「小話・日記」の記事一覧(3 / 6ページ)

昔、自分のいたブラック企業

その当時は、これが普通かと思っていましたが、昔、自分も、今考えればブラック企業だったなと思う会社にいました。
5年ほどいましたが、結局耐えられずにやめてしまいました。

そこは、ルート営業の会社で、毎日車で、固定客の店に商品を届ける届ける仕事でした。

朝は7時に出勤で、帰れるのは午前1時です。3時に寝て6時に起きる生活でした。家にいられるのは5時間くらいで、睡眠時間は3時間くらい。

給料の手取りは14万円くらいでした。

ただ、車で商品を届けるといっても、それだけが仕事ではありません。配達の最中に付近の商店や会社に飛び込み営業をして、自分の会社の商品を継続的にとってもらう交渉をします。

この「新規で何件とれたか」というのが自分の実績になります。

「商品配るだけならバカでも出来る。新規の契約取ってくるのが仕事じゃ!」と、常に言われていました。

また、日常的に所長からよく言われていたのは、

「ある社員は一日、100軒の飛び込み営業して、その日の契約はゼロ。

だが別の社員は荷物の積み降ろししてたところへ、隣の店の主人が声かけてきてくれて、新規の契約が一件取れた。

この2人、どっちが仕事したかと言えば、もちろん荷物の積み降ろししてて、新規の契約取って来た方じゃ!

結果が全て。数字が全て。何軒飛び込みしたとか、そんなことはどうでもええことじゃ。」

とか、

所長「おう、○○さん、来月のこの数字、達成できるんか。」
自分「あ、はい、達成できるように頑張ります。」
「頑張らんでもええわ、出来るか出来んのか、聞いとんじゃ!」
「はい、達成出来るように努力します!」
「努力なんかどうでもええわ!やるんか、やらんのか、聞いとんじゃ!」
「はい、やります!」

という調子。

「出来ませんでしたで済むかーっ!どうするんじゃ、この数字!」

と言われてボールペンが飛んできたりシャチハタの印鑑が飛んできたり。

長時間労働に加えて営業成績を鬼のように追求される雰囲気で、社員は全く定着しませんでした。

自分のいた営業所では、当初11人の中で30代の社員は3人。他は全部20代。社員の平均寿命は3年。

これでもまだ、昔よりは改善された方で、以前所長が言ってましたが、昔はどの営業所も所長が20歳か21歳くらいで、営業社員は10代が普通だったとか。
2県にまたがって、営業所は10カ所くらいありましたが、どの営業所もこれくらいの年齢層だったとか。

良い言い方をすれば

「若さのあふれている会社です。」ということになります。

いや、ただ人が定着しないだけです。

それと、もう一つ。

自分が、この会社の次に就職した会社でしたが、ここも、一軒一軒、家を訪問して、月々2千円の契約を取ってくる仕事でした。訪問販売のようなものです。

車で連れて行かれて、一人一人バラバラに降ろされて、後はずっと歩き通しです。

昼に一回、車で迎えにきてもらって昼飯。その後はまたバラバラに降ろされて20時ごろまで訪問営業です。

事務所には棒グラフが貼ってあって、毎日個人の成績が更新されます。

ここは前述の会社よりももっとひどくて、社員の平均寿命が三ヶ月くらいでした。

成績が悪いと責められて居られなくなりましたから。

その週の契約がゼロだったら、日曜日も自主的にいろんな家を訪問して歩きました。

ですから、常時大々的な募集がしてあって、二週間に一回くらい新人が入ってきます。

その反面、毎週、月曜日の朝には40-50%の確率で
「今日で辞めさせてもらいたいんですが」
という電話がかかってくるようなところでした。

自分も三ヶ月で終わりました。

劇的に太り過ぎて、2年前の着物のサイズが合わない

高校生の娘を持つ、とある両親が、娘の高校の卒業祝いにと、40万円出して着物を買ってあげました。

「成人式にはまだ早いけど、これは私たちからのプレゼント。成人式にはこれを来て行きなさい。」と。

娘は卒業してからは就職し、実家から会社に通っていたのですが、やはり社会に出ると嫌なことも腹の立つこともいっぱいあるもの。

その上失恋して心に大変なダメージを負ってしまい、それを紛(まぎ)らわすために、食べることに走ってしまいました。

高校時代にはすらっとしていた体形がみるみる太り、しばらくすると体重は90kgを超え、それでも過食は止まりません。

そして高校を卒業してから2年が経ち、成人式を迎えた時、卒業祝いに買ってもらった着物をタンスから出して着てみましたが、当然入るわけもありません。

いや、着れたことは着れたのですが、ぴちぴちで不格好で、動くのにも不自由するほど。着物というより、相撲取りの浴衣(ゆかた)に近いものがありました。

さすがにこれでは成人式に着ていくなどということは出来ません。結局、また両親は40万円出して新しい着物を作ってあげました。

女の子といえど、2年間で、変り果てるほど体重が激増する場合もあるんですね。何年も先の計画は立てない方がいいのかも知れません。

ただ、社会に出てから、ストレスや嫌なことから体重が相当変わる女の子は結構いるようです。

このコのように、食べることで嫌なことを紛(まぎ)らわせて激太りする場合と、落ち込んで食欲がなくなったり、周りのコに影響されて過激なダイエットをして激痩せしてしまったという場合です。

大人の女性になればなるほど、体重は気になるもの。もちろん男性の視線も気になります。

しかし気にはしていても、つい食べてしまう。職場でおやつが出る、飲み会はある、では、なかなか自分の意思でダイエットに踏み切るのは困難です。

一番いいのは「食べても太らないこと」。

なのですが、それが出来れば誰も苦労はしません。

ですが、それに近い効果をもったサプリならあります。聞いたことはないでしょうか?

