「害虫」の記事一覧

ムシプロテック。新居へは、引っ越す前に害虫駆除が必要。空き家に住んでいる虫とは。

空き家だった期間が長いほど、色んな害虫が住み着いています。引っ越し前の害虫駆除をお考えなら、料金の安い「ムシプロテック」がお勧め。


▼空き家には大量の虫が

新築の家ならともかく、ほとんどの場合引っ越しは、すでに存在している家や部屋に引っ越すというパターンになりますね。

つまり、自分が入居するまでは空き家だったところです。

空き家であった期間が長いほど、その部屋には色んな害虫が住み着いています。
(さらに…)

布団にいるダニは主に2種類。刺されるとかゆみも全身に及びます。

家の布団などに住んでいる代表的なダニは「ヒョウヒダニ」と「ツメダニ」です。赤ちゃんがいる家庭では、特に布団のダニには気を付けて。


▼家のダニの代表格「ヒョウヒダニ」と「ツメダニ」

ダニなんて見かけないから心配したことがないという人も多いでしょう。しかし、実際にダニがいない家というのはありません。
(さらに…)

家に蜘蛛が多く出ます

家に2cmくらいの蜘蛛(クモ)が多く出ます。蜘蛛対策商品のご紹介。
クモやゴキブリなどの害虫を自分で駆除しきれない場合は、専門家に頼むという手段もあります。


▼家に出るクモ

最近家の中で頻繁にクモを見かけます。座椅子に座って晩酌をしていると、足元の方でクモがぴょんぴょん跳ねています。
クモってのろのろ歩くのかと思っていたら飛び跳ねて移動するんですね。
(さらに…)

昔、ダニの大量発生を経験しました。現代なら「ダニピタ君」がお勧め

この時は素人考えで駆除しましたが、殺虫剤や掃除機、布団を干したり布団乾燥機を使うという一般的な手段が、さほどの効果が望めないものとは知りませんでした。


▼大量のダニに噛まれるとたまりません。

男の一人暮らしにはウジが湧(わ)くと、昔から言われていますが、自分の大学時代はまさにそうした感じでした。
(さらに…)

殺虫剤を使わないダニ対策「ダニピタ君」。赤ちゃんやペットにも安全

「ダニピタ君」は、ダニを食品添加物の香りでおびき寄せて捕獲するシート。一番簡単で、手が汚れないダニ対策。


▼自分でできるダニを駆除する方法ではまだ不完全

朝、起きたら体のあちこちが猛烈にかゆい・・。しかも毎日ダニに刺される・・といったような経験をしたことはありませんか?
私はあります。
(さらに…)

布団のダニ対策には、UVランプつきの強力掃除機アトケア

自分は昔、敷きっぱなしの万年布団でダニが大量発生しました。赤ちゃんやペットのいる家庭では特にダニ対策は重要です。


▼かつてダニが大量発生しました。

男の一人暮らしといえば布団を敷きっぱなしというのが当たり前です。自分もそうでした。大学時代から社会人にかけて布団は何年も敷きっぱなしで、一度も干したことはありませんでした。
(さらに…)

UVサイクロンクリーナー「アトケア」紫外線で除菌も出来る強力パワーの布団掃除機

畳の上にカーペットを敷いている方、布団やベッドなどのダニが気になる方は、ダニ対策の布団掃除機アトケアが便利。


布団にダニが大量発生した経験ってありますか?

自分はあります。20年以上前のことですが、その当時、何年も敷きっぱなしで、一回も干したことのない布団からダニが大量発生しました。結構不潔な布団で寝てたわけです(^_^;)。

起きてみると背中のあちこちが、気が狂いそうなほどかゆくなってました。かこうにも、体が固い上に太っているので背中に手が届かず、柱の角に背中をこすりつけてかいてました。
(さらに…)

食器の中で水死していたゴキブリ。ゴキブリは食べられるのか。

人類の歴史上、ゴキブリや昆虫を食べる食文化はありましたが、自分にはちょっと無理ですね(^_^;)。


▼ゴキブリの水死体

自分はだいたい寝る前にはいつも焼酎を飲んで寝ます。飲み食いするということは食器を使うことではありますが、酔っぱらって食器を洗うのは面倒なので、いつも食べ終わった後は台所に食器を持っていって、とりあえず中に水だけ入れて、洗うのは明日になってからにしています。

それでいつも使っている皿の中に、「汁物」を入れる時に必ず使っているお碗(わん)があります。
(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