「健康・身体」の記事一覧

寄生虫を使って難病の治療をする研究がスタート

「自己免疫疾患」と呼ばれる病気がいくつかあります。自己免疫疾患とは、体内の免疫システムが異常をきたして起こってしまう病気です。

人間の体内には、細菌やウイルスなどの異物が体内に侵入して来た場合、これらを攻撃して体を守る免疫システムというものが備わっています。ですが、この免疫システムが異常をきたして、本来攻撃すべき外部の異物ではなく、自分自身の細胞を攻撃してしまうことがあります。

この現象によって引き起こされるのが自己免疫疾患で 、難病指定されているクローン病や潰瘍性大腸炎などの腸の病気や、皮膚が赤くなったり剥がれ落ちたりする乾癬(かんせん)、あるいは多発性硬化症などがこれに相当します。

国内のクローン病患者は2014年時点で約4万人、潰瘍性大腸炎の患者は約17万人と言われており、両者とも30年前より18倍以上増加しています。

寄生虫を使って病気の治療を行うというシステムは、患者さんの腸の中に寄生虫を入れることにより、これまで自分を攻撃していた免疫システムの攻撃の対象を、自分から寄生虫に変えるというのが狙いです。

このことにより病気の症状が改善されるのではないかと期待が持たれています 。

この研究を行うのは東京慈恵会医科大のグループです。研究に使われるのは豚やイノシシなどに寄生する豚鞭虫(ぶたべんちゅう)と呼ばれる寄生虫です。

日本では聞きなれない言葉ですがタイでは豚鞭虫の卵の入ったサプリメントが市販されておりこれを成人男性に飲んでもらい、約2ヶ月かに渡って血液や便を調べ兵庫県福井県ます。

卵の大きさは50から60マイクロメートルでラグビーボールのような形をしており、このサプリメントの瓶の中には極小の卵が500個から2500個入っており一本19000円くらいで販売されています。

アメリカでは医師の処方箋があれば購入でき、ドイツでも2019年の年内に食品として認可される見通しです。

豚鞭虫(ぶたべんちゅう)が寄生した豚は、下痢の症状が出て肉質も落ちますが、豚鞭虫(ぶたべんちゅう)は、人間の体内では定着できないため、2週間で便とともに自然に排出されます。

寄生虫を飲んでもらうのは、成人男性12人の予定です。女性は妊娠への影響が未知数なため、含まれていません。

▼清潔な環境が現代人の病気を増やした可能性も

今の50代以上の人であれば覚えているかも知れませんが、昔は虫下(むしくだ)しと呼ばれるものを飲んだり、小学校の指導で、肛門にセロハンのようなものを貼って寄生虫の検査をしたりといったようなことがありました。

文部科学省の調査によりますと、1950年の検査では小学生の63%で寄生虫の卵が見つかりましたが、2015年ではわずかに0.12%となっていました。
日本国内では寄生虫はほとんど絶滅したため、この年をもって寄生虫の卵の検査は廃止されました。

もちろんそれは素晴らしいことなのですが、その反面、人類が誕生した時から人間の体の中にいた寄生虫が、この近年で一気に日本国内で絶滅したことにより、かえって体が虚弱になり、体内のシステムがおかしくなってしまったのではないかという意見もあります。

2018年、北朝鮮の兵士が韓国に亡命しようと、軍事境界線を走って越え、韓国側に逃げた時、北朝鮮軍から銃撃を受けて瀕死の重傷を負って倒れたことがありました。その時、韓国の病院で手術を受けた際に、その兵士の腸の中から、大量の回虫か発見されたと報道されたことがありました。

