「病気」の記事一覧

クリアフットヴェール。足の裏の皮膚の悩みに効果的なジェル

竹酢液(ちくさくえき)とサリチル酸が、足の裏の皮膚の悩みに効果を発揮します。慢性的に再発を繰り返している人も、この一本で終止符。


▼繰り返す足の裏の悩み

現在、日本人の20%が足の裏や足の指の皮膚に悩みがあると言われており、その中には、もちろん女性も含まれています。その、足の悩みは自分だけでなく、周りの人へも拡大します。また、自分がどこかで悩みの種をもらってくることもあります。

皮膚がボロボロになってはがれたり、ゴワゴワカサカサになったり、かゆくなったり、異様なにおいがしたりなど、その症状は様々ですが、その特定の部分だけが異常な環境になっていることは素人目にも分かります。
(さらに…)

血糖値やヘモグロビンA1cの高い方へ「荒木式糖尿病克服プログラム」

自分は、血糖値が基準の範囲内ギリギリです。医者からは「糖尿病予備軍」と言われました。いずれ血糖値が基準値を超えるのは時間の問題のような気がします。

糖尿病で恐ろしいのは合併症ですね。ですが血糖値が高くても、それを低くコントロールすることによって、合併症を併発する確率は一気に低く抑えることができます。

「血糖値やヘモグロビンA1cを下げるには、食事療法」ということは自分でも知っていますが、では具体的にどういう食事をしたら良いのか、ということになると、自分には全く分かりません。
(さらに…)

荒木式がん対策プログラム

元ハーバード大学准教授・荒木裕院長が考案した食事法で、この食事法を実践すれば、延命効果を高めて、一日でも自分らしく生きる可能性も高まるでしょう。

ガンが消えたりなくなったりするといったことはないものの、病気の進行を緩(ゆる)やかにしたり、ガンの成長スピードを遅らせたりする可能性が高まるでしょう。

ガンの種類や進行状態によっては、ガンが消えて完治する可能性もあり、再発や転移を予防することも可能になるでしょう。
(さらに…)

高血圧を食事で改善「荒木式高血圧克服プログラム」

会社の健康診断で、「血圧が高い」と言われた方へ。「荒木式」は、高血圧を治療するための食事法です。

▼毎回、血圧が高いと言われます

会社での健康診断で、毎回「血圧が高い」と言われます。自分は大体150くらいありまして、病院や、会社の臨時の診断会場、夏と冬とで数字は違ってきますが、いつも145から155くらいの数字が出ます。

「体重を落とせば血圧も下がりますので、体重を落として下さい。」とも、いつも言われています。現在97kgくらいで、体重自体はこの10年、90kgから98kgの間です。
(さらに…)

「ペポカボチャ種子オイル」は、頻尿の改善に効果のあるサプリメント

加齢とともに、多くの人は、トイレに行く回数が増えていきます。病院で治療するほどでもないけれども、おしっこが近いという人はまずサプリメント試してみましょう。

▼頻尿の基準

頻尿とは読んで字のごとく、通常の人よりもおしっこの回数が多いことをいいます。

だいたい基準としては、昼間に8回以上、夜寝ている時に目が覚めて2回以上トイレに行きたくなる場合は頻尿と言えます。

トイレが近くなってくると日常生活でも様々な支障や気になることができてしまいます。以下のように感じたことはありませんか?
(さらに…)

脚がむくむとこれだけ太さが違う。気持ちの悪い写真。

畳に座っていて、何気なく両脚を伸ばしてみた時、ようやく気付いた。左足のふくらはぎが異常なくらい腫(は)れている。

触ってみるとカチカチに硬くて人間の足ではないみたい。

「なにこれ! なんで?!」

びっくりした。昨日もおとといもこういう状態だったのかは分からないが、一回気づいてしまうと気になってしょうがない。
(さらに…)

ストレスによる胃のむかつきや吐き気には、漢方の力「イツラック」

慢性的に胃が痛い方、胃酸過多、胃炎の方などには、漢方の考えを元に開発された指定医薬部外品「イツラック」が効きます。


胃が痛い!これはストレスのせい?

毎日会社へ行っていれば、腹の立つことはいっぱいあります。特に人間関係は悩みの種です。

腹の立つこと、嫌なこと、重圧、くやしさなど、精神的に悪い感情のことを、一般的にストレスと言いますね。
(さらに…)

寄生虫を使って難病の治療をする研究がスタート

血圧の薬。自分が毎日飲んでいる薬の名前と価格。

自分の血圧は20代の頃から、上が150台、下が90台後半でした。
30年以上そんな感じで、これまで会社で健康診断は毎年受けてきましたが、特にそのことで治療が必要とかは言われなかったのですが、今の会社に転職してからは、ついに言われてしまいました。
(さらに…)

薬はコーヒーやジュース、酒などで飲まずに、水で飲むべき。

薬のビンや箱には「水またはお湯で服用のこと」と、だいたいこう書いてあります。コーヒーやジュース、酒などで飲んではいけないのでしょうか。
(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