「小話」の記事一覧

日本アニメのパクリ。韓国のアニメ。(ユーチューブ動画から)

日本のアニメは世界でもトップクラスの技術とクォリティを誇り、昔から世界中に輸出されてきました。それぞれの国で字幕つきで放送されたり吹き替え版で放送されたりなど、一つの作品が世界何十か国で放送されることも珍しいことではありません。

ですが、そうした正式な輸出版ではなく、日本のヒットアニメのキャラクターを勝手にパクッて全然違う番組を作ったり、キャラも設定もストーリーも極めてよく似た別の番組を作ったりなどのパクリ作品も存在します。
(さらに…)

日本のお菓子のパクリ。韓国のお菓子。

お菓子に限ったことではありませんが、韓国には日本の商品にそっくりなものが、たくさん存在します。
今から30年前や40年前くらいにコピーされ、商品化されたお菓子などは、韓国人からすれば、昔から存在する、なじみの深いお菓子であり、それを韓国のオリジナルであると思っている人も多数存在します。
(さらに…)

韓国の、世界での各種ランキング。必ず日本と比較する韓国メディア。

ネットのニュースでよく見かける「韓国は世界で○位。日本は?」のタイトルのニュース。韓国のメディアが好んで載せるニュースです。よほど日本のことが気にかかるのか、韓国は何点で何位とか、日本は前年に対して順位を落としたとか、ライバル心むき出しで、日本との比較の解説が入ります。

これまで報道があった、韓国と日本の色んなランキングです。結果のみです。いずれも韓国からの報道です。 (さらに…)

お菓子が断れない

電話のオペレーターと言いますか、社内でも電話をかけたり受けたりする部署に配置換えになった男の人がいます。

その部署は24時間営業ですので、それぞれがローテーションに従って交代していきますので、勤務の間に一緒に顔を合わせる同僚がけっこう入れ替わります。

職場の雰囲気はいいのでそこは申し分ないのですが、電話関係の仕事ということで女性が多く、いろんな女の人が入れ替わり立ち代わりお菓子を買って持ってきます。
(さらに…)

ニュースでよく使われる「関係筋」とか「政府筋」の意味は。

ネットでニュースを見ていると、よく目にするこの言葉。「関係筋」とか「政府筋」って誰のこと?と思った人もいるでしょう。

〇〇筋と言えば、北朝鮮関連のニュースでは「消息筋」という言葉も使われます。

「関係筋」と言う表現が使われる場合にはいくつかのパターンがあります。

まず、その情報を流した本人が、身元を明らかにしたくない場合です。情報自体は提供してもいいけれども、それをしゃべったのが自分だと書かないで欲しい場合です。
(さらに…)

青信号で停まっている

夜中の3時ごろ、車を運転していて、交差点にさしかかった。信号は青なのに前の車は停まったまま。

しかたがないから後ろにいったん停まってクラクションを鳴らした。しかし発進しない。もう一回鳴らしたが発進しない。更にもう一回鳴らした。それでも反応がない。
(さらに…)

2台目にいて正面衝突

ある車が、深夜、交差点の2台目で信号待ちをしていた。

その時、反対車線を軽(自動車)が走って来ているのが見えた。だが、何か様子がおかしい。目の前の信号は赤なのに、全く速度を落として行く様子がない。

しかも車線に沿って走っているのではなく、斜めに走っており、こっちの反対車線に向かってきているので、このままだとこっちの車線に突っ込んで来てしまう。
(さらに…)

ひったくり

自分の知り合いの女の人が、先日ひったくりにあった。
その人は飲み屋のお姉さんで、酔って明け方にふらふらと歩いていたら、後ろから来た男にハンドバックをひったくられたのだ。

犯人は、自転車や原付ではなく、自分の足で走って逃げたらしい。脚力に自信のある奴だろう。普段からトレーニングをしているのかも知れない。

その女性も、酔ってる上にハイヒールなので追いつけるわけがない。すぐに警察に連絡したが、警官に
「どんな感じの男でしたか?」と聞かれ、
「白いトレーナーを着てました。」
と、言えたのはこれだけだった。多分捕まらない気がする。

家庭用真空パック器の、肉と魚の保存期間。冷蔵と冷凍ではかなり差が出ます。

料理の作り過ぎや作り置き、食材が余った時などは特に重宝する真空パック器。保存の仕方次第で、更に長期保存が可能です。

▼真空パック器の、肉と魚の保存期間

今や一般家庭にもすっかり普及した真空パック器。もっとも頻繁に使用するのは、肉類と魚を保存する時ではないでしょうか。

保存期間のだいたいの目安は

牛肉・豚肉・鶏肉

冷蔵庫なら、ラップなどの通常の状態で3日、真空パックなら5日です。
冷凍庫なら、ラップなどの通常の状態で4ヶ月、真空パックなら1年です。
(さらに…)

走行中に窓をノックされる音が聞こえた。

ある日の深夜、お客を送った帰り、自分は山の中を走っていた。

民家もほとんどないような山道で、前にも後ろにも車はいない。対向車とも当分すれ違っていない。

車を走らせているゴォーッという音だけが聞こえている。50kmくらいで、ぼけっと考え事をしながら運転しているとすぐ右の方から

「コンコンッ」

という音が聞こえた。すぐ右と言えば運転席の窓ガラスである。ここを誰かがノックしたような音が聞こえたのだ。
(さらに…)

1 / 812345...最後 »
サブコンテンツ

このページの先頭へ