「生活」の記事一覧(3 / 3ページ)

革靴を少しでも長持ちさせるためには

革靴にとって、一番の大敵は湿気です。ですが会社員である以上、雨や雪だからといって今日はゴムの長靴を履いて出勤というわけにはいきません。やっぱり革靴で出勤です。

勤務中は靴の手入れなどは無理ですが、せめて家に帰ってからは靴を長持ちさせるためにいたわってあげましょう。

土砂降りの中を歩いたために靴が中までずぶ濡れになってしまった場合であれば、もちろん乾かさなければなりません。代わりの靴があればいいのですが、翌日もその靴を履かなくてはならない時は、せめて寝るまでの間にある程度の目処を立てておきたいものです。

ドライヤーを当てて乾かす方法もありますが、これは革靴には向いていません。それよりも新聞紙を丸めてその中に押し込みある程度水分を吸収してしまうことです。

ひどく濡れている場合は何度か新聞紙を入れ替えます。半乾きの状態になったら扇風機を当てて乾かします。

干す時には、必ず陰干しにします。直射日光で乾かすと皮を駄目にしてしまいます。

どうしてもその日のうちに乾かさなくてはならないのは、1足だけしか持っていない状態の時ですが、理想的なのは靴を3足くらいそろえておき、それを毎日交代で履き続けることです。

1足だと6ヶ月くらいしかもたないものでも、3足あればゆうに3年以上はもつでしょう。

また、買ったばかりの新品の靴であれば、ワックスを塗っておくのも一つの方法です。
防水スプレーを塗っておくのも新品のうちにやっておきたい処理の1つです。汚れがついても落としやすくなりますし、雨もはじいてくれます。

そして靴を履く時には、できるだけ靴べらを使います。そのまま履くとどうしてもかかとが潰れてしまうために傷みが早くなってしまいます。また、靴を履く時に足を持ち上げてつま先をコンコンと地面に当てて靴を押し込むという行為は誰もやっていることですが、もちろん、これもつま先部分を痛めてしまいます。

また普段履かない靴があれば、それらも時には虫干しして、ビニール袋に入れ、防湿剤などを入れて保管しておくとカビと湿気防止になります。

あまり履かない靴であれば、靴の型崩れを防ぐためシューキーパーは是非入れておきたいところです。

そして靴といえば、気になるのが臭(にお)いですね。毎日風呂に入って足を洗い、きちんと靴下も変えているのに、それでも足が臭う人がいます。

靴の悪臭が気になるようなら冷蔵庫用の脱臭材を使います。そのままでは大き過ぎて靴の中には入らないので、容器から活性炭を取り出して木綿などの袋に入れ、靴の先入れておきます。これで悪臭も取れます。また料理用の重曹を靴の中に入れる方法もあります。袋に入れて靴の中に入れておきます。

重曹はふくらし粉やコンニャクの凝固剤などとして使われているものですが、臭いを中和して消す効果もあるのです。

革靴をアマゾンで検索

新人漫画家の原稿料は1ページいくらくらい?

自分は今から30年以上前の大学時代、サークルで漫画愛好会に入っておりまして、授業もろくろく出ずに、漫画ばっかり描いていて同人誌を作っていた時代がありました。

自分は1年留年して5年で卒業しましたが、大学自体は留年を重ねると8年までいられます。
自分のいた漫画愛好会では1年生から8年生までが見事に揃っておりました。
その中で、自分が3年生だった時に7年生だった先輩が、どういう経緯だったのかは分かりませんが、ある商業誌で連載をもらうことになりました。

その雑誌は自分の全く知らない漫画雑誌でしたが、先輩から聞いた話によると、原稿料は1ページ三千円だと言ってました。月刊誌だったので月15ページもらっていまして、ですから原稿料は月4万5千円です。

もちろん、月の収入がこれだけではとても生活出来ません。アシスタントを雇うお金もありません。プロの漫画家とは言えず、いわゆるセミプロです。

しかも全部1人で描くととてつもなく時間がかかります。漫画を描いたことのある人なら分かるでしょうが、ストーリー、下書きから始まってペン入れ、ベタ、スクリーントーン、背景、流線、ホワイトでの修正など様々な工程を踏んでようやく完成です。かかった時間のわりにはその報酬はとてもそれに見合うものではありません。

