「ダイエット」の記事一覧

白湯(さゆ)ダイエットの方法。白湯の飲み方と飲む量は。一ヶ月にどれくらい痩せる?

白湯(さゆ)とは、水を沸かしただけの何も入っていないお湯のことです。

ダイエット法の一つとして有名な白湯ダイエットとは、40℃から50℃の湯を、時間をかけて少しずつ飲むという方法です。大体、体重の減少として期待できるのは一ヶ月に2kgくらいだそうです。

水野真紀、深田恭子、山本モナ、深田恭子、江角マキコ、宇多田ヒカルさんなどの芸能人も白湯ダイエットの経験があると言われています。

白湯ダイエットでは、一日に何回かに分けて白湯を飲み、一日トータルで700mlから800mlを飲むようにします。ただし白湯は飲めば飲むほど良いというわけではなく、飲み過ぎは逆にむくみの原因となってしまいます。

一回に飲む量はだいたいマグカップ1杯くらいで、これを10分くらいを目安に飲んでいきます。水温が保たれている間に飲むことと、早く飲み過ぎないことが大切です。50℃は新陳代謝の働きを活発にする温度と言われています。

お湯を飲むことによって内臓の温度が1℃上がると基礎代謝(何もしなくても体が消費してくれるカロリー)も約10%から12%上がると言われています。

さらに、白湯を飲むことによって体が温まり、体内の不要な成分や老廃物、水分などが出やすくなって代謝(体内の入れ代わり)が活発になっていきます。

お湯はそのたびごとに沸かさなくても、お茶やミルクに対応した60℃のお湯が出るポットもありますので、それらを使えば実行がより簡単になります。何事も続けることが一番大事ですので、なるべくかかる手間は減らした方が長続きしますね。

白湯ダイエットの効果としては、体重の減少以外にも、基礎代謝が高まって体内の良くない物を排出する解毒作用、また、お湯によって腸が温められて動きが良くなるので便秘の改善も期待できます。

白湯ダイエットの間、白湯は一日に何回か飲むことになりますが、飲むタイミングとして一番良いのは、朝一番の朝食の時です。

寝ている間は何も食べていないために体温も低下気味になっており、血流も滞り気味になっています。朝一番に白湯を飲むことによって代謝が高まり、体をしゃきっと起こすことが出来ます。

また、その時の朝食で一緒に食べるものとしてお勧めなのはバナナです。

新陳代謝を高めるためには、マグネシウムとビタミンBが大切になってきますが、この二つの栄養素を多く含んだ食材がバナナです。バナナもダイエットに効果のある食べ物と言われていますので、バナナだけでも新陳代謝を高めることができます。

また、玄米や納豆もビタミンBやマグネシウムを多く含んだ食べ物です。

そして起床後にストレッチをするなど、血流を促進する運動をすることも効果的です。起床後に毎日5分のストレッチをするだけでも白湯ダイエットの効果がアップします。

amazon白湯ダイエットの本

1974年ごろ大ブームとなった「水を飲むダイエット」の方法

かつて大ヒットとなった「あなたは永久に肥満から解放される」という、赤い表紙の本を覚えている人もいると思います。

B5版で厚さ3.9cm、重さ1.5kgという巨大な本でした。金額も1万円近くしました。

アメリカで1974年(昭和49年)に出版されて大ブームとなった後、、日本語訳も出版され、日本でも爆発的に大ヒットしました。

医学博士である L.メルヴィン・エルチング博士とセイモア・アイゼンバーグ博士が共同で執筆した本で、原題は「YOU CAN BE FAT-FREE FOREVER」と言います。

数千人もの人が成功し、肥満の本場アメリカでは、20kgや30kgのダイエットはもちろん、70kgや80kgのダイエットに成功した人も数多くいました。

成功者たちは、その後も成功した後のプログラムを守ることにより、ほとんどの人はリバウンドもなく、スマートな体をキープしているといいます。

このダイエットの核となっているのが、「1日にコップ8杯の水を飲む」ということと、「食べても良いもののリストに書かれてあるものだけを食べる」ということです。

もちろん、全ての人が同様のペースでダイエット出来たわけではありませんが、博士たちが言うには

「体重の増加減少は、誰でも一ヶ月に何kgなどと規則的に変わっていくものではないのです。

体重は増えたい時に増え、減りたい時に減るのです。私たちの病院に肥満治療に来られた人の中には、80日で3.5kgしか減らなかった人もいれば、7週間で32kgも減った人、、18週間で45kg減った人もいます。人間の身体は一人一人違いがあり、決して全員が同一のスピードでダウンするわけではないのです。

