「小話・日記」の記事一覧

アメリカで知らない親戚が死んで、その遺産が17億。自分がその相続人に指名されているらしい。

※登場人物は仮名です。

一応自分はフェイスブックをやっているのですが、先日ある女の人から友達申請が来ました。その人はフェイスブックを見るとアメリカで弁護士をやっているとのこと。顔写真も載っていましたし、事業所名も掲載されていましたので、申請はOKしました。

それからしばらくするとその人からメッセージです。日本語です。一行メールなのでこちらも簡単な返事を返しました。

「リクエスト承認ありがとう。」
「はい、こちらこそありがとうございます。」

2-3日経って

「よろしくお願いします。」
「はい、こちらこそよろしくお願いします。」

それからまた2-3日経って

「素敵な出会い。」
「ありがとうございます。」

それからまた2-3日経って

「今日の日本の天気はどうですか。」
「はい晴れています。」

といった、どうでもいいような一行の会話を2週間くらい続けました。

その後、こういうメッセージです。
「あなたは英語が理解できますか。」

と言うので
「いえ、私は英語があまり分かりません。」

と返事をしましたら、次に長文の英文メールが来ました。「英語があまり分かりません」と返事をしたにも関わらずです。

その長文の英語メールをGoogle翻訳にかけてみましたらこういう内容でした。
―――――――――――――――――
私はアメリカで弁護士をしているスズキ フミコ(仮名)といいます。

アメリカのカリフォルニア州で山下弘(仮名)という人が交通事故で亡くなりました。その人はあなたの親戚です。

その人はアメリカのエクソンモバイル社に勤めていた人でした。彼の遺産は日本円にして17億円あります。

私はその人の遺産相続を全面的に任されている弁護士です。

その人の遺言状には、あなたが遺産の受取人として指名されています。

その遺産があなたの口座に振り込まれる前に、あなたはロスアンジェルスCAの銀行支店に行って外国為替銀行口座を開き、必要な書類に署名する必要があります。

銀行口座はあなたの名前で開く必要があります。

必要な文書はすべて整っており、それ以降の文書は全て、アメリカ合衆国の国際法を理解している弁護士の私によって作成されます。

また、あなたは銀行のマネジャーに連絡しなければなりません。

そして詐欺師があなたの背後からアドバイスするのを避けるために、あなたはこの秘密を守らなければなりません。

銀行の管理者に連絡する時は死亡証明書を添付して下さい。これらの手続きが終わった後、私はあなたに会う時間を設けます。

(銀行マネージャーのメールアドレスと名前が記載)
―――――――――――――――――

そして、死亡証明書と遺言状をスキャンした画像が添付されていました。

画像ファイルでは翻訳サイトにかけられませんので、遺言状の方を、自分で文章を全部打ち直してグーグル翻訳にかけてみると

「私の死去の際、私は1963年7月1日に〇〇の〇〇市で生まれた私の執行者である山下浩一に、私の財産と効果の全てを渡します。」

と書かれてありました。
※山下浩一というのは、私の名前(仮名)です。

私の住んでいる県名、市町村、誕生日、山下浩一という名前も全部合っています。それが遺言状に書かれていたのです。

自分は、その山下弘という親戚の人は全く知りません。アメリカに親戚がいるなど聞いたこともありません。

ですがもし本当にそういう人がいたとしたら、と思いまして一応両親に聞いてみましたが、父も母も知らないと言います。

ですがもし、この話が本当だったら、17億もらったらすぐに会社を辞めて引きこもりになるでしょう。

家を建てて超高級車を買って後は旅行三昧です。時間があるので後は英会話とかジムのトレーニングに毎日行きます。
金を莫大(ばくだい)持っている、引きこもりが自分の理想です。

しかしこんなうまい話があるわけがありません。

突っ込みどころがいくつもあります。

まず、遺言状に書かれていた住んでいる市と誕生日、本名ですが、これは自分でフェイスブックの「基本データ」の欄に書いてあることです。ここを見ればそんなことはすぐに分かります。

それとやり取りでの展開。

最初はフェイスブックの友達申請が来たことから始まり、初めましてとか日本の天気はどうですかとか、素敵な出会いなど、しょうもない一行メールのやり取りが2週間くらい続いてから遺産の話が始まりました。

