「健康・身体」の記事一覧

極めて楽に禁煙に成功しました。禁煙がもたらした良い効果とは。

自然に吸えなくなった

自分の場合、タバコは毎日2箱買っていました。2箱吸い切るわけではありませんが、吸うのは1日に30本から35本くらいです。

それがある時、このブログの別のところでも書きましたが、潰瘍性大腸炎という病気で症状が悪化し、入院することになりました。

入院中はもちろん禁煙で、病院にはタバコを吸う場所もありませんでしたから、入院した日から突然禁煙が始まったようなものです。

ただ、やはり入院するとなると、それなりに具合が悪いわけですから、最初の数日間は吸えなくても自分の体の方が苦しくて、全く吸いたいという気は起きませんでした。

結果的に16日間ほど入院していたのですが、具合が良くなっていくにつれてまた吸いたくなっていったかというと、そうでもなく、いつの間にか「タバコのない生活」にすっかり慣れてしまいました。

それでもこの時点ではまだタバコをやめる気は全然ありませんでした。

そしてようやく退院の日を迎え、退院したその日、家に帰って一番最初にやったことがタバコを吸うことでした。
待望の久しぶりの一本です。

ですが、吸っている最中は別に何ともなかったものの、吸い終わった直後、急に吐き気が襲ってきました。

「おおおうえええっ!」

といった感じで胃の中身は出ませんでしたが、かなりの吐き気です。それでやっと収まったかと思ったら、数分後にまた吐き気が襲ってきました。

30分か40分くらい、何回も何回も吐き気に襲われ、猛烈に気持ちが悪くなり、えらい苦しみました。

どうにかこうにか、その吐き気も完全に収まった時、再びタバコを吸いたいという気持ちはほとんどなくなっていたように思います。

金を払って買ったもので気持ちが悪くなったのではたまりません。

その一本を最後にして、それから自然に禁煙できました。

ですから、

「吸いたいのを鋼鉄の意思で我慢して禁断症状にのたうち回りながら耐えに耐えてようやく禁煙できた」

というのではなくて、

単に気持ち悪くなって吸えなくなっただけなので、禁煙に対して何の努力もしておりません。

現在、禁煙してから三ヵ月が経過しました。今でも時々タバコのことは、思い出しはするものの、あれからは一本も吸っていません。何とかこのまま一生禁煙を続けていきたいと思っています。

タバコをやめたことによるメリット

禁煙によるメリットとして一般的に言われている、寿命の延びや発がん率のことはここでは置いておいて、自分の感じた良かったことについて書いてみたいと思います。

自分の場合、皮膚に大きな影響が出ました。

まず頭皮なのですが、入院する前は、もう何年にも渡ってすごいフケが出ていました。ちょっと頭を掻(か)いただけでもフケがバラバラと落ちます。

自分がいつも座っている座椅子の周りはフケがいつも落ちていました。家で頭を掻く時はいつも台所の流しの所まで行ってその上で頭を掻いて水でフケを流していました。

出勤する時、自分はいつも原付で行っているのですが、ヘルメットを被(かぶ)るためにメガネを外すと、その瞬間、頭の両サイドからフケがバラバラと落ちてきます。

当然、頭もすごくかゆくて、一日中頭を掻いている状態です。ある時、頭を掻いていたら、直径5mmくらいの頭皮が剥(は)がれて落ちてきたことがありました。

その皮膚の残骸には毛穴までしっかりとありましたから、それが頭皮であることは明らかでした。

「これって絶対、頭皮が異常だろ!」

と思っていましたので、毎日頭を洗うのはもちろん、シャンプーの何種類も試してみました。最終的には1本1000円くらいの「フケ・かゆみを防ぐ」薬用シャンプー・メディクイックをずっと使っていましたが、それでも以前よりはずいぶんと良くなったものの相変わらず頭もかゆく、フケも落ちてました。