しかしながらこの食事パターンをちきんと守れば、減量に失敗する人はいないでしょう。」とも言っています。

その方法は、実際に体重を落として行く「減量期」と、落とした体重を維持する「維持期」に分かれます。

▼減量期

毎日、下のような食事を続け、しかもそれを完璧に実行する、ということが条件です。

■必ず毎日食べるもの(量は1日分)

(1)240ccの水をコップ8杯。朝から、遅くとも19時までには飲み終えること。

(2)干したプラムを3個または干したアンズ3個または干しブドウ大さじ3杯。

(3)グレープフルーツ1/2個または8cm切りのメロンまたはオレンジ1個またはみかん2個またはイヨカン1個またはハッサク1個。

(4)大きな生のにんじん1個。

(5)セロリ2本またはキュウリ2本。

(6)リンゴ1個またはナシ1個。

※1から6は、毎日必ず食べます。
野菜は代わりのものでも構いませんが、食べてもよい野菜は、上記以外には、長ネギ、玉ねぎ、パセリ、レモン、しいたけ だけです。これ以外の野菜は食べてはいけません。

(1)の水と、(2)のブドウは、1日のうちで分割して食べます。

■必要な時に少量で何回でも食べてよいもの

(タンパク質食品)
・牛肉
・生ハム
・豚肉のローストまたは塩コショウで焼いたもの
・鶏肉
・ツナ缶と鮭の缶詰
・刺身
・海産物(エビ、はまぐり、カキ、カニ、)
・フランクフルトソーセージ(これは一週間に3本まで)

※肉は脂身の少ないところを選びます。

から揚げ、フライ、てんぷらはいけません。また、くん製の魚や肉はいけません(ベーコン、煮たハムなど)。

かまぼこ、冷凍食品もいけません。

調味料 全ての調味料がOKです。サラダ油、ゴマ油なども料理に使って結構です。

ただし塩は料理に使うだけで、食べ物に降りかけたりして食べてはいけません。

味噌や醤油も少量を心がけて下さい。

嗜好品飲料
コーヒー、紅茶、お茶は、8杯の水とは別に欲しいだけ飲んで結構です。
砂糖の入っていない炭酸飲料であれば、240ccを2本まで飲んでもよいです。

砂糖は使わず、人工甘味料を使うようにします。コップ1杯に対して大さじ2杯以上のミルクはいけません。
ココア、ミロ、ジュース、コーラ、缶コーヒーはいけません。

ここに書いてあるものだけが食べるものの全てであり、ここに記載されていないものは身体の中に入れてはいけません。
一番重要なことは水を飲むことです。


▼維持期

自分の目標体重まで落ちたら、それを維持するための食事に切り替えます。減量期には、一日当たりの量が書かれていましたが、維持期は、朝・昼・晩の食事の指示になります。
少なくとも一ヶ月は続けることが肝要です。
博士たちが示す食事例はこういった感じです。

■朝

(1)オレンジジュース120ccまたはグレープフルーツ半分

(2)ごはん1杯または完全小麦かライ麦のパン1/2個(小さじ半分のマーガリン)

(3)ゆで卵1個(目玉焼きの場合は油なしで焼く)

(4)コーヒーか紅茶(砂糖なし、ミルクを少々)

■昼

(1)トマトジュース120cc(生トマト240g分 = 中サイズ2個に相当)またはグレープフルーツジュース

(2)180g分の肉と魚の組み合わせまたは肉と貝類の組み合わせ

(3)緑色か黄色の生野菜60gまたはレタスとトマト

(4)コーヒーか紅茶(砂糖なし、ミルクを少々)

■夜

(1)トマトジュース120ccまたは同じカロリーのもの

(2)180g分の肉と魚の組み合わせまたは肉と貝類の組み合わせまたは卵2個

(3)すまし肉スープ1カップ(塩の入っていないもの)

(4)小皿1杯分のサラダ(ドレッシングは低カロリーで)

■デザート(この中のどれか1つだけ)

メロン1/4個・リンゴ1個・ナシ1個・ブドウ12粒・シチュー状になった果物の缶詰180cc分・イチゴ180cc分・アイスクリーム(小さなカップで)・シャーベット1杯・コーヒーか紅茶(砂糖なし、ミルク少々)

■全般

にんじんとセロリ以外のスナックを食べてはいけません。
白パンやロールはいけません。

水を飲むことをやめてはいけません。240ccのグラスで8杯水を飲むことは生涯の習慣としなければなりません。
塩分は極力少なくして下さい。その代わりに新しく引いたカラシを使うようにして下さい。


▼コントロールプラン

普段の食事に戻した時、また微妙に体重が増え始めることもあります。そういった時のための微調整ともいえるのがコントロールプランです。

自分で「まずいかな」と思った時、時々実行していきます。

■朝

(1)ジュースまたは果物1/2カップ

(2)卵1個(料理法は制限なし)