遺産相続などの重要な話であれば、そして仕事でやっているのであれば、一回目のメールからその話を切り出すべきでしょう。

最初のうちはいかにも、メールの返事を返す人間かどうか探(さぐ)りを入れているかのようです。こっちが毎回返事を返していたものだから、こういう展開に持っていった、という感じがありありとします。

それと弁護士事務所のアドレスがGmailになっていました。

Gmailはグーグルのサービスでフリー(無料)のメールアドレスです。ネット上の自分専用のメールボックスにメールが届くので、パソコンでも携帯でもメールが見れます。すごく便利なので自分も使っています。

ですがその反面、個人で何十個でも作ることができて、不要になったらすぐにアカウントを削除できるので、使い捨てのアドレスとして使う人も多いシステムです。

これはGmailだけではなく、Yahoo!メールもそうですが、フリーのメールアドレスは個人が使うのが圧倒的に多く、企業や組織がフリーメールアドレスを代表アドレスとして使っているのはあまりないでしょう。

また、17億もの金を振り込みます、というわりには本人確認がずさんです。

普通に考えれば、戸籍謄本とか免許証とか保険証、パスポートなど、色んな身分証明書を提出させて本人確認を行いそうなものですが、本人を確定した要素が、自分がフェイスブックに書いていた住所と生年月日と名前だけです。

この3つだけで、あなたが17億円の相続人ですと断定するわけがありません。

どうにも怪しいので、似たような事例がないかネットで調べてみました。「アメリカ遺産相続メール」というキーワードでGoogle検索をかけてみましたらまさにドンピシャのサイトが出てきました。

「海外情報メール掲載板」の中の
「遺産相続を名目とした国際的詐欺」のページです。

また、このサイトの文末の方に

外務省海外安全ホームページ「海外邦人事件簿」が紹介されていました。

http://www.anzen.mofa.go.jp/jikenbo/jiken_index.html

その中でも特にここがまさにぴったりの事例です。

海外邦人事件簿|Vol.47 おいしいメールと国際詐欺
https://www.anzen.mofa.go.jp/jikenbo/jikenbo47.html

要するに、このままメールでのやり取りを続けていると次の展開は、

遺産を現金化するために手付け金が必要になってくるとか、あるいは海外送金のために手数料がかかります、また、現地の政府に納める税金などが必要になってきます、その経費を先に払って下さい、という展開になるようです。

その経費とは大体、数百万円です。

そして経費を振り込んだら、それ以降の連絡は途絶え、それで一件終了となります。

実際に払った人もいるそうです。確かに、仮に経費が500万かかると言われても、その話を信じている人だったら、500万払っても17億振り込まれるなら、借金してでも500万円振り込むでしょう。

こういった詐欺の事例は何年も前からあるらしいのですが、初めて遭遇した人だったら、いくら昔からあったといっても分かりません。信じる人もいます。

こんなうまい話があるわけがない、と一旦疑って、ネットで調べてみるという心がけをもっているだけで、その後の展開も大きく違ってくると思います。

自分もこの20年で様々な誘導メールや詐欺メールが来ましたが、ネットで調べてみると、大体の場合、同じ経験をした人がブログなどにアップしてくれています。それらで随分と助かってます。

一応相手には、

「その人は私の知らない人ですので、私はそのお金を受け取ることは出来ません。

また、私は最初に請求されるであろう高額の手数料を払うことは出来ません。私はお金がありません。その遺産はあなたが適当に処分しておいて下さい。」

という返事を英語に翻訳してしておきました。

初めて申請が来てから3週間くらいにやりとりしましたが、何とか解明できて、やれやれです。
一応これ以降は連絡が来ても返事はしない予定です。

ちなみに先ほどその人のフェイスブックを見ましたら、あの時は日本人の写真で奈良県出身、アメリカ在住の弁護士だったものが、今ではアテネ出身、イエメン在住の学生になっており、外国人の写真になって顔も全然違ってます。
顔が変わってた上に、人種まで変わってました。

健康診断で結果をもらう順番

自分が以前いた会社では、健康診断の結果は、郵送で会社に送られてきていました。結果が悪かった人は、第1弾として、早めに結果が送られてきます。早く病院に行くためです。

続いて数日後に第2弾の人の結果がきます。
こちらはまだ緊急を要しない人たちの結果です。ですが、封筒に入ったものを渡されるだけですし、第2弾にきたので、自分はまあいいんだろうと思うのか、封もあけずにすのまま結果を捨てる人もかなりいました。これでいいんだろうかと思うことしきりでしたね。