黒い服だと肩に落ちたフケが目立つので、白っぽい服だけ着るようにしていました。

何年もそんな状態でしたが、それが入院して数日経った頃、ふと気づきまして

「あれ、そういえば頭がかゆくない・・。」

枕の周りも、最初のころはフケが目立っていたものの、いつの間にかフケが落ちなくなっていました。

それともう一か所、自分には頭とは別に、かなりかゆいところがありました。
股間です。ようするに「玉」です。

夜になるとかゆくて掻きむしって、かゆくてしばらく寝られないということがしょっちゅうありました。掻き過ぎて汁のようなものもよく出ていました。

かゆみ止めの薬は、寝る前と出勤前と、毎日2回塗っていました。
大体、2ヵ月くらいでかゆみ止めの薬が1瓶なくなります。使っていたのは

【第2類医薬品】メンソレータムADクリームm 90g

です。

入院して一週間くらいだったでしょうか。頭のかゆみがなくなったと同時に玉のかゆみも全くなくなっていることにふと気づきました。

もちろん、その時は入院してタバコを吸わなくなったから、その影響かも・・とは思いませんでした。

「なんで?・・かゆみがなくなった・・。」

くらいに思っただけです。

退院して、そのまま禁煙して数日経った時、改めて考えてみました。
フケとか、頭と玉のかゆみがまた復活したら嫌なので、かゆかった時と、今とでは何が違うのか・・体に悪影響を与えていたものは何だったか・・と考えると、やはりタバコしかありません。

あー・・なるほど。そうだったのか、という感じでした。

それとこれも皮膚に関することですが、毎年秋ごろになると自分は手がひどい赤切れになって、寒い間は毎日風呂から上がった時、あかぎれの部分に薬を塗ってはカットバンを貼ってました。

100枚入りの箱を買っても一ヵ月もちません。毎日3か所から5か所くらい貼ってましても皮膚が切れるだけではなく、手の甲の同じ部分が、直径3cmくらいシミのようにずっと変色したりしていました。何年も前から秋から大体5月くらいまで、毎年こんな状態です。

それが今年は、これも禁煙の影響なのか、11月からこの2月の上旬まで、一か所もあかぎれが起こっていません。ですからカットバンも3か月間、一枚も使っていません。自分にしては手が異常にきれいです。

スポーツジムのインストラクターをしている人と、たまたま禁煙の話になった時、自分のこういった話をしたのですが、そのインストラクターの人が言うには

「タバコをやめたおかげで体のちょっとした不調が治った、という話はよく聞きますよ。」
とのことでした。

やっぱりいろんな皮膚の不調もタバコの影響が大きかったんでしょう。

持病として持っていた潰瘍性大腸炎が症状が悪化したのもひょっとしたらタバコに一因があったのかも知れません。

タバコ代だけではなく、他の出費も減りました。

自分が吸っていたのはメビウスの1mgです。1箱440円で、毎日2箱買っていましたから、2箱で880円です。

毎日2箱買って少し余るという感じでしたが、月のタバコ代にしてみれば大体、2万5000円です。

一年に換算すると、年間30万円タバコ代に使っていたことになります。

この出費がなくなったとなると結構でかいです。

また、これまでタバコに伴う出費はタバコ代以外にもあって、上でも書きました、1本1500円くらいの薬用シャンプーも頭のかゆみがなくなったので買わなくなりました。

玉に塗っていたかゆみ止めの薬も、あかぎれ用のカットバンも買わなくなりました。

また、自分の習性として、一本吸い終わるたびに口の中のイガイガが嫌で、いつもジュースを一口飲んでうがいの代わりにしていましたが、吸わなくなったので、ジュースを買う本数がかなり減りました。清涼飲料水をタバコの後のうがい代わりにいつも飲むというのは太る一因にもなっていたんじゃないかと思います。