(3)ベーコン2枚

(4)トースト1枚または完全小麦かライ麦パン1/2個

■昼

(1)ジュース1/2カップまたは海産食品のカクテル

(2)肉か魚120g

(3)サラダ少量

(4)果物1/2カップ

■夜

(1)ジュース + 果物または海産食品1/2カップまたはすましスープ1カップ

(2)野菜・・以下のグループ1とグループ2の野菜を1/2カップずつ

(3)肉か魚を120gから180g

(4)果物1/2カップ

※上記の野菜「グループ1とグループ2」、ジュースの種類

■グループ1
アスパラガス・はつかだいこん・キュウリ・キャベツ・ほうれん草・かぼちゃ・カリフラワー・レタス・トマト・セロリ・きのこ・オランダ辛子・緑色辛子

■グループ2
ナス・エンドウ・いんげん・おくら・玉ねぎ・にんじん・かぼちゃ・かぶら
果物とジュース リンゴ・グレープフルーツ・オレンジ・イチゴ・アプリコット・レモン・オレンジジュース・みかん・バナナ・ライム・ナシ・パイナップル・桃・メロン・すいか・さくらんぼ・プラム

※水を飲むという習慣は続けて下さい。アルコールはカロリーです。忘れないようにして下さい。ゆっくりと食べ、よく噛みます。食事中に腹を立ててはいけません。
一週間に一度、元の節食プランを見直すということは精神的な手助けになります。

常に砂糖と塩分の摂取を制限します。一回一回は微量でも、トータルするとかなりの量になります。
出来る限りテフロンのフライパンを使って油を使わないように心がけます。

少量の食物とは、空腹を満足させるだけの量です。一度食べて、それで満足出来ない場合はもう少し食べて下さい。少量とは人によって違いがある量です。
また、「1日1回しか食べなければ、もっと早くやせられますか。」という実践者からの質問に対して博士はこう言っています。

「いいえ。実際にはタンパク質食品を、1日にまんべんなく振り分けて摂る方が減量はもっともよく起こるということを私たちは経験で見てきています。また、1日中お腹をすかしていたから夜に一気に食べてもよいだろうという自己弁護もよくありません。」

amazonダイエットクッキー・スナックの売れ筋ランキング

フロスエット。お風呂用のサウナスーツで大量の汗をかいてダイエットとデトックス。

フロスエットは、湯船の中で着るお風呂専用のサウナスーツ。

これを着て湯船に浸かると、大量の汗が出るという発汗のためのスーツです。汗で新陳代謝を活性化します。お風呂の汗なら後の手間いらずですね。

汗をかくということは、代謝にとってとても大事なことです。

「代謝」とは、「知恵蔵」の解説にれば

「新陳代謝の略。生物体がエネルギーおよび物質を外部から取り込み(同化)、体内で化学的に変化させ、不用なものを外部に放出する(異化)反応の総称。」

となっています。

我々が食物を食べると、まずそれらは体内で分解されて吸収されます。そして、吸収されたものは筋肉になったり脂肪になったりと、身体の中で細胞の入れ替わりが起こります。爪や髪が伸びるのもそうですし、内臓や骨も細胞単位で入れ替わっています。

そうした、古いものと新しいものの入れ替わりが新陳代謝なのです。

新陳代謝のスピードは、年齢を重ねると遅くなってきます。また、人によっても若干の違いがあります。

例えば
「激しい運動をしていて、毎日大量に食べて大量に出す人」

「常に便秘がちで、太らないようにと、いつも小食。水分もあまり飲まないようにしている。運動はほとんどしない。」

という2人は、新陳代謝の速度は同じではないですね。

新陳代謝が遅いと、その分、体内に老廃物が溜まりやすくなります。

そして新陳代謝にとって、とても大切なものが「水」です。体の中の入れ替わりは、必ず水分と共に行われます。

水分を飲んで、それを尿や汗として出すということは、新陳代謝を活発にする上、体内の毒素も出してくれます。

毒素とは、代謝の一環で出来た乳酸、尿素、尿酸、アンモニアなどや、食物の中に含まれていた有害金属(カドミウム、アルミニウム、鉛、水銀)などをいいます。

特に有害金属は汗から出る傾向にありますから、汗をかいて体内の毒素を出すこと(デトックス)は、身体にとっても重要なことなのです。

また、大量に汗をかくと、毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れなども一緒に流されて、肌も綺麗になります。

