「潰瘍性大腸炎」の記事一覧

依然として衰弱したまま。

退院してから何日か経ちましたが、依然として体力や筋力も落ちたままです。なかなか回復しませんね。退院して5日目である、23日の月曜日からから出勤しました。
別のところにも書きましたが、今年に入ってから体重の減少がかなりあって、正月の1月2日に測った時には99 kg あったものが、11月18日に退院した時に測ったら71kgになっていました。28 kg のダウンです。

もちろん入院中にこれだけ一気に減ったわけではありません。夏ぐらいまでは普通に元気だったので正月から夏ぐらいまで自分でダイエットして、15kgくらいは落としました。
(さらに…)

入院中の病院食の写真

ネットで病院食に対する意見を見ると、ひどいとかまずいとか、食べられないなどという投稿もちらほら見かけます。

ですが味はともかくとして、栄養士の人がその人に最適な食事を考えているわけですから、やはり病院食というものはありがたい物です。
(さらに…)

退院しました。

昨日の夜、急に決まり、本日10時ごろ退院出来ました。まだ完全にいいというわけでもないんですが、今後は通院で様子見ということになります。

確かに最初は死ぬような思いでしたが、日が経って段々と良くなると病院も結構快適だったので、もうしばらく入院していたかったような気もしますが、退院になって良かったような、ちょっと残念なようなです。点滴と飲み薬だけで何とか助かりました。
(さらに…)

普通の「ご飯」が食べられるようになりました。

ずっとおかゆが続いていましたが、今日の夕方からやっと普通のご飯になりました。
おかゆではない、普通の「ご飯」を食べるのも22日ぶりです。


(さらに…)

総合栄養剤エレンタールを飲んでいます。その成分と写真。効能・副作用と飲み方。

自分は現在、潰瘍性大腸炎で2回目の入院の最中です。腸の病気ですので、入院中も食べるものがかなり制限されます。

最初のころは絶食が2日間ほど続き、その間の栄養補給は点滴だけでした。しばらく点滴が1日5本という日が続きました。

そして絶食の期間が終わって出されたのがエレンタールです。粉状の物質で、水に溶いて飲みます。量は大体300mlの水に溶いてあります。
(さらに…)

点滴が今日からなくなりました。

入院以来、23日間毎日やっていた点滴が今日からなくなりました。いつも腕のどこかに針を刺しっぱなしだったのが、今日やっと抜かれました。最初のころは点滴一日5本でした。それから2本がしばらく続いて、やっと終わりました。

トイレの数はまだ一日8回から10回くらいですが、お腹の痛いのは4日くらい前から激減し、0ではないものの、0に近い感じです。
点滴の針がなくなったということで風呂にも入れます。今まではここで頭を洗ってました。
(さらに…)

固体の食べ物と脚の衰え

大分良くなってきたということで、やっと液体食から固体のものを食べて良いことになり、11月10日の朝から固体食が出てきました。

その日の昼ごはんがこれです。

おかゆ・冷や奴・かぼちゃの煮物・うどん汁

(さらに…)

入れ替わりが早いです。

毎日、何人もの人が退院して何人もの人が入院してきます。誰かが退院した部屋はテレビ台とベッドが廊下に出されて、スタッフの人が掃除しているので、その部屋のどこかが空いたのが分かります。毎日廊下の何か所かで見かけます。これほど入れ替わりが早いというのは意外でした。
(さらに…)

他の患者の人も大変

何日か前のことですが、「別の方で、ナースステーションの近くの部屋に入っていただきたい方がいるので、すいませんが部屋を変わっていただけませんか?」と看護婦さんに言われ、ちょっと離れたところに部屋を変わることになりました。
ナースステーションの近くの部屋は症状の重い人が入るようです。
次の部屋もまた4人部屋です。
(さらに…)

栄養剤から食事にはなりましたが。。

絶食から栄養ドリンクだけの日々が続いて、固体のものを食べていないという日がすでに9日目になりますが、本日から食事が出ますと言われました。

最初から普通のものは出ないだろうとは思っていましたが、これが持ってきてもらった最初の食事です。
(さらに…)

1 / 3123
サブコンテンツ

このページの先頭へ