もちろん、腸内の回虫は、北朝鮮のことだけではなく、昔の日本人の中にもいましたし、現在の発展途上国の人々の中にも普通にいます。

回虫が体内にいるからといって、次から次へと死者が出ているわけでもなく、人間は回虫と共存しています。

不潔過ぎるのは当然よくないことですが、逆に清潔すぎるのも、体内の免疫力、すなわち病原菌やウイルスに対する抵抗力を弱めることになるのではないかとも言われています。

虫歯を防ぐ正しい歯磨きの方法。

▼虫歯にならないための歯磨きで気を付けておきたいポイントは。

自分自身も虫歯になって、えらい激痛に苦しんだことが、これまでの人生で何回もあります。

歯医者さんに行って自分の歯を見させてもらいましたが、前歯だけでも根本がドス黒く変色しているところが何か所もあり、びっくりしたことがあります。

普段の歯磨きって本当に重要ですね。歯磨きは、ちゃんとやってたんですが、適当に磨いていてはダメということが良く分かりました。

ということで、本やネットで「虫歯にならないための歯磨き」を調べてみました。

▼寝る前は特に念入りに
虫歯とは、虫歯菌が「酸」を作り出し、その酸が歯を溶かしてしまう状態のことで、これが虫歯に発展していきます。

この「酸」に対抗してくれているのが、我々の口の中にある唾液です。唾液は酸を中和してくれます。

ですが睡眠中は唾液の量が減ってくるため、虫歯は寝ている間に進行するのです。そのため、寝る前は、一日の中でも一番しっかりと磨いておく必要があるのです。

▼歯を磨くタイミングは食後すぐに
虫歯菌は、歯についた食べ物のカスをエサにして増殖しますので、なるべくすぐに磨いた方が虫歯菌の増殖を防ぐことになります。

ほとんどの人がやっているタイミングで、これは正しいタイミングです。ですが「食後30分がベスト」という説もあります。

これは、唾液が、虫歯菌の出した酸を中和するのに30分くらいかかるからという根拠に基づいており、この説も間違いではありません。

ですが、歯に特に問題のない人でしたら、そこまで気にすることはなく、食後すぐのタイミングで習慣化しておいていいそうです。

▼歯磨きの時間は15分
15分はかなりの時間になりますが、それぞれの箇所を10回から20回くらい磨き、さらにデンタルフロス(歯と歯の隙間を磨く糸状の道具)で、食べ物のかすなどを取って磨いていると、それくらいはかかるそうです。

デンタルフロスは面倒かも知れませんが、歯と歯の間を磨くためにはとても重要なものです。

▼歯ブラシは極力直角に当てる
虫歯に徹底して気を付けている人や、歯医者さん自身は、漠然(ばくぜん)と歯ブラシを口の中に突っ込んでいるのではなく、磨く歯に合わせて歯ブラシの角度を変えて磨いています。
それぞれ直角を意識して歯ブラシを当てましょう。

▼歯磨き粉は1cmから2cm
歯磨き粉の、多過ぎず少な過ぎずの量は、歯ブラシの上に乗る量くらいの量で、多ければ良いというものではありません。

誰でも、虫歯や歯周病にはなりたくありませんし、口臭も出したくありません。また、歯も白くしていたいですね。

日常のこととして、当たり前のようにやっている歯磨きですが、ただやっているだけではあまり効果はなく、磨くということを意識して歯磨きを行うことが大切です。

そして良い歯磨き粉を使うこと。

ところで「塩歯磨き」って聞いたことありますか?名前の通り、塩の入った歯磨き粉です。いくつも製品化されています。

塩には、歯の炎症を抑える効果があり、口臭を抑える効果もあります。

また、歯茎を引き締めるという働きもあるため、歯磨きの原料の一つとして採用されているのです。

ただ、塩が歯磨きにいいからといって、「塩そのもの」を直接つけて歯を磨いてしまうと、塩の結晶で歯茎や歯を傷つけてしまったり、塩分を過剰に吸収してしまうこともあるために、塩の効果を期待するのなら、きちんと製品化されたものを選ぶべきです。

特に女性であれば、口臭には非常に気をつかうところです。一度試してみてはいかがでしょうか。

虫歯を予防したい、口臭と歯垢の対策をしたい、歯を白くしたい人には「塩歯磨き」がお勧めです。

amazonの塩はみがき

肩と膝(ひざ)の痛かったのは自分の生活習慣が原因でした。

自分はもう、何年も前から、左肩と左ひざに痛みがありました。一時的に軽くなることはあるにしても完全に慢性化していました。

趣味でウエイトトレーニングをしていますが、肩のトレーニングの時はいつも痛いので軽い重量でしか出来ません。また、日常生活でも、つい左肩をかばうような感じで、なるべく左手を使わないようにしていました。

年令のこともあり、もう治らない痛みと思っていましたが、ある日ふと、痛みの原因はこれではないかというものを思いつきました。

自分は会社の通勤には10数年間、原付を使っていますが、この時いつもカバンを左肩にかけて原付に乗っています。

このカバン、結構重くて5kg位あります。ですが会社まで12分くらいですので、負担ではありましたが、ずっとこのスタイルで通勤してきました。

ある日、雨が3日続いたことがありまして、自分は基本的に雨が降っていてもカッパを着て原付で行っているのですが、カバンはさすがに濡れるとまずいので、雨の日は荷物は後ろの荷物入れに入れます。