フロスエットは、汗を大量に出すことを目的としたスーツです。しかも、お風呂で着るものですから、汗をかいた後はすぐに体を洗うことが出来ますね。

厚着をして外を走って、汗まみれの服の洗濯をしなければならない、という手間もかかりませんし、サウナ風呂まで出向く必要もないので、とっても楽です。

そして脂肪燃焼しやすい体になっていくのでダイエット効果もアップ。何より、汗をかいた後、体重が一時的にせよ減っているのも励みになるところです。

フロスエットは、ゲルマニウムとトルマリンを高密度素材に練り込んだ高機能特殊加工。厚さは65ミクロン。

男女兼用でフリーサイズです。大き目に出来ているので、どんな体系の人でもOK。大きくても湯船に入ると着圧効果で自分の体にぴったりフィット。

普段から汗をかかない人、ダイエットを加速させたい人、冷え症対策にはお勧めです。

楽天ランキング サウナスーツ部門1位獲得。

フロスエット

楽天フロスエット検索結果

amazonフロスエット検索結果

パステルゼリーアイは低カロリーの置き換えダイエット食品。

自分は昔、ほとんど空腹感も感じず、37kgの減量をしたことがあります。今から20年くらい前ですが、自分は体重が115kgありました。

数年かかっての話ですが、これを78kgまで落としたことがあります。37kgの減量です。

ダイエットといえば当然食事制限です。毎晩寝る前の晩酌はやめられませんでしたので、酒の肴である食べ物を変えることにしました。

思いついたのが、ワカメです。海草ならノンカロリーですので、いくら食べても大丈夫だと思いました。乾燥ワカメを買ってきて、水に入れて元に戻し、これを茶碗に入れてご飯の代わりに食べました。

小量のおかずをつまみながら主食をワカメにしたのです。もちろん味なしです。量も「こんなに食えるのか?」と思うくらいの量です。今思えば自己流の「置き換えダイエット」をしていたのです。

そして食事が終わった後、お茶を飲めるだけ飲みます。一応満腹になりますが、ものすごくまずかった食事という形で終わります。ダイエット中ですが、食事はいつも満腹状態です。ただ苦痛を伴うだけです。食べる楽しみというものは全くありません。

ワカメに飽きたらひじきとか、コンニャクとか、ノンカロリーのものを選んでローテーションで主食を変えました。

でも何ヶ月もつづけているとさすがに精神的な限界が来て、時々ご飯を食べるようになりました。海草にもドレッシングをかけるようになりましたが、あくまでも主食の中心は海草という方針は変えず、これを何年も続けました。

ですが、これはまだ若かったから出来たこと。今ではとてもそんな生活は出来ません。

「痩せたいけど、お腹がすくのを我慢するのはイヤ!」

という人はたくさんいます。というか、ほとんどの人がそうです。でしたら、低カロリーのものでお腹を満たすことを考えましょう。さすがにカロリー0の食事というのは無理がありますので、せめて低カロリーのものを。

海草とかこんにゃくで置き換えダイエットというのは、自分も経験済みですが、はっきり言って苦痛です。

そこでお勧めなのが、ショップジャパン販売のダイエット食品

ヒルズダイエット パステルゼリーアイ

1食分はわずか約200キロカロリー。


例えば、チャーハンが750kcal、カップヌードル・カレーが462kcal、かつ丼971kcalということを思えば、かなりの低カロリー食品です。

一日のうち、1食か2食、普通の食事の代わりにこのパステルゼリーアイを食べます。一日の摂取カロリーは確実にダウンします。

「低カロリーのものを代わりに食べて空腹感を感じさせないダイエット」

これが理想ですね。

自分が自己流でやってきた置き換えダイエットは、ワカメやひじきでした。
ですが、あの時代にこの商品があれば、自分も無理やり海草を食べずに済んだと思います。

苦痛を伴う方法ではなかなか長続きません。おいしくて低カロリーのダイエット食品で気軽にダイエットしてみましょう。

▼味の種類も豊富
ダイエット食品の筆頭格として、今やすっかり世の中に定着したパステルゼリーシリーズ。

その3代目パステルゼリーアイは味の種類も豊富で

濃厚ボックスには
マンゴ・ピーチ・メロン・オレンジ・バナナ

芳醇ボックスには
アップル・ブルーベリー・ラズベリー・アプリコット・ライチ

と、10種類がそろっています。その日の気分に合わせて選べます。
作り方も簡単です。牛乳を混ぜてかき混ぜるだけです。10秒で出来ます。

ご飯2膳分のボリュームのあるゼリーで、食べた気になりますし、腹持ち満足度は91%というありがたさ。
シェイクと違ってゼリーだからしっかり噛めて食事の満足感が違います。

まるで日変わりで甘いデザートを食べているような感覚。おいしいから自然に続けられます。

ヒルズダイエット パステルゼリーアイ

サブコンテンツ

このページの先頭へ