リンゴの汁や、きな粉を頭に塗るのは育毛効果があるの?

自然界に存在する様々な食べ物を、頭に塗ると発毛効果を促進するという説があります。

ネットで調べてみても、確かに育毛に良いと言われる食べ物は多く紹介されています。ですが、それらはあくまでも「食べる」こととして推奨されています。

ですが、食べるのではなく、それを「頭皮に塗る」ことにより、発毛が促進される、抜け毛が減ると信じてそれを実行している人もいます。

育毛の専門家によれば、こうしたものを頭に塗ること自体、頭皮に不純物を増やすことであり、毛母細胞の呼吸を困難にし、かえって髪が抜ける原因になる、ということです。

以下の方法や説は信憑性の薄いものとして、実行しない方が良いとされています。こうした説もあるということで、ご参考までに。

食べ物の用途は「食べる」ことであり、「塗る」ものではないということです。

・ミカン、キンカン、リンゴ、アロエなどの汁を頭に塗ると育毛効果がある。

・ワカメを潰して頭に塗ると育毛効果がある。

・ユーカリ、クレソン、ローズマリー、ヨモギ、センブリ、どくだみなどのハーブや薬草を潰して、その汁を頭に塗ると良い。

・天然の粗塩は髪によいミネラルが豊富なので、粗塩で頭をこすると育毛効果がある。

・酢やエタノールを頭に塗る。

・粟(アワ)やキビなどの穀物のエキスやシイタケのエキスを頭に塗る。

・きな粉をお湯に溶いたものや、アガリクス茸(キノコの一種)の粉末をお湯に溶いたものを頭皮に塗ると育毛に良い。

・トウガラシ、コショウ、マスタードなどの刺激物を頭に塗ると頭皮の血行が促進される。

以上のことは頭皮を不潔にする原因となります。

育毛の基本は、まずは頭皮を清潔な状態にするということであり、育毛専門に開発された商品を使用するのがベストです。

上記のいくつかのものを原材料にした育毛用の商品は存在します。使うのなら、それらを使いましょう。現物を直接頭皮に塗るのはやめておくべきです。

Amazon育毛・養毛剤 の 売れ筋ランキング

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