古着を30着以上リサイクルショップで買い取りしてもらいましたが、査定価格はこれぐらいでした。

家に、もう着なくなった古着がどんどん溜まっていってます。大体、服を捨てるということが滅多にないため、溜まる一方です。

ですが、押し入れの引き出しも一杯、ロッカーも一杯になりつつあり、家も狭いので、この際、思い切って大量に処分することにしました。

といっても、捨てるのも何か心苦しいので、リサイクルショップに引き取ってもらうことにしました。売って何千円かにでもなれば、服は処分出来るし、ちょっと小遣いは入るし最高です。

多分、15年以上前からあるスーツ、ブレザー、スラックス、ジャケット、ジャンバーなど、ハンガーにかけっぱなしのものを片っ端から手提げタイプの45リットルのゴミ袋に入れていきました。3袋になりました。

ほとんどが冬物の厚いものだったので、家の空間もかなり空いて随分とすっきりしました。全部で30着以上はあったと思います。1袋の重さまでは測ってませんが、持ってみた感じ、どの袋も10kg以上あるのではないかと思いました。

車で家の近くのリサイクルショップまで持って行ってみました。

店に入って、買い取りカウンターに行くと、自分と同じように古着をもってきていた人が2人おり、順番を待って受け付けをしてもらうと番号札をもらいました。

「これから査定をいたしますので、館内でお待ち下さい。査定が終わりましたら館内放送で番号とお客様の名前をお呼びしますから、またここへ来ていただけますか?」

と言うので、査定が終わるのまでの間、売り場の商品をブラブラと見て歩きました。リサイクルショップなので色んな品物が置いてありますが、自分が見に行ったのは、やっぱり古着のコーナーです。

古着というものは一体いくらくらいで売られているものなのかを確認に行きました。ほとんどの商品が300円から500円の値段がついてました。

もちろんこれより高いものも安いものもありますが、印象としては500円が一番多いような感じでした。

ということは一着100円くらいで買い取ってもらえるかな?

30着以上はあるし、スーツなど結構高いものもあるので、高く査定してもらえれば5000円くらいにはなるかも・・と思ってましたら、さっそく館内放送で番号と名前を呼ばれました。

すぐにさっきのカウンターに行ってみましたら

「査定の結果が出ました。348円になります。」

と言われました。

「は・・?」

ちょっと期待していただけに一瞬耳を疑いましたが、その辺りは一応、大人の対応でうろたえずに表情も変えず

「分かりました。」

とだけ言って348円を受け取りました。

査定と言うからには、服によって買い取り価格が違うのかと思ってましたが、査定というのは枚数を数えることでしたか。。

多分32着で一着あたり10円。それに消費税を加えて大体それくらいになります。

買った時には5-6万したスーツでも売ったら一着10円。いや、上下セットの上着とスラックスだから20円か。

それでも、燃えるゴミに混ぜて出して燃やされてしまうよりは、誰かが着てくれたほうがまだ気分がいいですね。海外の支援物資にでもなれば服の供養になります。

今回はリサイクルショップに持って行きましたが、もし、捨てることを選んだとしても紙・布の日の資源ゴミの日に出すようにするでしょう。

服を処分する・・捨てる、燃やすというのは、何か心が痛みます。やっぱり次も金額は考えずリサイクルショップに持って行くでしょうね。

―――――――――――――――――
ちなみにこちらはAmazonの買取サービス。

Amazonアカウントを使用して申し込める、本・CD・DVD・ゲームだけでなく、幅広い買取対象カテゴリに対応した買取サービスです。

商品の買取価格の事前確認が可能。梱包段ボール無料の宅配買取もしくは無料の出張買取が提供されています。

amazon買い取りサービス

この辺りで変質者を見かけなかったか

夜、車を運転中に、友人から電話がかかってきたので、車を邪魔にならない所に停めて、ちょっと長話をしていた。

すると間もなくパトカーが近くに停まり、警官が自分の方へ近づいてきた。何か言われるのかヒヤヒヤしたが
「君はいつからここに停まっているのかね?」と聞かれた。
「はあ、15分くらいです。」
と言うと