ですから3日間、カバンを肩にかけることはしなかったわけですが、その時に随分と肩の痛みが軽くなっていることに気づきました。

「あれ?ひょっとして今まで肩が痛かったのはカバンが原因?」

確かに結構重いカバンなので、左肩にかけた時、いつもずしっときます。この日から試しにカバンを肩にかけるスタイルはやめていつも後ろの荷物入れに入れるようにしてみました。

すると日に日に痛みがなくなり、何年間も痛かった肩から痛みが全くなくなったのです。

毎日、そんなに長い時間ではないとはいえ、左肩だけに圧力をかけ続けた結果、骨格でも歪(ゆが)んでいたんでしょうか。ですが、毎日習慣のようにやっていたことが肩の痛みの原因だったと気づくには何年もかかりました。慣れというものは恐ろしいものがあります。

それからもう一ヶ所の痛いところの、左ひざの方ですが、こちらは痛くなり始めてから2年くらいになります。

こちらも肩と同様、年齢的なものと思ってましたので、もう治らないだろうとも思っていました。

ですが、肩の痛みがなくなったこともあり、こちらのひざの痛みにも何か原因があるのではないかと考え始めました。

よくとっている姿勢、立ち上がる時の動作など、何か左ひざに悪いことはしていないか、をいろいろと考えた結果、疑わしいと思ったのは、車を運転する時の左足の位置です。

自分は仕事が運転なので、毎日10時間くらいは車の中にいます。車を運転する時、いつも左足はこんな感じで折り曲げていました。

ひょっとしてと思い、この姿勢をやめて左足は伸ばしてフットレストの上に置くようにしてみました。

それから4-5日でやはり思った通り、左ひざの痛みはすっかりなくなりました。

この痛みも自分の習慣が原因だったんですね。

ある程度の年齢までいくと腰やひざなど、色んなところが痛くなってくることが多いのですが、その原因は人によって様々です。

どれも一概に「これが原因でこうすれば治る」などという簡単なものではありません。ですが、自分の場合のように明らかな原因があった場合、それを取り除くことによって治ることもあるのです。

知らず知らずのうちに、自分で体を痛くする原因を作っていないか、考えてみることも大事なことだと思います。

関節の痛みにはグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸のサプリメントが効果的です。痛みが緩和された、少し楽になったという人が多いです。

小林製薬の栄養補助食品 グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸 約30日分 240粒

血圧の薬。自分が毎日飲んでいる2種類の薬の名前と価格。

自分の血圧は20代の頃から、上が150台、下が90台後半でした。

30年以上そんな感じで、これまで会社で健康診断は毎年受けてきましたが、特にそのことで治療が必要とかは言われなかったのですが、今の会社に転職してからは、ついに言われてしまいました。

「血圧の再検査に行くように。そして治療が必要なら治療をして下さい。」

そういうことで会社の健康診断を行っているお医者さんに行きまして、その時からずっと血圧を下げる薬を飲んでいます。

それと同時に毎日、起きた時と寝る前に血圧を測り、それをもらったノートに書き留め、50日に一回の頻度で病院に行っています。

もちろん、その血圧のノートは持参し、その場で血圧を測ります。ノートには血圧の治療目標値が書いてあり、それによりますと、診察室での血圧は140と90mmHg未満、家庭内での血圧は135と85mmHg未満が理想の数字になっています。

診察室と家庭内と、二つの数字が示されているのは、家庭内の方が落ち着いて測れるので全般的に低い数字が出るからで、外出先で測るのとはまた違うということです。やっぱり家ではない場所で測るというのは、知らないうちに緊張してるんですかね。

病院には行き始めてから一年半くらいになります。毎回の病院に支払う診察代は健康保険の3割負担で1470円です。

もらっている薬は、最初の頃は

ノルバスクOD錠5mg   1日1錠
オルメテックOD錠40mg  1日1錠

の2種類を50日分もらっており、薬代は3500円でした。

現在では、この2種類は両方ともジェネリックにしてもらいまして、

アムロジピンOD錠5mg「アメル」   1日1錠
オルメサルタンOD錠40mg「EE」  1日1錠

という薬になりました。これまでと同じように50日分もらっており、薬代は1700円です。

左がアムロジピン、右がオルメサルタンです。

ですから自分の場合、現在、血圧治療にかかっている費用は診察代と薬代で3170円です。50日に一回の頻度です。

旅行などで飲み忘れることや持っていくのを忘れることもありますので、きっちり50日ごとではなく若干日数は伸び気味になってしまってます。

薬を飲み始めてから、確かに効果はあり、数値は下がりました。大体、家で測ってほとんどの場合、上が110台、下が70前後です。

たまに低くなり過ぎることもあり、上が95、下が55というような数字が出ることもあります。

この血圧計で測っています。

amazonオムロン血圧計

一応、薬はほぼ毎日飲んでますので、低くても飲んでいます。立ちくらみやめまいがすることがあるのですが、これは血圧とやっぱり関係があるんですかね。

今はそうでもないのですが、立ちくらみがやたらと起こって、ちょっと恐ろしくなった日がありました。この日はなるべくゆっくり立ち上がるように心がけました。

薬を飲む時間は出勤前です。一日一回ですから、平日はあまり忘れることはないのですが、休みの日の前日など、相当遅くまで起きていて、その上13時間くらい寝て大幅に生活時間がずれることがあり、そういった時には飲み忘れることがあります。