それから部屋の暖房です。自分がいつもいる部屋は、タバコを吸うために窓をちょっと工事してもらって、換気扇をつけています。

部屋にいる時はタバコのために換気扇を回しっぱなしにしているのですが、そんなことをすると暖房かけていてもかなり寒いです。

ですから、いつもファンヒーターもこっちに向けてエアコンとダブルでつけていました。

タバコを吸わなくなったので換気扇も使うことがなくなり、ですから、ほぼ暖房だけで暖かくなりますので、ファンヒーターをつけることが激減しました。

去年まで毎週2缶買っていた灯油が今年の冬は毎週1缶で足りてます。灯油の出費も半分に減りました。

タバコはこれまで37年間吸っていました。絶対やめられないだろうと思っていましたし、全くやめる気もなかったのですが、入院という、自分にとっては初めての体験をきっかけに体が受け付けなくなって我慢に苦しむこともなく、あっさりとやめられました。

この先、また吸うことになるかも?という気もちょっとしますが、また吐き気がするような気もしますし、せっかくやめたのですから、今後は再開しないよう、気を付けていきたいと思います。

やめた後の、今の体の調子のことを考えると、やっぱりちょっと吸えないですね。

「みんなの肌潤セット」敏感肌・乾燥肌のための3点セット

敏感肌や乾燥肌で悩んでいる女性は非常に多くいます。

この両者、同じような症状のように思われますが、一般的には乾燥肌が更にひどくなった状態が敏感肌だと考えられています。

敏感肌の場合、肌を守るべきバリア機能が失われてしまっていて、ちょっとした刺激で肌が過剰に反応してしまいます。

水であかぎれが出来たり洗剤を使うとすぐに手が荒れたり、かゆくなったり赤くなったり、化学繊維で作られた洋服を着るとチクチクとした痛みを感じたり、化粧水を使ったらしみてしまったりなど、様々な肌のトラブルを引き起こし、悩みの種となっています。

特に女性は、化粧品や美容液などで痛くなるようでは深刻な問題と言えます。敏感肌専用の化粧水なども開発されていますが、美容関係の商品で選択肢が限られてしまうのも寂しいことです。

敏感肌の多くの人がやっている治療としては、風呂上りの寝る前に、荒れた肌の部分にローションを塗ることだと思います。

あかぎれ、ガサガサ、ゴワゴワ、かゆい、痛い、赤くなっている・・こういった症状がいつまでも同じ場所に出来ている場合もあれば、こちらが良くなったと思ったら別の場所が荒れてきたりなど、毎日のケアにも嫌気がさしてきますね。

『みんなの肌潤セット』


はどうでしょう。「セット」という名前の通り、肌に塗るローションだけではなく、入浴剤と保湿ケア化粧品の、全部で3つがセットになった肌荒れの改善セットです。

この3つ、原料は全て「砂糖」です。ちょっと特殊な感じがしますが、砂糖の持つ浸透力と吸水力と保湿力を生かして、あなたの皮膚をしっとりすべすべの肌へと導きます。

セット内容は、

みんなの肌潤風呂・・入浴剤(天然温泉成分を配合)
みんなの肌潤糖・・・保湿ケア化粧品(全国売上げ日本一)
みんなの肌潤ろーしょん・・化粧水(モニターの82%が絶賛)

となっています。

使い方はまず、お風呂で普通に石鹸を使って体を洗います。
その後、入浴剤の「肌潤風呂」を入れた湯船にしばらく浸かり、湯船を出た後、肌潤糖を使います。

この時、肌潤糖を、入浴剤の入ったかけ湯で流すと、よりうるおいがキープされて、入浴後の乾燥を防ぎやすくなります。

そして風呂上りに「ろーしょん」を荒れた肌の部分に塗っていきます。

これまでローションのみでケアしてきた方も、このセットを使えば、3つの相乗効果でこれまでよりも加速した効果が望めます。

3つの力があなたの肌を正常な状態に近づけてくれるでしょう。

3年連続モンドセレクション最高金賞も受賞しているこのセット、一度試してみませんか?