ですがこれは30年くらい前の話。では現在では、もっと高くなっているのかとちょっと調べてみましたが、現在でも新人は5千円から8千円くらいが基準のようです。

アシスタントを雇えば一日1万円くらいかかりますし、その他家賃や電気代、必要経費を考えるととても原稿料だけでは生活できません。メインの収入は単行本化された時の印税となります。

印税率は10%と言われていますので、コミックスが一冊売れると40円から50円くらいの印税が入ってきます。100万部売れれば4千万から5千万の収入となりますが、ここまで売れるのはごく一部の作家だけです。

話を原稿料に戻しますと、新人のうちは1万円以下が普通ですが、人気が出てきたりキャリアを重ねてくると原稿料も上がってきます。大体中堅どころで1ページ1万から3万円。大物超人気作家になると1ページ4万円から8万円ということです。

なお、原稿料は、どこまででも上がるというものではなく、1ページ10万円が限度と言われています。それは漫画の神様と言われる手塚治虫さんの原稿料が1ページ10万円だったことに由来しています。何人(なにびと)も、神様を超えてはならないという暗黙のルールがあるということです。

漫画といえば、ほとんどの人が頭に浮かぶのが、ドラゴンボールや北斗の拳、ワンピース、ナルトなどの大ヒット作品ですが、あれらは漫画界の中でも巨大ピラミッドの頂点の中の頂点です。

上は何十億と稼いでいる作家の人もいれば、下は毎月10数万円くらいの収入で、これだけでは生活が出来ないという人もいます。芸能界もそうですが、漫画界も、ピンからキリまで、収入に何ケタの差があるんだろうというほど、差が激しい世界なのです。

こちらは人気コミックを全巻セットで販売している【全巻漫画.com】


ホースがネバネバ・ベトベトになるのはなぜ?

うちの庭に置いてあるホースは、買ってから大体7年くらいになりますが、いつの間にかホースの表面がネバネバしてきて持つたびに手にもネバネバしたものがつきます。見るからに何か汚れがついている感じなので、食器洗剤でホース自体を洗ってみましたが全然落ちません。

ネバネバするのは主にホースの先端に近い部分です。ホースは片付ける時には巻いて片付けていますので、巻いた状態で一番表面に来ている部分だけが特にネバネバになってます。

ホース自体を買い換えればいいのですが、ホースを使うのは月に1回くらい車を洗う時くらいなのでついついそのままです。おかげで今ではホースを触る時には必ずポリ袋をしてから触るようになりました。

ネットで他の人の経験を見てみると、買って一年くらいで、もうホースがネバネバしてきたという人もいるようです。

このネバネバ、調べてみましたらホースの表面に汚れがついているわけではないんですね。このネバネバの正体は材質の劣化によるもの、すなわちホース自体がネバネバを発しているのです。

ホースの材料に使われているpp(ポリプロピレン)や塩ビ(ポリ塩化ビニル)などには、その物体を柔らかくするために「可塑剤(かそざい)」というものが使われています。

可塑剤(かそざい)とは、合成樹脂などの柔軟性を増すために添加する薬品類の総称です。
可塑剤(かそざい)自体は、色んな種類があり、ホースに限らずそれぞれの商品によって使い分けられていますが、この、ホースに使われている可塑剤(かそざい)が、古くなったホースの表面に染み出してきたのがネバネバの原因です。

つまりはホースの寿命ということです。ネットで検索してみると、ネバネバを取るには無水エタノールや重曹、シンナーで拭くという手段もあるようですが、これも結構な手間です。

原因がホースの劣化ですので、一定期間ベトベトしたものが取れても根本的な解決にはなりません。ホースとは消耗品と割り切って買い換えるのが一番いいようです。

ホースの寿命は保管の方法でかなり変わってきます。いつも直射日光を受ける場所に置きっぱなしにしていると、すぐに傷んで朽ちてしまいます。使わない時には物置などの室内にしまっておくだけでずいぶんと寿命は延びます。

また、ケースの中に巻き取って収納出来るタイプのリール式ホースもありますが、これも直射日光が避けられて、ホースの寿命が延びるという点では有効です。

ホースの中には「ベタつかない」と、パッケージに書かれていて、老朽化してもベタつきが少ない点をアピールしている商品もあります。こういった点も買い換える時の一つの目安になりますね。

amazon ホース べたつきにくいの検索結果

楽天 ホース べたつきにくいの検索結果

3 / 3123
サブコンテンツ

このページの先頭へ