「胃や腸で、糖を吸収して便と一緒に排出する」あるいは「脂肪を吸着して便と一緒に排出する」サプリメントです。

体への吸収がブロックされる分だけ、同じ食べても体に入ってくるカロリーは減少します。

コンビニの弁当だったら、大体カロリーが書いてありますね。あれを見て買う人も多いでしょう。ですが、こういったサプリを飲んでいれば、全部食べても、書いてあるカロリーよりは少ないカロリーで抑えられるということです。

こういったサプリは昔からありましたが、いまいち効果が弱く、近年、アメリカで特許を取ったという「リポサンウルトラ」という成分が、最近では、優れた効果を持つと注目されています。

胃や腸の中で、脂肪とくっついてゲル状に固め、そのまま便として排泄してくれるという、優れものです。

1gで少なくとも50g以上の脂肪と結合し、多くの場合、90gから100gの脂肪と結合します。

その「リポサンウルトラ」を高配合してあるのが、

【カロリナ酵素プラス】

というサプリメントです。

一袋(2週間分120粒)で、6750kcalを吸着してくれます。

体重1kgを落とすのために、7200kcalのダウンが必要と言われていますから、2週間分でほぼ、1kg分のカロリーを吸着して排出してくれることになります。

二週間の減量が更に2kgになるか3kgになるかはあなたの努力次第ですが、食べるのを我慢して運動して、まともに3kg落とすよりも随分と楽になるはずです。

楽天ランキングでも、5つの部門で1位を獲得したという、このサプリ、一度覗いてみてはどうでしょう。

【カロリナ酵素プラス】

文句を言わない人たち

何年か前、ある会社(A社)が新年宴会を行った。
宴会を行う会場は、A社の大口の取引先である、とある居酒屋だった。普段から、その居酒屋はA社からよく商品を買ってくれる。

どうせ宴会をやるなら、普段お世話になっているお店でやろうということになったのだ。
会費は2000円ということで予約して話がついた。「それくらいの金額なら・・」ということで、珍しく全員参加となった。

だが、幹事の聞き違いで、2000円ではなく、3000円だったということが前日になって判明した。
1000円アップ・・「まあ1000円くらいなら・・」ということで誰も反論はしなかった。(3000円になった。)

だが、料理に1500円をプラスしないと「飲み放題」にならないということが当日の朝になって判明した。
更に1500円アップ・・「まあ1500円くらいなら・・」ということで誰も反論はしなかった。(4500円)

だが当日、開始2時間前になって、2人ほど急用で来られないことになった。11人で予約していたので、11人分の料金を9人で払わなくてはならなくなった。割り算をすると一人当たり1000円のアップ。(4500×11÷9=5500円)
「まあ、そういうことならしょうがないか・・」ということで誰も反論はしなかった。

この時点で会費は5500円に跳ね上がっていた。
そして宴会が終わり、会計の時になって、全員が予約していたコース以外のものを好き勝手に注文していたということで、更に一人あたま1500円の追加料金を払わなくてはならなくなった。結局2000円という話は最終的には7000円になってしまった。

「まあ、自分たちが食べた分だからしようがないか・・。」ということで、ここでも誰も反論はしなかった。

だが翌日、激しい下痢と内臓の痛みを訴えて、A社の社員は4人ほど会社を休んだ。どうやら昨日食べたものの何かが当たったようだ。単なる食べ過ぎではなく、他の客も食当たりを訴えたことから保健所が調査に入ることになった。するとやはり食中毒だったことが判明し、その店は一定期間、営業停止処分をくらってしまった。

4人も休んでは業務がまわらない。だが、その居酒屋は冒頭に書いたように、A社にとっては大口の取引先であるから文句を言うわけにもいかない。

「うちの会社のお客さんだからしょうがないか・・」ということで、ここに至っても誰も文句は言わなかった。結局全員泣き寝入り状態。素晴らしい人格の人たちである。

架空売り上げで業績を上げてきた結果

ある営業会社に勤務するAさんは、毎月かなり業績が良い。一見厳しすぎるとさえ思われる販売目標を、毎月達成している。
月初めになるといつも支店長が「先月も目標を達成したのはAさんだけ!他の者もAさんを見習ってもっと奮起するように!」と、朝礼で言うのが恒例行事のようなものだった。

当然Aさんも、業績というバックを背負って社内での態度もそれ相応、部下に対するものの言い方も結構高圧的だったが、数字が全てのこの会社において誰もそれに対してどうこう言うことは出来なかった。