『みんなの肌潤セット』



脚がつるのはなぜ?脚がつる原因とは。自分の使っている対策サプリメント。

ふくらはぎの筋肉がつることを、一般的にこむらがえりと言いますね。
夜中に突然足がつって目が覚め、布団の中で痛みに耐えながらうんうんうなった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

一番多くつるのはふくらはぎですが、それ以外の部分では、足の裏の土ふまずの部分や足の指、膝から下の脚の両横などがつることもあります。

足がつるのはほとんどの場合寝ている時か運動中です。女性では妊娠中に脚がつる人も多いようです。

自分も寝ている時によく足がつります。正確に数をとったわけでありませんが、自分の感覚的には1週間1回程度。1ヶ月に4回から5回は足がつって苦しんでいます。

足がつる原因は様々言われていますが、代表的なものは歩き過ぎたりして過剰にふくらはぎの筋肉を使った場合です。
あるいはその逆に運動不足であっても足がつる原因の1つになってしまいます。

そして脚の冷えやミネラル不足も原因として挙げられています。

足がつった場合、有効な対策はストレッチです。足のつま先をあげて、ふくらはぎを伸ばすような体勢をとります。

起き上がることが出来れば、座って足先を両手で持ち、体の方へゆっくりと引いてしばらくその体制を維持した後、再びゆっくり戻します。これを何度か行います。膝はできるだけ伸ばしたままにします。

脚がつった時、その痛みが収まるまでは本当に長く感じます。何とかつったのが収まったと思ったらまたつり始めたりして何度もつったり収まったりを繰り返し、10分も15分も苦しい思いをすることがあります。

脚がつらないようにする方法はないものかと色々調べてみましたが、運動量に関しては日常生活である程度どうしようもない面もあり、自分で出来ることとしては、脚がつる原因の一つと言われている「ミネラル不足」を解消することでした。

体内のカルシウムやマグネシウムが不足すると脚がつりやすくなるそうなので、ミネラルのサプリメントを買って、飲んでみることにしました。

自分が買ったのはこの

DHC マルチミネラル60日分 180粒

です。

カルシウム、鉄、亜鉛、銅、マグネシウム、セレン、クロム、マンガン、ヨウ素、モリブデンの10種類の成分が入っているミネラルの錠剤です。

1日3粒で60日分。大体800円くらいです。

現在、これを飲み始めて1ヵ月が経ちました。その間に脚がつった回数は、さすがに0というわけにはいきませんでしたが、この1ヵ月では、足の裏の土踏まずの部分が3回ほど軽くつりましたが、何十秒かで収まりました。

以前のように、ふくらはぎがつって、うめき声を上げながら激痛が10分以上続いて・・というような大規模な「つり」は今のところ起こっていません。

以前は週に1回は激痛にもだえ苦しんでいましたので、それを思うと格段につる回数も規模も落ちました。自分にとっては効果は大きかったように思います。

700円くらいで2か月分ですから、これで痛みが来なくなればかなり安い買い物だったと思います。

DHC マルチミネラル60日分 180粒

DHC マルチミネラル(amazon)

腰痛を回復させるには、温めるべきか冷やすべきか

これは、ネット上でも意見が分かれており、お医者さんの間でも意見が分かれるところらしいです。どちらでも良いというお医者さんもいます。

自分の買った、整形外科の先生が書いた腰痛の本によれば、自分が楽になるのであればどちらでも良い、となっています。

冷やすということは、色んなものを抑えるということです。血の流れを遅くし、打撲などでは腫れが大きくなっていくのを抑え、また、神経の感覚も多少鈍くなりますから、痛みを緩和できます。

それに対して温めるということはその逆の効果になり、血の流れも速くなり、細胞の活動も活発になります。回復力を向上させます。

いくつかの意見によると、腰を痛めた当日か2日目くらいまで、あるいは相当の激痛がある場合は冷やした方が良く、何日か経って多少なりとも動けるようになったが、いつまでも痛みのレベルが変わらない、という場合はカイロなどを腰に当てて温めた方が良いということらしいです。

