に大切で、もちろんこの姿勢だけでは根本的な解決にはなりませんが、寝るときの姿勢だけでも、翌日痛みが軽減される場合もあります。

また、現在腰痛で、自宅での治療法を探している方へ。 こちらは

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

です。

慢性的な腰痛を自分で改善する方法が解説されています。

ぎっくり腰を繰り返す人や、慢性的な腰の痛みのある人のほとんどは、左右に傾いた骨盤に原因があると言われています。

自宅で毎日数分間、あることを行い、骨盤の矯正をして、再びずれることのない強い骨盤をつくって腰痛を改善する方法です。一度覗いてみてはいかがでしょう。

腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」

寝ながら腰をストレッチできるマッサージ機

自分を腰痛の経験は何度もあります。全く痛めた覚えがないのに、朝起きてみると何か腰が痛い。

そしてそのまま時間の経過と共にどんどん痛くなってきます。明日はもっとよくなっているだろうと期待を込めて寝ますが、次の日も次の日もまた同じ。

何週間も我慢した後に、ようやく病院か整骨院へ行くようになります。
(さらに…)

1 / 212
サブコンテンツ

このページの先頭へ