そんなある日、お客のところをまわってAさんが集金してきたはずの現金が、会社に帰ってみると13万円足りないという事態が発生した。3枚綴りの伝票で、現金と引き替えにお客に渡すべき領収書の部分はちぎられていたので、お客からいったん現金を受け取ったことは間違いない。

Aさんに聞いてみると、どこかで落としました、と言う。Aさんがこれまでに、集金の金が何万も足りない、ということはたびたびあったし、そのたびに「どこかに置き忘れてきました」とか「落としました」と言い訳をしてきた。

今までにもあまりにもこういうことが多かったので、今回に限って支店長が問いつめてみると、「実は・・サラ金の金利が払えなくなったので、集金の金をそっちにまわしました。」と自白した。

Aさんはあちこちのサラ金に全部で200万以上の借金があるらしい。
なぜそんなに借金を作ったのかを更に問いただしてみると・・・要するに自分の販売目標を達成するために、毎月サラ金から何万円かを借りては、あたかも商品を販売したかのように伝票を書いて、その金を会社に入れていたらしい。要するに架空売り上げというヤツだ。まともにやっては到底目標を達成することは出来ないので、足りない売り上げを自分で払っていたのである。

借りていた金額は、毎月平均9万から10万円。これを約二年間に渡ってやっていたらしい。総額で二百数十万、金利だけで毎月13万にものぼる。二百数十万で金利が13万とは随分と高い気がするが、これはひょっとして「ヤミ金」というヤツか?

あちこちで借りまくっていたのだが、ほとんど返してなかったせいか(どこの会社でいくら借りていくら返しているとか、そういうデータは各金融会社間で分かるらしい)、ついにどこも借りれるところがなくなって会社の金で今月の金利を返済、という行動に出た、というところか。

「毎月、一人だけ目標達成」の秘密もバレて、これまでの評価も地に落ちた。社内でも誰も話しかけないし、Aさん自身も喋ることはない。このサラ金のことは奥さんにも内緒でやっていたというから、家の金でまともに返済することも出来ない。

Aさんは二ヶ月前に親子二世代ローンで家を建てたばかり。更にその時期に合わせて二人目の子供も生まれ、これから金がかかることばかりである。果たしてこれからどうなっていくのかは分からないが、会社の金を横領していたということで、おそらく解雇は免れまい。

業績・業績と追いつめられることはよくあることだし、販売職なら多少は自分で払うのは普通ではあるが、この場合は度が過ぎている。
彼にとっては、「先月も目標を達成したのはAさんだけ!」という言葉がそれほどまでに大事だったんだろうか。

すごくきつい運送会社の人

ある商品をネットを通じて注文した。
何日か経って、ある日仕事から帰ってきたら、荷物の「不在配達票」が入っていた。その紙には、持って来てくれた人の名前と携帯の番号が書いてあったので、すぐに電話してみた。時間は夜の9時をちょっと過ぎていた。

「あのー、不在配達票が入っていた者なんですが・・」と言うと「あぁ、すいません、お客さん、僕、今、家に帰って来たとこなんですよぉ。」と言うので、

「あ、いえいえ、今から持って来て下さい、なんて言いませんので、明日またお願いしようかと思うんですが。」「あぁ、明日は僕2時から仕事なんですよ。」

「2時からっていうことでしたら、昼からっていうことになりますね。」「あ、いえいえ昼の2時じゃなくて夜の2時なんですよ。」
「よ、夜の2時ですか!」「そうなんです。1時半には起きないといけないんですよ。」

「1時半っていったらあと、4時間半しかないじゃないですか。毎日、夜の9時に帰って夜の2時に出勤するような生活してるんですか?」

「毎日じゃないですけど・・それに近いです。」

「キツクないですか?」「キツイです・・。」

「眠くなったりしません?」「眠いです・・。」

「身体大丈夫ですか?」「大丈夫じゃないです・・。」

「わ・・分かりました・・。それじゃ、明日・・どうしましょう?」「あのー、明日の朝、あなたの出勤前にお伺いしてもいいですか?朝7時ごろ、まだ家にいます?」「はい、まだいますので・・起きて待ってますのでよろしくお願いします。すいません、貴重な時間に電話なんかかけてしまいまして。」「いえいえ、そんなことはないんですが・・それじゃ明日お伺いします。」

と言って電話を切った。なにかその人のすごく貴重な時間をさいてしまったような気がしたのでとりあえず謝っておいた。
そして次の日の朝、その人はやって来た。ピンポンが鳴ったので急いで玄関を開けると、その人が荷物を持って立っていた。時計を見ると6時50分だった。

「サインお願いします。」と言うので僕がサインすると、伝票を持ってダッシュで去って行った。まだ、相当件数が残ってるんだろうなあ。

はたしてこの人の所属している運送会社がそれだけの長時間労働を強制しているのか、それともこの人が二つの運送会社を掛け持ちで働いているのか、その辺のことはよく分からないが、世の中には凄い人もいるもんだ。

こういう人に持って来てもらったのかと思うと、この商品が特別な物のように思えてくる。その人に報いるためにも、しっかりと使わなければ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