上記の自分の買った本によれば、温めても冷やしても治療の決定打となるものではなく、従って湿布やカイロを充てる必要はありません、と書かれていました。
このあたりも意見が分かれるところです。

こちらは、腰がつらくならない、抱っこする座椅子

美姿勢座椅子

です。

座り方が普通の座椅子とは逆で、背もたれを抱っこするように抱えて座ります。背筋が伸び、体の前面で体重を支えるような設計で、座っているのがとても楽な座椅子です。

背もたれのリクライニングは14段階、しかも背中クッションは90度に曲がります。あなたにピッタリの快適ポジションが作れます。

腰が辛くならない抱っこする座椅子

「秋ウコンホワイト」は錠剤タイプのウコン。ドリンクのウコンより数倍強力。

飲み屋街のすぐ近くのセブンイレブンで、夕方になるとウコンのドリンクを買って飲み、飲み終わった後、すぐに飲屋街のほうに歩いて行く人をよく見かけます。

これから飲み会があるんだなということが容易に想像できます。平日の飲み会だったら特に、明日の朝がちゃんと起きれるかどうか心配ですね。こういう時はやはりウコンは飲んでおきたいところです。

昔、自分がいた会社で、よくこんなことを言っている上司がいました。
「優秀な会社員というのは前の日にどれだけ遅くまで飲もうが、酔っぱらおうが、次の日には何事もなかったかのような顔をして、いつも通りに定時に出勤して、いつも通り仕事を始める。

これが優秀な社員ってもんだ。ジムに行ったり走ったりして体を鍛えてる奴もいるが、俺に言わせれば社会人なんだから、体なんか鍛えるより、酒の強さを鍛えろってんだ。」

と。

ちょっとムカつく部分もありますが、反論できない部分もあります。
こういう職場の雰囲気だと、飲み会に出るにも非常に重圧を感じます。

かといって飲み会や接待が多い営業では、毎回飲み会の前にコンビニに寄ってウコンを買って飲むというのも負担です。

そんな時、いつもカバンにウコンが入っていればとても助かりますよね。もちろん液体タイプのウコンをいっぱい持ち歩くというわけにもいきませんから袋に入った錠剤のウコンが理想です。

秋ウコンホワイト

は、その錠剤タイプのウコンです。

しかも、その効果は、一般的に市販されているドリンクタイプのウコンよりも数倍強力と言われています。

効果が強い秘密は

ウコンは、お酒の対策サプリとして有名ですが、そのウコンの核ともいえる成分は「クルクミン」という成分です。
ですがこのクルクミンという成分は、脂には溶けても水には溶けないという特性があり、そのまま飲んでも体にはほとんど吸収されずに排泄されてしまうのです。
これでは意味がありません。

そこで、考えられたのが、クルクミンを吸収されやすい形に変換してから錠剤化しようということです。

クルクミンがわずかながら体に吸収される際には「テトラヒドロクルクミノイド」という成分に変化します。この成分に変化すれば、体への吸収率は非常に高くなります。

秋ウコンホワイトは、クルクミンをテトラヒドロクルクミノイドに変換させてから錠剤化したサプリメントです。



ですから体への吸収率も非常に高く、飲む量も1日1粒です。
1袋30粒入りなので、30日分です。1袋あれば、ドリンクのウコンを30本まとめ買いしたのと同じことなのです。

それになんといっても錠剤タイプなので、カバンの中に入れっぱなしにしていても邪魔にならず、急な飲みの時でも安心です。

翌朝のむかつきを何とかしたい方、少しでもすっきり目覚めたい方、つい飲み過ぎてしまう方には最適のサプリです。

秋ウコンホワイト

1 / 3123
サブコンテンツ

このページの先頭へ