「2019年1月」の記事一覧

飲酒運転の事故をごまかす事例

▼出会いがしらの衝突
自分がいつも停めている飲み屋街がある。ある夜、そこで順番待ちの列に並んでぼけーっとしていると、前の交差点の方で「キキーッ! グワッシャン!」というでかい音が聞こえてきた。もう見なくても事故だと分かる。

この交差点は飲み屋街の中でも一番中心的な交差点で、夜の9時を過ぎると信号も点滅に変わる。黄色点滅の方からと赤点滅の方から進んで来た車が、双方確認もせずに突っ込んだので交差点の真ん中で出会い頭に衝突したのだ。

自分が車を停めている位置からはちょっと遠かったが、軽自動車がバンの横っぱらに突っ込んでいるのがちらっと見えた。
(さらに…)

そういう地名はありませんが

飲み屋街に車を停めていると、1人の男が乗ってきて
「松川まで。」と言う。

この辺には松川市もなければ松川町というのもない。初めて聞いて地名だったのでもひょっとしてとんでもない遠くかと思い、
(さらに…)

飲むのが仕事というホストの実情。

ホストクラブでホストをしているお客さんから携帯に電話がかかってきた。

「もしもぃ~・・。俺なんすけど、すいませんが店の前まで迎えに来てもらえませんかね・・。」

かなり酔った感じの喋り方だった。時間からして仕事が終わって家に帰るのだろう。「はい、分かりました。今セブンイレブンの前にいますので、1分以内に行きます。」

と言って電話を切ってすぐ発進した。たまたますごく近くにいたので、路地を二つ曲がって30秒くらいで着く予定だ。
(さらに…)

便秘解消に黒酢。どれくらい量を飲めばよいのか。

黒酢には多彩なアミノ酸がタップリと入っています。
黒酢は脂肪を減少させる他、筋肉の発達をサポートします。すなわち、黒酢を取り入れれば、体質そのものが太りづらいものになるという効果と、痩せられるという効果が、どちらともに実現できるのです。
(さらに…)

昆虫は食べられる。いずれ人類の貴重なタンパク源に。

世界中に生息している生物は、約300万種類いるといわれ、そのうちの5分の4が昆虫だと言われている。昆虫はキチン質と呼ばれる丈夫なカラに覆われており、この殻は水分を通さないため、体内の水分は蒸発しない。
(さらに…)

白湯(さゆ)ダイエットの方法。一ヶ月にどれくらい痩せる?

白湯(さゆ)とは、水を沸かしただけの何も入っていないお湯のことです。

ダイエット法の一つとして有名な白湯ダイエットとは、40℃から50℃の湯を、時間をかけて少しずつ飲むという方法です。大体、体重の減少として期待できるのは一ヶ月に2kgくらいだそうです。
(さらに…)

休日出勤と長時間労働

自分の近所の会社で、多少この辺では名前の知られている会社が、「社員に休日をほとんど与えない」「休日出勤は普通」という状態だったのだが、ある時社員の内部告発で労働基準局の監査が入って、会社から大量の書類が押収され、それ以来社員の勤務体系が大幅に変わった会社がある。
(さらに…)

「タクシー代出すから」とは行きだけか往復のことか

ある女の子は、時々メンズバー、つまりホストクラブに飲みに行っている。ある夜、仲の良いホストから電話があった。
「今、店がヒマなんよ。タクシー代出すから、飲みに来てよ。」
タクシー代(千円くらい)を出すというのだ、女の子は飲みに行った。店に着くと確かに千円はくれた。
(さらに…)

クレジットカードを誰かに不正使用されました

携帯に電話があったので出てみると、「こちらはアコムですが・・。」という、女の人からでした。

何事かと思いましたら
「お客様のカードが、誰かに不正使用されている可能性がありますので、ご連絡させていただきました。」
と言われたので、腰が抜けるほどびっくりしました。電話してくれたのはアコムのセキュリティ部門だそうです。
(さらに…)

「みんなの肌潤セット」敏感肌・乾燥肌のための3点セット。

敏感肌や乾燥肌で悩んでいる女性は非常に多くいます。
この両者、同じような症状のように思われますが、一般的には乾燥肌が更にひどくなった状態が敏感肌だと考えられています。
敏感肌の場合、肌を守るべきバリア機能が失われてしまっていて、ちょっとした刺激で肌が過剰に反応してしまいます。
(さらに…)

1 / 3123
サブコンテンツ

このページの先頭へ