炭水化物を断って、肉を食べるダイエット

「荒木式断糖肉食ダイエット」は、炭水化物(糖)を排除して肉食中心にすれば減量できるという画期的なダイエット法です。

「実はカロリーと肥満は何の関係もなかった」、「肉食中心にすれば痩せる」など、これまでの常識を覆(くつがえ)すような情報が満載の

【荒木式】断糖肉食ダイエット(配送版)

医師が医学的見地から考案した、最も健康的なダイエットであり、セールスレターには成功者が多数紹介されています。

体に脂肪がつくのは炭水化物(糖)の摂り過ぎによるものであり、糖を食事から排除し、肉食中心にすることが、このダイエット法の核となるものです。

脂肪とは、体内の余分な糖が肝臓で脂肪という形に置きかえられて蓄えられるもの。肥満の原因は、カロリーの高い低いではなく、糖すなわち炭水化物の過剰な摂取が一番の原因だったのです。

でしたら糖を排除するのがダイエットへの近道。

「(炭水化物である)ごはんやパンなどを食べなくて大丈夫?栄養が偏(かた)よるんじゃない?」といった疑問にも全て答えてあり、栄養学に精通した医師ならではの方法です。

食べていいもの悪いものが分類されてあり、その中であれば食べても大丈夫ですので、毎日同じ低カロリーのものを食べるといった、これまでのダイエット法とは大きく違い、食べられるものの幅が広いのが特徴です。

運動の必要もなく、効果なサプリメントや器具も必要なく、空腹感もほとんどないので、ずっと続けられますからリバウンドの可能性も極めて低くなります。

ただのダイエット成功者の体験談とは違い、著者の荒木裕院長は、兵庫県で崇高クリニックという医院を経営している院長ですので、その全ての理論は医学的見地から書かれたものです。

病気関連の著書も多数出版されており、また、テレビや雑誌にも何回も登場している有名な先生です。

【荒木式】断糖肉食ダイエット(配送版)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