「いや、さっきからこの辺りを変な男が歩いてるという電話が何本もかかってきてるんだ。シュミーズを着てブラジャーをつけた男がハダシで歩いてるらしいんだが、そういう男は見なかったかね?」

「いや、すいません、ちょっと見てないです。」
「そうか、じゃ見かけたらすぐ知らせてくれ。」
と言って警官たちは去って行った。何だったんだ、一体。

こっちは車にのっているとはいえ、もし本当にそういう男に出会ったらちょっと怖いのですぐに発進して別の場所で電話をかけなおした。

そういえば以前繁華街を歩いている時にも警官に呼びとめられ

「この辺りで下半身を全部脱いだ男が立っているという電話があったんだが、そういう男を見なかったかね?」
と聞かれたこともある。

やっぱり世の中は広い。いろんな男がいる。

辛(から)いものを大量に食べると痔になるという噂

強烈に辛いカレーやキムチなどを大量に食べると、翌日大便をした時に肛門の周辺がヒリヒリと痛むことがあります。

これは、食べ物の中に含まれていた辛味成分が分解されないまま肛門まで達し、便を出す時に肛門周辺の敏感な粘膜部分を刺激して痛みを感じるためです。

肛門に痛みを感じることから、「辛いものを食べると痔になる」とよく言われます。ですが、辛いものが直接痔の原因になるかどうかというのは、実際のところよく分かっていません。あくまでも噂の域です。

世界には、タイやベトナム、インドなど、辛いものを頻繁に食べている国があります。辛いものが痔の原因ならば、これらの国の国民は全員痔になっているということになってしまいます。

ただし、今現在、すでに痔になっている人であれば、辛いものは肛門周辺を刺激して痛みを伴うために、辛いものは好きでも小量にとどめておく方が無難です。痔を治療中あるいは痔の兆候のある人にとっては、辛いものは悪い影響があるようです。

また、辛いものといえば、食べている最中にかなり汗の汗が出てくることがあります。これもまた、体内における自然現象の一つで、体内に食べ物が入ると、消化器官は消化運動を開始しますが、トウガラシなどの激辛成分は消化器官に強い刺激を与え、消化運動をより活発にします。

この時に大量のエネルギーが使われて体内に熱が発生します。すると体は、夏に汗をかくのと同様に、体温を下げるために汗を発生させます。強烈に辛いものを食べると、胃が熱くなったような感覚になりますが、このことからも、辛いものが消化器官に多大な影響を与えていることが分かります。

また、ここからは余談になりますが、何年か前、自分は飲みに行った帰り、友人と激辛の「つけ麺」を食べに行ったことがあります。「つけ麺」とは、ラーメンの麺を、そうめんみたいにだし汁につけて食べるものです。

その店は辛さがウリで、辛さの調節は言えばしてもらえます。自分は辛いのはダメなので、当然一番下の辛さです。

ですがその友人は、食べる前に店長から

「うちの店で最高の激辛を食べて、汁まで飲んだ人はオープン以来一人しかいないよ。」

というセリフを聞いて

「じゃ、その一番の激辛でお願いします。」と注文してしまいました。

最初は面白いから勧めていたのですが、その汁を箸につけてちょっと舐めさせてもらいましたら半端じゃない辛さでした。汁が液体ではなくて半練りタイプの唐辛子の粉末そのものです。これって汁じゃないだろという感じです。

彼は
「食う!俺は絶対食う!」

と言いながら食べていましたが、途中で10分と5分の休憩をはさんで煙草を2本吸って、お茶を大量に飲んで、替え玉3つ注文して「ベロが痛い」とか「ノドが焼ける・・。」などと言いながら、涙を流して30分かけてついに汁まで全部飲み干しました。

何の意味もない挑戦に思えましたが、本人にとっては大事な意味があったんでしょう。多分翌日は肛門まわりがかなりヒリヒリ痛んだのではないかと思います。あんまり辛いものを食べると下痢になるとも言われていますので、多分下痢にもなったのではないかと思います。

店長の話によりますと、以前一番の激辛を食べた人というのは

「うわ、辛いな、これ。」

とか言いながら、普通に食べてずずっと汁を飲み干したらしいです。命がけで食べたこの彼とはレベルが違います。世の中、すごい人がいるものだと感心してしまいました。

amazonこんにゃくラーメン

1 / 612345...最後 »
サブコンテンツ

このページの先頭へ