「タクシー業務」の記事一覧

この辺で聞いた幽霊話

▼男が手に持っていたもの。
同僚の運転手が、お客から聞いたという話。

この辺の繁華街の中心となっている広い道路にカラオケボックスがある。そのカラオケボックスの前をそのお客歩いていた時、前方に1人の着物を着た男が立っていた。

着物と言っても夏の浴衣のようなものではなく、何か昔の農民が来ているような古くさい汚い着物。

そして手には何か持っている。結構大きいもの持っていたのでそれをちらっと見てみたらそれは人間の生首だった。
(さらに…)

まるで泥棒扱い

夕方の18時くらいから20時くらいまでは、飲み屋街に関係したお客さんがほとんどである。

これから飲みに出る人や、夜の街で働く人の出勤、飲み屋のママさんとか従業員などが多く、これ以外の人にはほとんど当たらないような時間帯だ。

19時ごろ、無線の配車で一軒の家に当たった。もう何回も当たったとのある家で、乗るのは、ある飲み屋の従業員の女の人。距離は1メーターで5分くらいで終わる。

普通通り迎えに行っていつもの店で降りた。料金は小銭でいつのまにか、運転席と助手席のコンソールボックスの上に置かれていた。何事もなくこの件は終了した。

それから6時間くらい経った夜中の1時ごろ、無線室から連絡があった。
(さらに…)

泥酔状態の人。次の日の仕事は大丈夫か。

ある男のお客さんから携帯に電話がかかってきた。

「もしもし~、俺なんすけど、今『陽子(飲み屋)』にいるんで、迎えに来てもらえますかね?」

その飲み屋に到着すると、その人は店の前で待っており、「おぉ~、もうメーター入れっぱなしにして、中、入って一緒に飲もうや!」

と言う。お言葉に甘えて、メーターを入れて、車を路上に停めてから一緒に店の中に入った。さすがに酒を飲むわけにはいかないので、自分はウーロン茶。
(さらに…)

近いからと乗車拒否するとこういう目にあう。

夜の繁華街では、道路のあちこちにタクシーがずらっと列を作って並んでいる。あれらは一見無造作に並んでいるように見えても、一応はルールがあって、それぞれの列の先頭の位置と最後尾の位置が決まっている。

最後尾まで車が並んでいたら、その列にはもうそれより後ろには車を停めてはいけないのだ。別の停められる列を探さなくてはならない。
(さらに…)

田んぼに突っ込む

昔、ある運転手が女のお客さんを乗せて走っていた。時間は夜の1時か2時ごろ。

このあたりは少し中心部をはずれると畑や田んぼが広がる光景にすぐに出会う。
(さらに…)

1 / 912345...最後 »
サブコンテンツ

このページの先頭へ