便通の改善にヨーグルトとオリゴ糖

便秘解消のための、ヨーグルトを使った飲み物の作り方や、乳酸菌とオリゴ糖の関係、寝る前のお勧めの飲み物などを紹介しています。

▼ヨーグルトを食べる時間帯

便秘解消といえば乳酸菌ですね。乳酸菌食品として、もっとも一般的なのはヨーグルトでしょう。便秘の改善や防止のために日常的に食べている人はかなりの数に昇ります。

ヨーグルトの乳酸菌には、腸内の善玉菌を強くする作用があり、腸のぜん動運動を活発にして自然な排泄を促す働きがあります。

便秘の人には特にお勧めしたい食べ物です。一日100gから200gを食べましょう。

1日1回ヨーグルトを食べるとすれば、いつ食べるべきかということになりますと、基本的にはいつでもいいのですが、それでもあえて言うなら夜がいいそうです。

夜は副交感神経が優位になり、腸の動きも活発になってきますので、乳酸菌も腸に定着しやすくなります。

夕食後のデザートに食べるのが一番いいようです。

食べる時には、オリゴ糖をかけ、果物にかけて食べれば更に効果がアップします。

オリゴ糖は乳酸菌のエサになるので、一緒に食べることによって乳酸菌を増やす働きがあり、果物は食物繊維を含んでいるからです。オリゴ糖の代わりにハチミツでもOKです。

ヨーグルトを使ったオリジナルドリンクが本で紹介されていました。

・プレーンのヨーグルト100g
・ミネラルウォーターか豆乳20ml
・アップルかオレンジの、100%濃縮のジュース80ml
・オリゴ糖はハチミツ大さじ一杯

これらをシェーカーに入れてよく振ってかき混ぜて飲みます。シェーカーがない場合はフタ付きのタッパでもいいですね。

ヨーグルトと水分の比率が1:1になるのがおいしく作るコツだそうです。


▼オリゴ糖は単体でも便秘解消効果

前述しましたが、オリゴ糖は乳酸菌のエサとなる物質です。腸内にオリゴ糖が到達すると、乳酸菌が活性化し、増殖します。

乳酸菌は、元々人間の腸内に存在するものです。

一般的な乳酸菌サプリは、乳酸菌そのものを飲んで腸内の乳酸菌を増やすタイプですが、オリゴ糖を飲んだ場合は、元々腸内にいる乳酸菌が増えていきます。

結果的には同じのように思えますが、違いがあります。

乳酸菌自体は弱い生物のため、口から飲んでも、胃の中では胃酸に、小腸では胆汁によってある程度死滅してしまい、飲んだ乳酸菌が全て大腸に届いているというわけではないのです。

オリゴ糖の場合、特に高純度のオリゴ糖であれば、消化酵素によって分解されることなくオリゴ糖は大腸に到達します。

そして 腸内に棲んでいる乳酸菌やビフィズス菌のエサとなります。その結果、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が増えて腸の調子が良くなるのです。

その「高純度」のオリゴ糖として有名なのがこちらの

カイテキオリゴ

です。純度ほぼ100%の高純度・高品質なオリゴ糖食品で、売上げが全国1位のオリゴ糖食品です。

さらさらの粉状の物質ですから、飲み物に入れたり、料理に入れたりとその用途は多方面に及びます。

カイテキオリゴは熱に強く、変質しませんので、火を使う料理でも大丈夫です。かすかに甘い味ですので、料理の味の変化も気になりません。

一日、付属のスプーン一杯5gを目安に飲むことで、おなかの調子も良くなります。


▼寝る前のお勧めの飲み物
身体が水分不足になると、血液がドロドロの状態になります。

風呂から上がった後や寝る前に適度な水分を補給しておくことは大切なことです。

便秘の人でしたらミネラルウオーターが良いのですが、毎日水だけ飲むのも味気なく、やはり他のものが飲みたくなる時だってあります。

寝る前といえばアルコールが定番ですが、便秘の人には向きません。また、カフェインが入っているコーヒーや緑茶、紅茶なども、寝る前の飲み物としては向いていません。

お勧めはノンカフェインのハーブティーです。

ハーブティーにはリラックス効果があり、副交感神経の働きを高め、安眠へと導いてくれます。これにオリゴ糖を入れると効果も更に加速します。

リラックスした状態で寝ることにより、腸のぜん動運動も高まり、翌日のスムーズな排便を促進してくれます。


▼朝の一杯の水で便秘が治る人もいる

便秘の人が毎日の習慣にしたいのが、朝起きた時にコップ一杯の水を飲むということです。

便秘で病院に診察に訪れた人には、大体、お医者さんから、この方法を勧められます。

寝ている間に失った水分を補給という意味もありますが、それ以上に大事なのが「胃・結腸反射」を促すということです。

胃の中に水が入ることで胃が重くなり、大腸を刺激して、腸のぜん動運動を開始させます。
すると自然な便意を感じることが多くなるのです。

実際、これだけで便秘が治ったという人は大勢いるということです。

便秘の解消には、「サプリメントを飲むだけ」というのではなく、朝や夜の習慣、食べるものへの配慮、日常的に飲むものを変えたりなど、様々に改良を加えられる事柄は多くあります。

色んな方面から腸の環境改善に臨んでみましょう。

便通を改善するオリゴ糖食品『カイテキオリゴ』




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