「サービス」の記事一覧

ECOクリーン。不要品の処分ならお任せ。価格も業界最安値

大量の服や子供服の処分、遺品整理、エアコンなどの、家電リサイクル法で簡単に捨てられないものまで、不要品全般を扱ってくれます。全国各地に素早く対応。


▼不要品の処分に困っていませんか?

自分の場合、洗濯機やタンスなど大きな物を買った時には、それまで使っていた古い物はその場で引き取ってもらうのですが、それほど大きくない物を買った場合、古い物は、つい押入れの中にしまってしまい、それっきりになってしまいます。

ノートパソコン、テレビ、DVDレコーダー、本、それから多いのが服です。いつの間にか押入れは不要品でいっぱいになってます。
(さらに…)

東京23区対応の家事代行サービス「ダスキンメリーメイド」。掃除、洗濯、片付け他家事全般が頼めます

東京23区対応の家事代行サービス「ダスキンメリーメイド」。掃除、洗濯、片付け他家事全般が頼めます

部屋の掃除の時間さえ取れない、忙しい夫婦共働きの家庭や一人暮らしの方は家事代行が便利。頼める内容も様々で、頻度も一回限りから定期的訪問まで幅広く対応しています。


▼ダスキンメリーメイドの家事代行

日々することが多過ぎて、部屋のことまで手が回らないという方は結構いるのではないでしょうか。

自分も一人暮らしをしていますが、普段から掃除はしているものの、やっている掃除といえば、家具と床にモップをかけることくらいです。
(さらに…)

iphoneの故障の症状とは。高評価の修理店を要チェック!

iphoneを修理してくれる注目店や評判店を選んでいるなら、お薦めできるお店を正確にお伝えしている当サイトが使えます。それが「あいさぽ」。脱獄済みiPhoneや海外製のiPhoneにも対応してくれます。


▼iPhoneの故障の症状

iPhoneの故障にも大きくは2つの種類があり、1つはハードの故障、もう1つはソフトの故障です。

ハードの故障というのは、いわゆる物理的な意味での故障になります。最も代表的なケースとしては、液晶画面が割れてしまうことです。ちょっと手を滑らせて落とした拍子に割れてしまったなどは良くある話です。
また、液晶画面が液漏れをしたかのように、画面の一部が欠けてしまうこともあります。
(さらに…)

引っ越しの時、不要品を買い取ってもらいたい方には「トレファク引越」

引っ越しの時に必ず出る不要品や粗大ゴミ。「トレファク引越」なら、製造日から10年以内の家具や、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などを買い取り対象として、引越しと同時に見積もりをしてくれます。


▼引っ越しの時、困ることといえば

引っ越しは大変なエネルギーを使います。自分な立てた計画通り、準備を進めていても、当日が近づくにつれて、困ったことや分らないことが次々と出てきます。

困ることの代表的なものとして

・テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの、家電品リサイクル法があって勝手には捨てられない大きな物の処分。
その他、大量に出る不要品の処分。
・ダンボールはどこから手に入れたら良いのか。しかも、大きなダンボールが欲しい。
・二段ベッドの解体と組み立て。
・洗濯機やエアコンなどの取り外しと取り付け。

などですね。

このうち、ダンボールに関しては、ほとんどの場合、引っ越し会社に連絡をすれば無料でもらえます。

大きな物の解体と組み立て、電化製品の設置などは、お世話になる予定の引っ越し会社のホームページで確認できます。

もし、家電品に対応していない場合は、電気屋さんに頼めばやってもらえます。

それで、一番問題になってくるのが不要品の処分です。テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などの家電リサイクル法の対象になっている物だったら、別に処分料金が発生してきます。

市内で廃棄物を扱っている会社を探して、引き取ってもらう日を決めて、それに合わせて準備をしておいて・・と、大変な手間です。

引っ越しの準備が忙しいのに、別の負担が発生してしまいます。

また、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機などは、引っ越す当日まで使いたいものばかりです。

ですが、リサイクル品の買い取りを専門に行っている「トレジャー・ファクトリー」が行っているサービス

[トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積

なら、引越しの依頼ついでに買い取りも依頼することもできるのをご存知でしょうか?