病院に行き始めてからは診察室で測ってもどうにか毎回適正範囲の数字が出ていますが、これも薬のおかげですから良くなったわけではないのですが、いつか薬が不要になる時が来て欲しいものです。

amazon 血圧 サプリメント 検索結果

楽天 血圧 サプリメント 検索結果

【荒木式】高血圧克服プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な治療法~(配送版)

辛(から)いものを大量に食べると痔になるという噂

強烈に辛いカレーやキムチなどを大量に食べると、翌日大便をした時に肛門の周辺がヒリヒリと痛むことがあります。

これは、食べ物の中に含まれていた辛味成分が分解されないまま肛門まで達し、便を出す時に肛門周辺の敏感な粘膜部分を刺激して痛みを感じるためです。

肛門に痛みを感じることから、「辛いものを食べると痔になる」とよく言われます。ですが、辛いものが直接痔の原因になるかどうかというのは、実際のところよく分かっていません。あくまでも噂の域です。

世界には、タイやベトナム、インドなど、辛いものを頻繁に食べている国があります。辛いものが痔の原因ならば、これらの国の国民は全員痔になっているということになってしまいます。

ただし、今現在、すでに痔になっている人であれば、辛いものは肛門周辺を刺激して痛みを伴うために、辛いものは好きでも小量にとどめておく方が無難です。痔を治療中あるいは痔の兆候のある人にとっては、辛いものは悪い影響があるようです。

また、辛いものといえば、食べている最中にかなり汗の汗が出てくることがあります。これもまた、体内における自然現象の一つで、体内に食べ物が入ると、消化器官は消化運動を開始しますが、トウガラシなどの激辛成分は消化器官に強い刺激を与え、消化運動をより活発にします。

この時に大量のエネルギーが使われて体内に熱が発生します。すると体は、夏に汗をかくのと同様に、体温を下げるために汗を発生させます。強烈に辛いものを食べると、胃が熱くなったような感覚になりますが、このことからも、辛いものが消化器官に多大な影響を与えていることが分かります。

また、ここからは余談になりますが、何年か前、自分は飲みに行った帰り、友人と激辛の「つけ麺」を食べに行ったことがあります。「つけ麺」とは、ラーメンの麺を、そうめんみたいにだし汁につけて食べるものです。

その店は辛さがウリで、辛さの調節は言えばしてもらえます。自分は辛いのはダメなので、当然一番下の辛さです。

ですがその友人は、食べる前に店長から

「うちの店で最高の激辛を食べて、汁まで飲んだ人はオープン以来一人しかいないよ。」

というセリフを聞いて

「じゃ、その一番の激辛でお願いします。」と注文してしまいました。

最初は面白いから勧めていたのですが、その汁を箸につけてちょっと舐めさせてもらいましたら半端じゃない辛さでした。汁が液体ではなくて半練りタイプの唐辛子の粉末そのものです。これって汁じゃないだろという感じです。

彼は
「食う!俺は絶対食う!」

と言いながら食べていましたが、途中で10分と5分の休憩をはさんで煙草を2本吸って、お茶を大量に飲んで、替え玉3つ注文して「ベロが痛い」とか「ノドが焼ける・・。」などと言いながら、涙を流して30分かけてついに汁まで全部飲み干しました。

何の意味もない挑戦に思えましたが、本人にとっては大事な意味があったんでしょう。多分翌日は肛門まわりがかなりヒリヒリ痛んだのではないかと思います。あんまり辛いものを食べると下痢になるとも言われていますので、多分下痢にもなったのではないかと思います。

店長の話によりますと、以前一番の激辛を食べた人というのは

「うわ、辛いな、これ。」

とか言いながら、普通に食べてずずっと汁を飲み干したらしいです。命がけで食べたこの彼とはレベルが違います。世の中、すごい人がいるものだと感心してしまいました。

amazonこんにゃくラーメン

1 / 512345
サブコンテンツ

このページの先頭へ