メインの依頼である、引越し料金の見積もりの時に、不要品をいくらで買い取ってもらえるのか、同時に見積もりを出してくれます。

引越し費用から買取価格を差し引いてくれるのも嬉しいポイントで、どの引越し業者よりも低価格での引越しが可能だと言えます。

ただし、どんなものでも買い取ってくれるわけではなく、対象となるのは、製造日から10年以内となる家具や家電品です。

食器棚やソファー、タンスなど、不要なものは買い取りの相談をしてみましょう。

押入れの中に眠っていた、思わぬ物が収入になるかも知れません。引っ越し料金の節約にもなりますよ。

トレファク引越


▼買い取りの対象となるもの

衣装ケースやカラーボックスは、サイズも小さめで安価なので、特に一人暮らしの部屋では使いやすいものですが、環境が変化すると使われなくなるものでもあるので買い取りは嬉しいものです。

また電化製品も同様、製造時期より10年以内の物が買取対象となり、エアコンや冷蔵庫、洗濯機などの大型家電から、掃除機や電子レンジなどの中型、マッサージ器やドライヤーなどの小型のものまで買い取り可能です。

ビデオカメラや液晶テレビ、DVDやブルーレイレコーダーなども買い取り可能な対象であり、特にデジタル家電は進歩が早いものなので、旧式のものを一斉に手放したいという方にも重宝されています。

スポーツ用品やアウトドア用品、楽器類なども買い取りが可能です。
スポーツやアウトドアは地域によって遊びにくい場合もある上に、人気のブランドグッズは高価で買い取りしてもらえる可能性もあります。

具体的にどんな品が買い取り対象になるのかは、トレファク引っ越しの公式サイトに詳しく掲載されています。

興味のある方は要チェックです。

トレファクがさらに便利といえるのが、引越し直前まで使いたい冷蔵庫などの電気製品を引越し当日まで使うことができるという点です。

古過ぎて買い取ってもらえないものは、有料で引き取って処分してくれますので、不要な家具や電化製品を一日で全部処分してしまいたい人には最適の引っ越し形態です。


▼不要品買い取り対象エリア

トレファク引越で買い取られた商品は、関東・関西を中心に90店舗以上を展開する総合リユースショップ「トレジャーファクトリー」で販売されます。

年間の買取点数は730万点(2015年1月~12月)にも昇ります。

引越先については日本全国に対応していますが、買い取りには、対応エリアがあります。

買い取り対応エリア

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、宮城県、愛知県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、福岡県、佐賀県など。(一部地域を除く)

引越と不用品買取なら[トレファク引越]

トランクルームが遠い人には、配送を行ってくれる「宅トラ」が便利

クロネコヤマトのトランクルーム「宅トラ」なら、webで指示すれば取りに来てくれて、また、持ってきてもくれます。荷物の出し入れのために、自分が往復する必要がありません。


▼トランクルームまでが遠くて

特定の季節しか使わないような、ファンヒーター、こたつ、扇風機など、必要なものではあるけれども、家の押入れや倉庫は一杯で、毎回片付けるのに頭を悩ませる・・そんな思いをしていませんか?

そんな家庭のために、増えすぎた荷物を預かってくれるのがトランクルームのサービスです。
(さらに…)

探偵に浮気調査を頼んだ場合、費用は分割出来るでしょうか

その興信所がクレジットカードに対応していれば、カード会社に対して分割で料金を払うことが可能です。HAL(ハル)探偵社ならカード対応の上に、ネット上で事前に見積もりが計算出来ます。


▼浮気調査なら良心的価格の会社を選びましょう

近年はインターネットのサービスが非常に充実していることや、スマートフォンなどの普及によって浮気をしてしまう人が非常に増えていると言われています。

使いやすいコミュニケーションアプリやSNSが揃っていることで、浮気相手を探しやすく、こっそり連絡も取りやすくなっているためです。
(さらに…)

食のそよ風。高齢者や一人暮らしに最適の、チンするだけの食事宅配サービス。

10食ずつ冷凍で届きます。ご家族の介護で大変な方、安い食事宅配を探している方には大変ありがたいサービスです。


自分ももう、結構な年になってしまいましたが一人暮らしをしています。食べることはいつも頭を悩ませることです。一人ですからちょっと買い過ぎるとすぐに余ります。

余ったものを冷蔵庫に入れていると結局捨てるようになります。かといっていつも体調は良いわけでありませんし、自分自身潰瘍性大腸炎という持病を持っていまして、 悪化すると買い物に行くことさえしんどくなりますのでついついあるものを食べるようになります。
(さらに…)

短期も長期も、家電と家具のレンタルなら「かして!どっとこむ」

引越しの時、家電や家具の処分に困ったことはありませんか?引越しの多い人や、いずれ引っ越すことが決定している人は、レンタルの方が圧倒的に便利でお得。


▼こんな人には、やっぱりレンタルが便利

自分が買った電化製品や家具は財産です。新しいものを買うとやっぱり嬉しいものです。
ですが人間は、生活環境も仕事も人によって様々。

時には家電や家具は、買うのではなく、借りてた方がいい場合もあるのです。
(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